FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

ジューシーな鶏の唐揚げが好き。
三流亭まん丸でございます。

パサパサの胸肉を使っちゃいけませんよ。
美味い唐揚げ作るなら絶対ジューシーなモモだろう。

 詳しくはこちら → 553)閑話。「ももたろう」


さて、昨日木曜日に第15回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題18 小説「桃太郎」にサブタイトルを付けてください。

結果です。


【優秀作品】

…ノミネートなし。


【次点作品】

★ ~哀戦士~
★ 新約桃太郎
★ ~鬼から見たもう一つの物語~


【番外・講評】

★ ~サラリーマン編~
★ ~巌流島激闘編~
★ 桃太郎Ⅴ ~鬼帝国の逆襲~
★ 桃太郎 ~鬼に閉じ込められた桃の中から脱出した男~


ジワジワ、にやにや、クスクスっていうお笑いが好きなもんで
こういう瞬発力をともなう爆笑系のボケって苦手なんですよねぇ。
こういう勢いが必要なお題は、正直キツイです。
ということで、反省終了。(笑)

さて、落語に「桃太郎」というお話があります。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単に内容をご紹介しますと
「子供を寝かしつけようと、オヤジが『桃太郎』を聞かせますが
逆に子供の桃太郎名(迷?)解釈のご高説を聞きながらオヤジが寝てしまう」
というもの。

そんな子供の名(迷)解釈ぶりをどうぞ。

・「むかしむかしあるところに」は、日本中の子供たちに当てはまるように
 わざと時間と場所をぼかして物語を普遍的なものに変えている。
・「山へ芝刈りに、川へ洗濯に行く」は、
 海で洗濯するわけにはいかないので川に変えてあるが本当は海。
 つまり「父(爺)の恩は山よりも高く、母(婆)の恩は海よりも深い」ってこと。
・「犬と猿とキジ」は、三つの徳、仁・智・勇を表している。
 犬は受けた恩を忘れない仁義、猿は知恵、
 キジは卵を守るためには蛇とも戦うともいわれる勇気の象徴。
 つまり、三匹をお供にするということは、三つの徳を身に付けるってこと。
・「キビ団子」は、五穀の中でも米や麦に比べたら粗末なキビの団子、
 つまり「質素に生きろ、贅沢したらいけない」ってこと。
・「鬼ケ島」は、苦しくて厳しい社会を鬼ケ島に喩えてある。
 橋田ドラマでもご承知の通り、渡る世間は鬼ばかり。
 あえて、かわいい子には旅をさせよ、これが鬼ケ島へ鬼退治に行くということ。

まとめると
「人間は贅沢せずに質素を守り、仁・智・勇という三つの徳を身に付けて、
社会の様々な苦しみ・厳しさに屈することなく荒波を乗り越えて生きていけば、
信用、名誉、地位、財産といった宝を手にすることができる。
そして育ててくれた親や周りの人々に感謝し、自分が手にした宝を使って
親や社会に還元をする。そういう立派な人になりなさい。」 
という話らしい。

どうです? 奥が深いでしょう。

「じゃあ、『 桃を割ったら中から桃太郎が生まれた 』 の解釈は?」

あなた、何、カマトトぶってんの?
桃のあの形をみればわかるでしょ?
シリませんとは言わせませんよ。




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

 目には青葉 山ホトトギス 初ガツオ

三流亭まん丸でございます。

宿敵・花粉も去り、すばらしい季節がやってきましたねぇ。
抜けるような青空とさわやかな風。
思わず外に出て背伸びでもしたくなるような気持ちの良い陽気です。
でもね、こういう季節はあっという間に過ぎ去って、
すぐにこんな季節がやってくるんですよ。

 ハエが飛び 風呂黒ずんで 初蚊取り

あ~、やだやだ。


そういえば、こういう輩が街中に頻繁に出没し始めるのもこの時期ですね。

 夜、夜中 改造バイクで ブンブンブン

昨晩21時頃、私の町では今シーズン初見参でした。

 One Night Carnival ~ ♪

 阿呆っ!


