まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2016年01月28日 (木) | 編集 |
柳家小三治師匠。

歯切れ良い口調で飄々と面白いことを話す名人。
「まくらの小三治」ともよばれるほど、
まくらが非常に長くかつ抜群に面白いことでも有名。
まくら40分、ネタ20分なんてこともあったそうです。
ご本人は落語家ではなく噺家だといっておりますので
落語家としては三人目、噺家としては初めての人間国宝となりました。
ここに慎んで・・・って、小三治師匠はまだ死んでません。(笑)

さて、その小三治師匠をウィキぺディアで調べると
「「あざとい形では笑わせない芸」を目標としている。
落語(滑稽噺)は本来が面白いものなのできちんとやれば笑うはず、
本物の芸とは無理に笑わせるものではなく
「客が思わず笑ってしまうものだ」という信念を抱いているからである。」
とあります。
また、どこかで聞いた話によれば
「お客さんをオレの力で笑わせてやる」と悩むお弟子さんに対して、
「お前が押しかけるんじゃなくて、
お客さんに自分が話す世界をのぞき込んでもらうんだ」
と諭したというエピソードも。

ふむふむ。

「笑わせる」とか「笑わせよう」としなくても楽しんで話をしていると、
それに乗ったお客さんがつい笑ってしまう。
なんの気なしにちらっとのぞき込んでいたはずなのに、
気がつくと中に入りこみ、いつのまにかどっぷりつかり、
その世界の中のひとりとしてその世界の中で遊んでいる。
知らず知らずのうちに語られる世界と同化し、
語られていないその世界の他の景色までもが見えるようになる。
そして、いつの間にかお客さんの前から話し手の存在が消えている・・・。
これが小三治師匠が求め続ける理想形と解釈いたしました。


さて、なんでこんなことを書いたかと申しますと、
はっきりいって自己反省なんです。
最近の自分で書いた文章を読み返すと、
「笑わせよう感」が鼻につくものが多いんです。
「笑わせよう」と思って力んで書いた文章は
自分で読んでいても面白くない。
お客さんが、なんとなくチラッと覗き見していたら、
いつの間にか書かれている世界にはまり込んで一体化し、
その文章の中でおこる様々な出来事を
まるで自分におこっているかのように一喜一憂してしまう・・・。
そういう、知らず知らずのうちに
お客さんの心が弾んでいるような文章を
いつの日か書けるようになりたいなぁと思いますね。
「センテンス・スプリング!!」ってやつですよ。



というわけで、まくら(前置き)が非常に長くなりました。
ここからが今回のお話です。


いよいよ花粉症の季節がやってきました。
雪降ったり、気温が氷点下だったりしているのに関係ないんですね。
時期がくると必ずくる。
呼びもしないのに勝手にやってくる。
「ベンジャミン伊東&電線マン」みいたいなもん。

山林で煙のようにブワッと舞い上がったスギ花粉が
フワフワ・プカプカ風に乗り、山を越え谷を越え、私の町にやってくる。
そのまま上空を通り過ぎどこかへ飛んでいっちゃえばいいものの
なぜか律儀に舞い降りてくる。
そしてその花粉が、呼吸と共に鼻の穴から吸い込まれ粘膜に付着する。
付着した花粉を毒や害になるモノと勘違いし、体外に排出しようとして、
鼻水・くしゃみが止まらなくなる。
これが花粉症のメカニズム。


・・・勘違い。


・・・そうか。


私の身体が勝手に勘違いして鼻水・くしゃみを繰り返しているだけで、
スギ花粉は悪いことは何もしていないんですよね。

スギ花粉ちゃんは可愛いカノジョを見つけようとプカプカと風に乗ってただけ。
伴侶をみつけ、結ばれて、子宝に恵まれ、幸せに暮らすはずだったのに、
予期せず得体のしれない2つの穴に吸い込まれ、
ゴキブリホイホイみたいなネバネバで身動きできないところにとらわれ
最大瞬間風速80m/秒のしょっぱい暴風雨にさらされる・・・。

むしろスギちゃんの方がひどい目に合っているじゃないですか。
それなのに、ああそれなのに、それなのに。
かれこれ35年もの間、
スギちゃんのことを悪者にし勝手に憎み続けておりました。
本当にごめんなさい。
心から反省いたします。

スギちゃん、私を許してくれるでしょうか・・・。


「許してやるぜぇぃ、ワイルドだろぅ」



どうやら許してくれたようですので、
今日を境にスギちゃんとは手打ちにします。
恨み憎しみから共存へ。

手打ちですから、最後はこれで。



はい!  はっくしゅっ!






