しれ~っと戻ってまいりました。 あること、ないこと、話半分でご覧ください。 
2014年08月31日 (日) | 編集 |
6月の声を聞くのと同時に始まった改修工事が、
8月の終わりを告げると同時に完工した。

ほぼ毎日、床面積1,620㎡の2階建てRC造の建物の床下に潜り続けた。
床下は20の槽に分かれていた。
各槽内の高さは120cm、何をするにもずっと中腰だった。
すべての槽は雨水槽になっており常に足首くらいまで雨水が溜まっていた。
天井、四方の壁、あらゆるところに水滴がビッシリ付着していた。
槽内の湿度は100%、蒸し風呂だった。

床下への入口となるハッチ(点検口)は、床上にわずか4つしかなかった。
槽と槽は厚さ45cmのコンクリート地中梁で区切られていた。
槽から槽への移動は各梁中央部に1つだけ開けてある60cm角の人通口を通った。
ハッチから最も遠い槽まで到達するのに、槽を5つ経由しなけらばならなかった。
足首まで水に浸かりながら60cm角しかない人通口を4つくぐりぬけ
資材・電動工具・電源延長コード・照明電灯器具・送風機ダクトを運びながら移動した。

仕事をするための段取りだけで約半日を擁することもあった。
だがそういう時間は工事計画には一切反映されていなかった。
とても工期3ヶ月で仕上がるような改修内容ではなかった。
同業他社に「来れるときだけでいいから」と応援を頼んだ。
朝8時から18時まで槽内作業は続いた。
お盆休みは当然無かった。
休日作業もあった。
なりふり構わず働き続けた。

…終わった。

今年は夏が無かったのではないか?と思えるほど
仕事以外に何も無い夏だった。


  




そういえばハードな仕事のお陰で、
この3ヶ月で約7kgも体重が落ちた。


  蛇口1
       Before 

  
       


  蛇口2
        After



「ダイエットしなきゃ」が口癖の貴女、
「やることをやらずして痩せることは絶対に無い」
ということだけはご注進申し上げておく。


ということで、
風船のようなポッコリお腹がペッタンコになったのを機に
明日9月1日から「三流亭まん丸」の名を

三流亭すぼ丸

に改めようと思うのだが、いかがだろう?


どうせすぐに「まん丸」に戻るのだが…。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2014年08月29日 (金) | 編集 |
どうも。

何事も初めが肝心。
三流亭まん丸でございます。

とはいいながら、途中も肝心、終いも肝心。
結局最初から最後まで気が抜けないんですよねぇ。(苦笑)


さて木曜日は第16回大喜利グランプリの結果発表の日でした。
第16回大会、1発目の結果は如何に?

 お題01 「生き地獄とは、まさにこのことである」どんな状況?

【優秀作品】

★ 金魚すくいの水槽で泳ぎ続ける金魚たち。 (第6位  22.7 pt)


【次点作品】

★ ジャイアンのリサイタル。
★ 愛の無い結婚生活。
★ シュレッダーにネクタイが巻き込まれる!


【番外・講評】

★ 超猛烈な台風接近状況を岬の突端からリポートする新人アナ。
★ 真夏の1000本ノック…、を打たされる老監督。
★ 小学生達に取り囲まれたヘラクレスオオカブト。
★ 8月31日22時30分。夏休みの宿題のドリル、残り80ページ。
★ マスオさん。
★ お葬式の読経中のお坊さんの頭にモンシロチョウが止まった。
★ 禁煙3日目。
★ 足つぼマッサージ体験中。
★ 似合わないチャラチャラ・フリフリの服を着せられて散歩させられている柴犬。
★ ピューロランドに遊びに来た浦安のネズミ。
★ 混浴大露天風呂に女子大生20人、男オレ1人。
★ 銭湯に行ったら他の客は全員EXILEだった。
★ 5打席連続敬遠。


第16回大会が始まりました。
第15回大会終盤戦の急失速とは見違えるような好成績、
「何事も初めが肝心」、幸先の良いスタートを切ることができました。
これも皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様でございます。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

さて、一生懸命働けど働けど終わりが全く見てこえない
「生き地獄」のようだった改修工事もあとちょっとで完工。
でも「終いが肝心」ですので、気を緩めずに最後まで
精魂込めて仕事しようと思います。

ということで、そろそろブログ更新の本格的再開を宣言しようかなぁと思い始めておりますが
3ヶ月間「仕事一色脳」だったので、いきなり元の通りというわけにはいきません。
以前記事で書いた通り、3ヶ月で身体の細胞はすべて入れ替わっちゃってますので
「3ヶ月前の「大喜利脳細胞」なぞ、今の脳細胞が知ったことではないわ!」
みたいになってるのは必至。(笑)
少々リハビリ期間をいただきまして徐々に「大喜利脳細胞」に戻していければと思っています。
どうぞ気長にのんびりとお付き合いくださいませ。


てなわけで今回はこれにておしまい。

「生き地獄」とかけまして
「高齢のアーチェリー選手」とときます。

そのココロは?

「居る(射る)のがつらい」



…ね、リハビリが必要でしょ?





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



2014年08月26日 (火) | 編集 |
どうも。

仕事でバタついている間に大喜利グランプリ第15回大会が終了。
三流亭まん丸でございます。

ラストスパートをかけるどころか
国立競技場に入る直前で棄権したマラソンランナーみたいになっちゃいました。(苦笑)
なんとも消化不良、不完全燃焼でモヤモヤしておりますが、
ま、何はともあれ備忘録の意味もかねて
大喜利グランプリのお題27~お題30(最終)までの成績を記しておこうと思います。


お題27 海外で見かけた「金魚すくい」が何か違う。どんなだった?