( ↑ あ、氣志團、嫌いじゃないですよ。むしろ好き。)

でもねぇ、なんだかんだ格好つけてイキがってたって、
結局この季節にしか出没しないんだから
我が町の暴走族たちは根性無しなんですよ。
悔しかったら、厳冬の1月末から2月の午前2時、
小雪がちらつく中、凍てつく風を切って
改造バイクでブンブン走ってみ。
そしたら少しは骨のある奴等だと認めてやりますよ。

まぁ、暴走族だけに、
マフラーをとらないと走る気にならないんでしょうけどね。

そういう意味では彼らも、季節ものなんですねぇ。(笑)



おまけ。






以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2009年3月に書き始めたこの「まん丸、メジャーへの道」。

当初は、これほど長く続くとはまったく思ってもおりませんでした。
どうせすぐに飽きちゃうだろうし、ネタも尽きちゃうだろうし、
そもそも内容がオヤジギャグとダジャレですから…ねぇ。(苦笑)

そんな我がヘッポコブログですが、
開始5年を経た2014年5月17日17時付の「にほんブログ村」の「お笑いブログ」カテゴリーで、
なんとなんと、3183サイト中のランキング第1位を獲得いたしました。

あじゃぱぁ! 

アッと驚くタメゴロウ~♪ 

びっくりしたなぁ もう!

書きたいことを書きたいときに書きたいように書いてきただけなので
順位や訪問者数にはほとんど興味なかったのですが
それでもやっぱり1位というのは、それなりに嬉しいものであります。

これはひとえに一重まぶたの私の努力の賜物…ではなく、
このヘッポコブログを飽きもせず見捨てもせずにご訪問くださり、
何の意味だか分からぬまま「ポチットな」をしてくださった皆様のお陰でございます。

本来なら、ご訪問くださった皆様お一人お一人のところへ直接出向き
アツい抱擁と感謝のチュウをもって謝意を表すべきところなのですが
ストーカーや変質者と間違われては元も子もございませんし、
皆様がうら若き素敵な女性ならまだしも、私のようなオッサンでしたら
私自身がハグやチュウなどしたくないですので
このブログでの御礼のご挨拶ということで、どうかご容赦くださいませ。

まぁ1位になったからといって、ヘンに気合を入れたり
格好つけて色気出したりするとロクな事はございませんので
これまで通りにしょーもないことをしょーもなく、
スーパーライトなアメリカンコーヒーの如く薄~い内容で、
ボチボチとマイペースで書き続けていきたいと思います。

とりあえずの目標は、王貞治氏の持つホームラン世界記録868号越えかな。(笑)

最後になりましたが、
改めて、これまでの皆様のご厚意に心からの御礼申し上げるとともに、
これからもこれまで同様のお付き合いの程をお願い申し上げます。

ありがとうございました。




これをポチッとしていただいて1位になりました。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



新年度のテレビ番組改編に伴うバタバタが、ようやく落ち着いてきた。
NHK女子アナウォッチングが趣味の私にとって改編直後は、
お気に入りの女子アナの移動先や動向をさぐったり
ニューフェイスのチェックをしたりしなければならず、なにかといろいろと忙しいのだが、
この頃になるとおおよそ全体像が把握できて、なんとなく視聴のタイムテーブルが確立されて
一日の生活リズムも整い始める頃なのだ。

ではまず改編後の「おはよう日本」をみてみよう。
6時30分からの枠には変更がほとんどなかった。
「見た目は清楚、中身はいい加減」でおなじみの鈴木奈穂子アナが引き続き担当している。
「街かど情報室」コーナーではこれまで通り鹿島アナと互いの暴露合戦を繰り広げている。
会社の給湯室かっ!て、思わずツッコミを入れたくなるほどの、どうでもいいグダグダ話だ。
しかも相変わらず7時の挨拶「おはようございます」が「おはざまっす」にしか聞こえない。
「かわらぬこと」は「安心感」とも言い換えることができる。
この「おはよう日本」が醸し出すなんとも言いようのない安定感・安心感は、
良くも悪くも鈴木アナの力によるところが大きいと勝手に解釈している。

そんな「おはよう日本」も、朝5時台は大きな変更があった。
寺門亜衣子アナがメインをつとめることになったのだ。
寺門アナは、清楚で素朴で色白で小柄で華奢でちょっと幸薄そうな雰囲気だが
巷では「微妙に失礼なことを言っちゃう女」として評判だそうだ。
実は芯が太くて物事に動じず、その上かなり面白い性格なのではないか。
1ヶ月間視聴した限りでは、まだそのような爪は隠したままのようだが、
2月に行われた新年度キャスター紹介では、
その時担当していた番組「あさイチ」のメインキャスター・有働アナをネタにして
「私は脇汗はかきませんから。」とコメントしたらしい。
その場に居合わせたNHK関係者は、脇汗でなく冷汗をかいたのではないだろうか。
そんな寺門アナ、いつ化けの皮がはがれて素の面白さが露見してくるのか、
楽しみに待ちたいところだ。