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村








2016年01月21日 (木) | 編集 |
「月日がたつのははやい。」
旅籠に残ってぼやく雷様ではないですが
それにしても年々スピードをあげていく時の流れに恐怖すら感じます。
実際、2020年8月あたりに時間の滝があり、
そこめがけて時間は加速度的にスピードを上げているのかもしれません。
そのうち、出勤に3日、帰宅に4日要するとか、
プールで泳いでいる最中に水面が凍結し始めるとか
「歳いくつ?」「10万29歳。」「デーモン閣下かっ!」なんてことが
起こるかもしれませんねぇ。
・・・こういう話に興味のある方は、筒井康隆「急流」を是非お読みください。

さて、そんなこんなで2016年がスタートし、
あっちゅーまに21日でございます。
「申年」は騒がしい年とよく言われますが、
その通りにもうお腹いっぱいっていうくらい、
騒々しい出来事がいろいろと起こってますよね。

ということで久しぶりに時事放談をしてみたいと思います。



紅白歌合戦、史上最低視聴率

本当に今回は一瞬たりとも視聴しませんでした。
ゆえに何もコメントできません。
こんなこと、私の人生しちょう初のことです。


ベトナムに金属製の球体が3体落下。(1月2日)

正体は宇宙ゴミらしいんですけど、
1番重たい物はなんと45kgもあったそうですよ。
こんな「おとしだま」、いらないですねぇ。


「天空の城ラピュタ」の「バルス!」、1分間に34万回!

同映画で滅びの言葉「バルス!」が叫ばれたほぼ同時刻に
「バルス!」というツイートが34万回カウントされたそうです。
ラピュタじゃなくて、ツイッターが壊れそうですねぇ。


北朝鮮、水爆実験

原爆 → 水爆 と、次から次へとまったくお騒がせな国ですね。
もういっそのこと、次は自爆でお願い致します。
・・・みんなで「バルス!」と叫んでみたらどうでしょう??


石油小売価格、100円切るところも

原油価格が下落し一部のガソリンスタンドでは
石油小売価格が100円をきるところも出てきたそうです。
ペットボトルの水を売った方が儲かるのでは?


廃棄カツ、処分せずに転売

     喝! 


113番目の元素、日本に命名権(12月31日)

「すいへーりーべーぼくのふね・・・ドラドラバンバンで、103個でしょ?!」
驚くことに今じゃなんと118個もあるそうです。
元素といい、日本人ノーベル賞受賞者といい、
今の学生さんは覚えるのが大変になりましたねぇ。


DAIGO 北川景子、結婚

芸能界のことなんてある意味どうでもいいことなんですが
とりあえずKOG、だけどDDI。


ゲス川谷とベッキー、不倫

芸能界のことなんてある意味どうでもいいことなんですが
ゲス同士のチョメチョメなんていうどうでもいいことを、
あること・ないこと好き勝手に騒ぎ立てることを下衆の勘繰りといいます。
当事者もマスコミも、同じ穴の狢ってことでゲスよ。


SMAP騒動

芸能界のことなんてある意味どうでもいいことなんですが
ここまでは大山鳴動鼠一匹っていう印象ですねぇ。
鼠?  そりゃあ「ジャニーズ事務所の裏の闇」でしょ。
スマスマ生会見でキムタクをHEROに仕立て上げ、
4人に反逆者のレッテルを貼り謝罪強要という公開処刑。
まだまだ今後も、「SMAP騒動はありまぁす。」(小保方某 談)


株価続落

いろんな策を講じて必死に吊り上げて、
いいイメージを植え付けてきましたけど
「実態はこの程度なんだよな」って皆が知っちゃったってことですよね。
あ、上海市場、東京市場のことで、ジャニーズのことじゃないですよ。


マイナンバー制度、1月1日からスタート

「すっかり忘れてた。 」
やっぱり、国民側には何らメリットはないんですねぇ。
新制度利権で一儲けしたい人達と
国民を管理したい人達の為の制度だってことがよくわかりました。


東京、積雪10cm (←自宅前)

え~、「東京」とかけまして、
「宇宙戦艦ヤマト・古代進」とときます。
そのココロは?
「雪には弱い。」



「スキーバス転落事故」、「相次ぐテロ」、「サウジ・イラン国交断交」・・・
なんか笑いに転化できない心が重~くなるような話題ばかりですねぇ。
初っ端からこんな調子で無事に1年を乗り切れるんでしょうか?

・・・と言っているうちに、
あっちゅーまに2017年がやってくるんですよねぇ。(笑)


それでは。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







2016年01月14日 (木) | 編集 |
「あのね、わたし、短大を卒業したら実家に戻って就職するの。」
オレが大学2年生の9月、
野球部のマネージャーだった君の言葉。
3月の春まだ浅い日、君は旅立っていった。
「・・・元気でな。」
それしか言えなかった20歳のオレ。


「あのね、わたし、来年春に結婚するの。」
オレが社会人3年目の9月、
深夜、突然かかってきた電話での君の言葉。
目の前が真っ白になるほどの衝撃だった。
「・・・よかったな。」
それしか言えなかった25歳のオレ。


「あのね、わたし、ホントはね、「よせよ」って言ってほしかったの。」
オレが去年の9月、
野球部のOB会で二十数年ぶりに会った君の言葉。
君はオレの目をじっと見て、そしていたずらっぽく笑った。
「・・・よせよ。」 
それしか言えなかった45歳のオレ。




