しれ~っと戻ってまいりました。 あること、ないこと、話半分でご覧ください。 
2014年06月30日 (月) | 編集 |
息子たちの小学校の校長は晴れ男だ。
運動会や遠足など、雨予報をことごとく晴れに転換させてきた。
もはや超晴れ男、レジェンドだ。

一方晴れ男がいれば、雨女がいる。
少年野球チームメイトのお母さんの一人(Aさんと呼ぶ)なのだが、
Aさんがグラウンドに現れると必ず雨が降るのだ。
Aさん本人はどうだか知らないがチーム関係者はこのことを皆知っている。

数年前のこと。
小学校の運動会と野球の試合が重なった日があった。
当然私たちは運動会に参加したのだが、
当然その日はピーカンで素晴らしい天気だった。
試合の結果も気になったので午後携帯をかけて様子を聞いてみると、
なんと試合開始直前に集中豪雨となり中止になったとのこと。
小学校とグラウンドは直線距離でわずか2km。
「…いるの?」
「うん、試合直前に応援しに来た。」
Aさんもレジェンドなのだ。

そのAさんが昨日もその力をいかんなく発揮した。
少年野球の試合で、我がチームがあとワンアウトとれば勝利するというところで
突然、稲光がビカッ!
まさしく青天の霹靂だった。
試合は直ちに中断、選手全員がベンチに戻ったとたん
バケツをひっくり返したような豪雨となり、
試合は規定によりノーゲームとなってしまった。
応援席には先ほどまでいなかったAさんの姿が…。

聞くところによると、海外単身赴任中のAさんの旦那さんが
半年ぶりに帰国しているらしい。


いつにも増してすさまじい雨になった理由がわかったような気がする。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



2014年06月28日 (土) | 編集 |
本当のことをお教えしよう。
これまでワールドカップのバカ騒ぎのことをこき下ろしてきたが
それには大きな理由があるのだ。

サッカーは決して嫌いではない。
ワールドカップだって決して嫌いではない。
日本代表が4大会連続(でしたっけ?)ワールドカップ出場を果たしたことは
それだけでもとても凄いことだと思うし、
ワールドカップ出場なんて夢のまた夢と思われていた頃からのサッカーファンが
心から歓喜し大騒ぎする気持ちも非常によくわかる。
あまり興味がない私だって日本代表が勝利すればそれなりに嬉しいし
選手たちの4年間の努力が実を結んでほしいと思っていた。

ただ、である。

日本代表戦ならともかく…

日本代表と全く関係ない試合の放映で潰れてしまう「NHKおはよう日本」。
毎朝の楽しみである寺門亜衣子アナ、鈴木奈穂子アナに逢えないことが
どうしても許せなかったのだ。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2014年06月27日 (金) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。


さて、木曜日に第15回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題23 長寿アニメに共通する人気の秘密を教えてください。

結果です。


【優秀作品】

★ 1回や2回見逃しても、全く影響がない。 (第1位 48.5pt)


【次点作品】

★ 誰も歳をとらない。
★ 主題歌に流行歌手を使わない。
★ 題名が主人公の名、ズバリそうでしょう~。


【番外・講評】

★ 必ず家族だんらんで食事しているシーンがある。
★ スポーツモノでも、戦闘モノでも、学園モノでもない。
★ 誰も死なない。
★ 下ネタ厳禁。(しんのすけは除く)
★ 悪役が、そこまでの悪役ではない。
★ 恋愛、二股、不倫…、そういうエキスが全くない。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
今期(第15回)初の1位獲得&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


「長寿アニメ」といえばサザエさん、ちびまるこちゃん、
その前に放送されている長寿番組といえば笑点。
つまり日曜日17時30分からは、大人も子供も安心して一緒にテレビで楽しめる
まさしくゴールデンタイムなんですねぇ。
このブログも安心して誰もが楽しめるような内容で長く続けられるように、
あまり肩ひじ張らずのんびりマイペースでボチボチ行こうと思います。
どうぞ末永くお付き合いのほどを。


では最後になぞかけを。

「長寿」とかけまして
「泣きじゃくる保育園児」とときます。

そのココロは?

