まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2016.07.25

食べる

本日は「よろず評論家」の三流亭まん丸さんにお越しいただきました。
今、世間をにぎわしている様々な出来事に鋭く切りこんでいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

こちらこそ、どうぞよろしく。

それでは早速いきましょう。
もうすぐリオ五輪が開幕というこの時期になって、
ロシア選手のドーピングが問題になっています。
これについてまん丸さんはどうお考えですか?

あなた、夏にビキニを着るために、4月30日の夜、
明日からダイエットするぞ!って思ったことありますか?

ええ。 
ちょっと恥ずかしいですけど、あります。

もしあなたの親友が5月1日に、
めったに買えない高級ケーキ屋さんの超レアなケーキを手土産に、
あなたのお宅に遊びに来たとき、
あなたはそのケーキを食べないでいられますか?

それは・・・、ちょっと無理ですね。
ダイエットは5月2日からにして、
ケーキを食べちゃいます。

でしょ。
ロシア選手のドーピング問題も、つまりそういうことです。



では次に、都知事選挙について。
まん丸さんのお考えをお聞かせください。

あなた、嫌いな食べ物ってありますか?

はい?

3つ挙げてください。

ええ~っと・・・、納豆、セロリ、レバーですね。

では、「納豆パスタ」と「セロリのサラダ」と「レバニラ炒め」のうち
どれかひとつ必ず食べなきゃならないとすれば、
あなたはどうしますか?

う~ん、悩みますね。
サラダだけだと体力つかないし、ニラも臭いがちょっと。
納豆は嫌ですが、でもパスタなら許せるかな。

でしょ。
都知事選も、つまりそういうことです。



では最後に。
「ポケモンGOというゲームが歩きスマホを助長し危険だ」
という意見があります。
これについてはどうお考えですか?

あなた、ナタデココって知ってますか?

はい。
いっとき大ブームになりましたよね。
私も大学生の頃は毎日のように食べてました。

それ、最近食べましたか?

そういえばここ数年、
まったく口にしてませんね。

でしょ。
ポケモンGOも、つまりそういうことです。



まん丸さん、どうもありがとうございました。
3つの問題とも、食べ物の例えでお答えいただき、
正直なところ、ちょっと戸惑いました・・・。

そうですか?
そういえば、昔っからよく
人を食ったような話しかしないって
言わてますねぇ。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2016.07.19

退化

A 「ソフトバンクが3.3兆円でイギリスの企業を買収したんだってよ。」
B 「3.3兆円?! 損しなきゃいいんだけどね。」
A 「損かどうかはわからんけど、来るべき IoT 時代への先行投資だそうだ。」
B 「 I o T ?? 」
A 「なんだ、知らないのか?! お前、時代に取り残されちゃうぞ。」
B 「 (I o T) 」
A 「教えてやるから泣くな。 IoT ってのは、モノのインターネットってことだよ。」
B 「モノのインターネット?」
A 「そう、様々の物がインターネットで繋がって、
   情報交換や相互制御する仕組みのことさ。」
B 「 (I o T) 」
A 「だから泣くなって。もっとわかりやすく説明してやるから。」
B 「 \(^o^)/ 」
A 「・・・もう、顔文字はいい。」
B 「じゃ、お願いします。」
A 「たとえばさ、今でもスマホからテレビの録画予約できたり、
   帰宅時間に合わせてエアコンいれたりできるでしょ。」
B 「ふむ。」
A 「そういうことが交通機関制御・自動車運転・運輸・輸送のみならず
   医療や農業、工業・教育といった様々なあらゆる分野で活用されて、
   ものすごく複雑なことが簡単な操作や自動的にできるようになるんだよ。」
B 「ほう~。」
A 「すごいだろ。 IoT は人工知能とともに第四次産業革命ともいわれてんだ。
   つくづく思うけど、すごいよなぁ、人間って。何でもできるようになるじゃんか。
   このままどこまで進化するんだろう。」
B 「・・・お前、馬鹿か?」
A 「何で?」
B 「そのうち何もかも人工知能が考え出して、
   人間は仕組みも理屈も何もわからないまま、
   ただ何も考えずにボタンを押すことしかしなくなる。
   そしてプログラムのバグによる停電一発で、
   繋がってる世界中の全機能が停止。
   全人類は何をどうすることもできずに、そのまま息絶えていく。」
A 「 ((((;゚Д゚))))))) 」
B 「人間は自分の力でどんどん馬鹿になっていくのさ。」
A 「 (I o T) 」