男はいくつになっても
肝心な言葉を言えない。











ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2016年01月07日 (木) | 編集 |

あけましておめでとうございます。


    imagesP523JJNO.png
     

2016年はウッキウキーな1年になるといいですね。 




え~、年末に大掃除なんぞしていると
いろいろなものが思いもよらぬところから出てきたりします。
タンスと壁の隙間から10円玉とか、
PCデスクの後ろから食べかけのキットカットとか、
倉庫の中から白骨化したおじい・・・、
ってこれは冗談。
物置の中もミラクルミステリーゾーンでありまして、
しばしばカレールー用みたいな謎の古汚いランプなんかでてきたりします。
そんでもってそいつをピッカピカに磨いてあげたりすると、
中から大魔人が出てきたりするんですよねぇ。

「綺麗にしてくれて感謝する。お前の願い事は何だ?」
「おカネ! お金持ちになりたいっ!!」
「おカネに一票っと。アンケートへのご協力、感謝する。では。」

・・・かなえてやるとは一言も言ってないわけで。(笑)



仲睦ましく人生を歩んできた同い年の老夫婦がおりました。
ある日、2人でのんびりと散歩しているとき、古汚いランプを拾いました。
2人がそのランプを家に持ち帰りピカピカに磨きあげると
突然中から大きな魔人が現れまして、こう言いました。
「磨いてくれて感謝する。お礼に1つずつ願い事をかなえやろう。」
お婆さんは
「天国への旅路はバラバラだろうから、今のうちにお爺さんと一緒に旅行がしたい。」
と頼みました。
「お安い御用だ。」
魔人が呪文を唱えると、ボンという音と共に白い煙がわき、
煙が晴れるとJTBの100万円分の旅行券が現れました。
魔人はニッコリ微笑み
「良き旅、そして良き想い出を!」
と言いながら旅行券をお婆さんに手渡しました。

「では次はあなたの番だ。願い事は?」
と魔人がお爺さんに尋ねると、
「死ぬ前に年下の女の子と一緒に旅行がしたい!」。
魔人が少々呆れ顔で「何歳くらい年下がいいのだ?」と聞くと、
「若すぎても話が合わないから、40歳くらい年下。
ちょうど艶っぽくていい感じだからのぅ」
と、伸びきったと鼻の下を一層伸ばしながらニッタリ顔で答えました。

お婆さんはなんともいえない悲しそうな顔をしました。

そのお婆さんの悲しそうな表情を見た魔人は
しばしの間じっと腕組みしながら考えていましたが、
ふと何かを思いついたようで、ブツブツと呪文を唱えはじめました。
呪文を言い終わると同時に「ボン!」、
真っ白な煙があたり一面を包みこみました。
しばらくたって煙が晴れるとそこには


75歳のままのお婆さんと115歳のお爺さんが立っておりました。


めでたし、めでたし。








2016年、私の願いはただ1つ。

世界中の人々が毎日笑顔で暮らせること。

本年もよろしくお願い申し上げます。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2016年01月03日 (日) | 編集 |
正月3日目。
さすがに、おせち・お雑煮にも飽きてきましたねぇ。
「おせちもいいけどカレーもね!」
ああ、カレー食べたい・・・。
ひき肉たっぷりのキーマカレーが・・・。

ということで、最終回はこのおはなしでございます。



とある牧場で飼育されていた牛と豚の物語。

ひょんとしたきっかけで、
牛のアレックと豚のローラが恋におちた。
「ローラ、好きだ。大好きだ!」
「アレック、私もよ。」
2頭は深夜人目を忍んで密会を続け、互いの愛を深めていった。
だが牛と豚、許されることのない禁断の愛だった。

ある晩のこと、アレックが意を決して、ローラに告げた。
「ローラ、今度の新月の晩、全てを捨てて一緒にここを出よう。」
「ええ、アレックと一緒なら、どこへでもついていくわ。」
固く結ばれた互いの愛を改めて確かめ合った。

そして新月の晩…。
アレックとローラが牧場の柵を乗り越えようとした瞬間、
ニタニタ笑いながら番犬のドリーが
「こんな遅くに、お揃いでどちらへ?」

アレックとローラはとらえられ、牧場主のフレッドの前に突きだされた。
「絶対に許さん! 私に隠れて逢引きしているとは!!」
フレッドは怒り狂った。
そしてアレックとローラに非情な未来を通告した。
「明日、2頭とも食肉工場でミンチにしてくれるわ!」

でも、アレックとローラは幸せだった。
「これからはもう、いかなるときも一緒だ。」
「ええ、誰にも邪魔されることなく、いつも一緒よ。」


翌日、アレックとローラは、合挽きとなった。


          

                      The  End




年末年始のお暇つぶしになりましたでしょうか??

それでは、1月7日からの通常営業で、またお会いいたしましょう。

ばいなら!






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村