【優秀作品】

…ノミネートなし

【次点作品】

★ ピラニアに追いかけられている金魚を救う。
★ これって釣り堀じゃね?
★ 飲みこんだ金魚を口から戻すという奇芸、人間ポンプのことを「金魚救い」という。

【番外・講評】

…採用なし。



お題28  受験生に、この夏を乗り切るためのアドバイスをお願いします。 

【優秀作品】

…ノミネートなし。

【次点作品】

★ レリゴー レリゴー ♪
★ 乗り切ろうって考えるから大変なんで、流れに身を委ねてしまえばいい。
★ 「夏を乗り切る」じゃなくて、「夏はノリノリ」で行け!

【番外・講評】

★ ひと夏、何もしないこと。秋からの必死さがまるで違うから。
★ 気合いだ!気合いだ!気合いだ!気合いだ!気合いだ!気合いだ!うおおおおお!
★ あっという間にセンター試験なんだから、「あっという間」くらい勉強しなさい。
★ 来年も夏はあるらしいよ。



お題29 「声に出して読みたい日本語」98位に選ばれたのは?

【優秀作品】

…ノミネートなし。

【次点作品】

★ おれと結婚しよう。
★ 北方四島、竹島、尖閣諸島は日本の領土。
★ とりあえず発泡酒!

【番外・講評】

★ きゃりーぱみゅぱみゅ。
★ 靖国に参拝して何が悪い! (by 安倍晋三)



お題30 「これは珍しい所でお会いしましたね!」ここはどこ?

【優秀作品】

★ 土俵上。  (第6位  24.7pt)

【次点作品】

★ 平日昼過ぎ、50過ぎのオッサン2人がスプラッシュマウンテンで鉢合わせ。
★ 「…って、巌流島に呼んだのは貴様じゃないか!」

【番外・講評】

★ 片想いしている可愛い娘ちゃんの家の前。



7月にはいってからのラスト1か月、
勝負どころでほとんどボケられなかったのは正直痛かったですが
それでも何とかこれまでの貯金を食いつぶしながら持ちこたえ
第15回大会の総合成績は第2位、
獲得ポイントは500ポイント越えの自己ベスト501.7pt でした。

これも皆様方からの心温まる「ポチっとな」のお陰様でございます。
第15回大会を通じてのご声援、ご支援に心より感謝申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。
引き続き第16回大会にも参戦いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

とりあえずご報告まで。




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



2014年08月21日 (木) | 編集 |
いつまでも暑いニャ~

何もヤル気にならニャイ… 


残暑お見舞い3


いつまでも暑い日が続いておりますが、
皆様、くれぐれもお身体の方、ご自愛ください。


…ということで、工期末まであと少し。
本格再開まであともう少しお待ちくださいね。





以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



2014年08月15日 (金) | 編集 |
終戦の日です。
(降伏文書に署名したのは9月2日ですので、正確には「玉音放送」のあった日。)
残念なことに、8月15日がどういう日なのか知らない、
そればかりか日本がアメリカと戦争したことを知らない若者もいると聞きます。
今の日本を取り巻く様々な諸問題の多くは
この戦争、そして戦後の情勢に端を発しているにもかかわらず
日本の未来を担う若者の皆さんがそれを知らないのでは
諸問題の複雑に絡まりあった糸を一本一本ときほぐしていくことができません。
日本の進むべき将来像は一向に見えてこないのではないでしょうか。


昨年の8月15日に書いた記事の一部に加筆し修正したものを
再掲したいと思います。


私が普段から非常に残念だと思っていることは、
終戦の日が8月15日であるということです。
子供達にとって8月15日は夏休み、しかもお盆休みということで、
「家族で旅行する(遊ぶ)楽しい日」である以外何物でもありません。
わずか70年ほど前に世界中が戦場となり日本も世界を相手に戦争をし、
世界や日本の国土が焦土と化し、数多の人々が命を失ったという事実に
全く思いが及ばないでしょう。

もし仮に終戦の日が、春休み・夏休み・冬休み以外だったとしたら、
小学校・中学校では終戦の日に戦争・平和について授業で取り上げると思います。
「今日は終戦の日です。今から70年ほど前に日本は戦争をしたんです。」とね。
終戦の日を迎えるたびに子供たちは、
「戦争があったという事実」に、
「戦争が起こるまでの事象の経過」に、
「戦争で何が行われたか」に、
「戦争という狂気が引き起こした非人道的な数々の蛮行」に、
「戦争がもたらす悲劇」に、
「平和の尊さ」に、
毎年毎年、繰り返し繰り返し、触れることでしょう。
そして自分の目で読み、自分の耳で聞き、自分の頭で考え、自分の心で感じ、
自分なりの意思が形作られていくことでしょう。

でも今は、義務教育過程で絶対に触れておかなければならない最も大切なことを、
まさにその日その時に子供達に直接語りかける機会がありません。

「未来を生きる子供達」が、しっかりと戦争と平和について
学んだり、考えたり、感じたりしておかなければ、
今現在の日本を取り巻く周辺環境や世界情勢の諸問題を認識し
「これからどう生き、どういう日本を創造し世界を築いていくのか」という
将来のビジョンを描くことができるのようにならないのではないでしょうか。

過去・現在・未来は一つの物語です。
すべては時の流れという糸でつながっています。
過去があるから現在がある。
現在が無ければ未来はない。

歴史を知らずして今を語るなかれ。
今を判らずして未来を語るなかれ。

8月15日。

全小・中学校は、戦争・平和、現在・未来について学ぶための
一斉登校日にしてほしいと思っているのは、私だけでしょうか?





以上 まん丸でした。


※ この記事は予約投稿です。
   いただいたコメントやTBへのお返事は
   遅くなるかもしれませんが、必ずいたしますので
   ご容赦の程お願い申し上げます。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村