「なかなかお迎えが来ない」




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2014年06月25日 (水) | 編集 |
ワールドカップで日本代表の予選敗退が決まった。
全く興味がないのだが、それでもちょっぴり残念だ。
だが選手達の健闘は大いに称えたいと思う。

でもこれで連日連夜のお祭り騒ぎが少しは収まるかと思うと少々ホッとしている。
サッカーファンは日本代表が敗れてもハイレベルな戦いに興奮し続けるであろうが
大多数のにわかファンの一時のサッカー熱は、
マイナス25℃の冷凍庫に放り込まれたマグロのように急速冷凍されるに違いないからだ。

そもそもFIFAが冷静かつ真剣に実力を分析したランキングを見てごく普通に判断すれば
ランキング40位以下の日本代表が12位のギリシャや8位のコロンビアに勝てるわけがない。
横綱vs小結、大関vs前頭筆頭くらいの力差なら
ひょっとすれば一泡吹かせることもできたかもしれないが
日本代表はようやくワールドカップという幕内に定着し始めた幕尻力士のようなもので
横綱・大関に勝てるわけがないのと同じだ。
私は、選手達には頑張ってほしいとは思っていたが、
まず予選は突破できないだろうとハナっから思っていた。
別にサッカーが嫌いなわけでも、ワールドカップが嫌いなわけでもない。
冷静に判断しただけの話だ。
案の定、C組はランキング通りの順位に落ち着いたわけで、
至極順当な結果、日本代表の今の実力通りの結果なのだ。

日本代表の予選敗退を受けて、これまでさんざん「イケる、イケる!」と煽っていたメディアが
お得意の手の平返しのこき下ろしを炸裂させるのは時間の問題であろう。
だが、開幕前に冷静な実力分析とチーム情勢を総合的に判断して
この結果を予測するのがメディアの仕事であり実力であるわけで、
ろくな分析もせずお祭り騒ぎを煽るだけ煽っておきながら、
終わった後に一転「あれがダメだ、これがダメだ、やっぱりダメだ」とこき下ろすのは
自分がいかに能無しであったかを自分で堂々と言いふらしているようなものだ。
自分はバカだと自分で公言しているわけであり、
こき下ろせばこき下ろすほど自らの墓穴を掘り続けることになるのだ。


こういうのを、メディアのオウンゴールという。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2014年06月22日 (日) | 編集 |
隣の家のオバちゃんが階段でこけて足の指を骨折してしまった。
取引先の社長さんは健康診断で早期のがんが発見され先日緊急入院した。
自宅から100mほど離れた古い家が火事になった。

近所のことだけではない。

たとえば、尖閣諸島周辺で中国がちょっかいを出している。
これをテレビの映像で見ていると、どこか遠い場所の出来事で
自分はそこから隔離された安全な場所からそれを見ていると錯覚しがちだが
尖閣と東京はわずか1900kmしか離れていない。
東京は最前線である尖閣の単純な後方にしかすぎないのだ。
いったん戦闘が始まれば、瞬く間に戦火は東京まで広がるであろう。
中国だけでない。
北朝鮮からのミサイルの射程圏内にある東京は
いつ火の海になってもおかしくない。

いかなることも他人事ではないのだ。
「自分だけは大丈夫」などという裏付けのない根拠で日々を過ごすのはやめよう。
いつ何時自分が同じような目に合うかわからない。
まだ天の上から神様が「次はだれ(どこ)にするかな」と迷っているだけで
いつ自分がロックオンされるのかはわからないのだ。


明日は我が身。



…同じ番号で3年間買い続けているロト6、そろそろ当たるかもしれないぞ。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村