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2016.07.15

勝負の夏


※ この記事は7月7日に掲載されたものですが、
   次の更新まで、しばらくの間ブログTOPに上げておきます。
   ご了承ください。





本日は七夕。
短冊に「志望校へ合格しますように。」と書く受験生も多いだろう。
でも、受験にタナボタはない。



我が家の小6の次男坊にもいよいよ天王山、
勝負の夏がやってきた。

夏を制する者は受験を制す。

いうまでもなく受験生にとっては夏が勝負だ。
夏の努力が結果に直結するといっても過言ではない。
死ぬほど泣いたその先に栄冠の光が見えるのだ。



夏に勝負をかけるといえば・・・

蝉だ。

いうまでもなく蝉にとっても夏が勝負だ。
何年も土の中で力を蓄え、わずか1週間に懸ける。
死ぬほど鳴いたその先に天国の光が見えるのだ。




受験生も蝉も同じ。

夏は、

進研ゼミ ( 真剣蝉 ) 

なのだ。








ということで、もうすぐ夏休み。

我が業界の超繁忙期、夏休み工事がいよいよ始まります。
いわば私たちにとっても勝負の夏。
死ぬほど頑張らなければなりませんので
拙ブログも例年通り省エネ更新モードへ移行させていただきます。

それでは。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2016.07.11

失望

東京では昨日梅雨の晴れ間が広がり、素晴らしい天気でしたね。
海、山、スポーツ、バーベキュー、ショッピングにと、
皆さん、充実したお休みを楽しまれたのではないでしょうか。

そういう私も今流行のウォーターフロント・豊洲なんていう町に行ってきました。
整備された歩道、海沿いの広々とした公園、高層マンション、テーマパーク、
大規模商業施設など、どこもかしこも人、人、人・・・。
でも再開発地域なので何もかもスケールが大きく
そのためまったくごみごみ感が無く
むしろ緑の芝をわたる海風は心地よく感じられました。


ということで、私は豊洲へ行く前の
朝7時30分に一票を投じてきました。
ドアTOドアでたった20分のことですし、
何より日本の将来がかかっているんですから
当然のことです。


しかしながら

 54.7 % 

割合でいうと100人中45人、
日本の有権者約1億人のうち4500万人は、
昨日の参議院選挙を棄権したんですね。

期日前投票も制度改善され投票しやすい環境が整備されたというのに。
日本の歴史の分岐点となるかもしれないというのに。
日本の将来に対する自分の意思を国政に届ける希少な機会だというのに。

なぜ投票しないのでしょう?


有権者全員が投票したからといって、
そのすべての意思がもれなく国政に反映されることはありません。
ただすべての有権者の投票によって開催された国会での議決には、
有権者の支持という正当性が付託されます。
でも、有権者の半分しか投票していない国会の議決は
はたして有権者の意思を反映しているといえるのでしょうか。
半分の有権者は何考えてんのか、まったくわからないというのに。


参政権は国民が有する権利のひとつですが、
日本の未来、そしてそれを担う子供たちや孫たちに対して責任を負う
という意味から考えると、むしろ「義務」だと思います。

日本の未来、
子供たちや孫たちにどういう日本を残し、
また作ってあげることができるのかを、
なぜ真剣に考えようとしないのでしょう?


参政権を行使しない(棄権する)ということは、
日本の将来に対する責任を放棄したのと同じこと。

いろいろ「あーだ、こーだ」と屁理屈こねて、
棄権した理由を申される方もいらっしゃるとは思いますが、
はっきり申しまして、
同じ日本国民といたしまして、
心から失望いたしました。


棄権したあなた、

あなた、本当に日本国民なんですか?