寺門アナが来たという事は、「おはよう日本」を去ったアナもいる。
5時台をつとめていたマイポニーテールヒロイン・上條倫子アナだ。
現在は夜の7時のニュースのサブ・首都圏ニュース845のメインを担当している。
朝の女から夜の女へ、華麗な転身をとげようとしている真っ最中だ。
顔をサワサワッと撫でられたら天にも昇る気持ち良さだろうなと思わせる
あのトレードマークのポニーテールを解き、髪をおろしてメイクもばっちり、
アダルティーな雰囲気を醸し出そうとしている。
朝の天真爛漫ほんわか風お嬢様キャラから夜のアダルト&キャリア風お姉さまキャラへ、
大胆なイメチェンを図っているのだろうが、
まだあまり見慣れていないせいかちょっと違和感を覚える。
でも、それでもいい。
だって、上條アナなんだから。

そして土日祝担当だったNHK史上最強のツンデレ・江崎史恵アナも「おはよう日本」を去った。
おカタいニュースの合間にはさむ柔らかな話題の時に見せる
江崎アナのあの「デへへ」笑いを見ることができなくなるのかと思うとかなりさびしい。
新たな担当は、Eテレ(NHK教育)のサイエンスゼロのキャスターだそうだ。
帯の生ニュース担当を外れたのは、35歳という年齢を考慮しそろそろお子様を…
ということなのかもしれない。
しかし、まぁ日曜23時30分からの番組とはちょっと遅すぎる。
私は4時間後にはもう起きなければならないのだ。
リアルタイムで視聴するのは正直厳しい。
江崎アナには、しばらくお会いできそうにない。
甚だ残念だ…。 

デヘヘ。


その江崎アナに代わって、「おはよう日本」土日祝担当になったのが
まだ入社4年目、25歳で大抜擢された、和久田麻由子アナだ。


     わくまゆ (1) わくまゆ (2)

     わくまゆ (4) わくまゆ (5)



…もう、何も言えね。


わくまゆ ばんざーい!! 
    




もしお時間ございましたら、よろしければこちらもご覧くださいませ。 
                ↓ 
     693)時々の文章。「NHKしか見ない」




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




どうも。

「網にかかったダイオウイカ」とかけまして
「サインをねだられた人気のない芸能人」ととく。

三流亭まん丸でございます。

「あげてもいいが後々邪魔になるんじゃないの?」


さて、木曜日に第15回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題17 「ダイオウイカ」について、嘘のうんちくを語ってください。

結果です。


【優秀作品】

★ ノストラダムスの大予言にあった、空から降ってきたダイオウが、このイカだ。
                             (第5位  25.5pt)


【次点作品】

★ 滅多に見せない笑顔がカワイイ。
★ 実は一人乗りの潜水艇。
★ 陸に引き揚げられて干からびると、1/100の大きさに縮む。


【番外・講評】

★ ホタルイカが捕食されずに大きくなると、ダイオウイカになるのだ。
★ 混ぜると危険。
★ 天敵マッコウクジラとの生涯対戦成績は、おおよそ2勝2敗。
★ 佐渡島のくぼみは、超巨大ダイオウイカが激突して凹んだ。
★ 眼球の直径はおよそ30cm。
   戦前は全国占い師協会が水晶玉の代用品として推奨していた。
★ 実は某国の秘密兵器で、事が起こるとロケットミサイルに変形する。
★ ダイオウイカの幼生は、オウジイカと呼ばれる。
★ ダイオウイカとコウテイペンギンは宿命のライバル。
★ ちょっと前までダイオウといえばイカだったのに、
   最近はグソクムシの方が人気があるのでちょっと拗ねている。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で、
第5位入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、「ダイオウイカ」のお題。

ダイオウイカといえば、ちょっと前にNHKが
小笠原の深海で泳ぐ姿の撮影に成功したとかいってNHK特集で放送してましたけど、
それ以降、日本のあちゃこちゃで出るわ、出るわ。
漁船の網に引っ掛かったり、海岸に打ち上げられたり。
もはや「幻の」という定冠詞を返上するような出現頻度です。

でもあまりに露出過多だとすぐに飽きられちゃいますよ。
「ゲッツ!」とか「グ~」とか言って一世風靡していた一発屋芸人さんみたいにね。(笑)


では最後に、ダイオウイカに関するうんちくを一つ。

ダイオウイカの耳の部分の三角のことを何というでしょう?
正解は「ロバの耳」。 王様の耳は…。
ダイオウだけに、エンペラ(皇帝)でもありません。(嘘)




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.