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2016.07.08

一票。


期間限定記事として7/10に消去する予定でしたが
そのまま残すことにします。


7月10日は参議院選挙投票日です。

世間は小池某や石田某の出馬騒ぎで
都知事選一色になってますが、
そんなもんは東京都民が
参議院選挙後にじっくり選べばいいわけで、
バカみたいにマスコミが大騒ぎすることではありません。
いま目を向けるべきは参議院選挙です。

はっきり申しますが、
今回の参議院選挙はこれまでの選挙以上に重要です。
争点はアベノミクスでも、消費税でも、原発でも、社会保障でもないです。
乱暴な言い方かもしれませんが、
そんなもんはあとからいくらでもやりようがあります。


今回の争点は

憲法改正の是非

この一点に尽きます。

国家の存在、そのあり方を定める根本法典、
最高法規である憲法を変えるか否か。

改憲されれば、国そのもののあり方が変わります。
日本という国そのものが変わるのです。
これほど重要なことは他にないのではないでしょうか。


改憲勢力が78議席以上を獲得すれば、
まず間違いなく改憲への動きが加速するでしょう。

だから明確な意思を持って改憲に賛成の方は、
ぜひとも改憲を是としている方へ投票してください。

また、明確な意思を持って改憲に反対の方は、
ぜひとも改憲を否としている方へ投票してください。

そして改憲に対して明確な意思を持っていない方、
おらが町のセンセイとか、そのセンセイの家族だからとか、
イケメン・ベッピンだからとか、芸能人・有名人だからとか、
そういう不真面目で適当でいい加減なくだらない理由で
日本の将来を決める一票を投じないでください。
真剣に本当に日本の将来のことを考えて一票を投じてください。


イギリスのEU離脱の是非を問うた国民投票を思い出してください。

  離脱派 17,410,742 票    51.89%
  残留派 16,141,241 票    48.11%

結果はご存知の通り、EUからの離脱が決まりました。
ところがいざ離脱が決まると、
英国議会HPへの再国民投票実施請願署名が400万を超えるという事態に。
130万票差の決着に対して、この400万という数字は
いうなれば天地逆の結果もありえたということ。
しかしながら国民投票の結果を尊重すると公約していた
英国政治指導者たち、そして残留派のキャメンロン首相でさえも
「2度目の国民投票ない」とコメントしています。
つまり結果が出てからどんなに後悔したり騒ぎ立てたりしても
一度決まってしまったことを覆すことはできないのです。

事実上改憲の是非を問う今回の参院選は、
これからの国のあり方を国民に問うたイギリスの国民投票と
同じ意味を持っています。

この参院選で78以上改憲勢力が議席を獲得すれば
間違いなく改憲への動きが本格化するでしょう。

中途半端でいい加減な考えで一票を投じ、
改憲案が国会で2/3可決されたときに
「ああ、そんなはずじゃなかった・・・」「それはいやだ!」
と文句を言っても、反対や抗議活動しても、
もう後戻りはできません。
(実際は国民投票という最終プロセスがありますが・・・)

だからこそ今回の参議院選挙は、
日本という国の将来のあり方を真剣に考え、
熟慮に熟慮を重ね、覚悟を決めて決断を下し、
改憲すべきと決断したならば改憲賛成派に、
改憲すべきでないと決断したならば改憲反対派に、
のちのち絶対に後悔しないように、
一票を投じてほしいのです。


2016年7月10日は、日本の歴史の転換点となりうる日です。
現行憲法により70年ものあいだ戦後歩んできた日本、
その日本という国のあり方が、
この選挙の結果次第で一変するかもしれないのです。
これほど重要な意味を持つ選挙の投票を棄権するなど
日本国民として許されるはずがありません。
自らの意思をきちんと示さなければなりません。

改憲の是非、重い一票です。

慎重に、真剣に、そして必ず投票しましょう。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad