しれ~っと戻ってまいりました。 あること、ないこと、話半分でご覧ください。 
2014年04月29日 (火) | 編集 |
この4月からご子息・ご息女が新入生として中学や高校に通うようになって
お弁当作りを始めた方も多いのではないか。

最初のうちは、愛する子供たちの為にと、朝早く起きて
リンゴの皮をウサギさんに、ウィンナーをタコさんにというように、
見栄えを良くしようとあれこれ趣向を凝らしたり、
栄養のバランスを考えてメニューをあれこれ思案していたことだろう。
だが、そろそろ1ヶ月。ネタがつき、メニューもマンネリ化しはじめ
「ああ、超面倒臭いわ!!」って思い始めているお母様方も
かなりいるのではないだろうか。

そんな弁当作りが面倒臭くなってきた貴女!
貴女の弁当作りの一助となればと思い、今回の記事を書こうと思う。

私は私立の中高一貫校に通っていた。
給食が無く弁当持参だった。
世間とはかけ離れていたお家のボンボンも多く通う名門と呼ばれる男子校だったが、
自由放任で何でもアリの校風だったこともあり、それはそれは凄い弁当ばかりだった。
もし彦麻呂がその場にいたら「高級料理の大博覧会やぁ~」と絶叫したに違いない。

毎日、三段お重にビッシリ高級食材を詰め込んできた超有名企業社長のバカ息子N。
実家がちょいとばかし有名な中華料理屋だったSは、
フカヒレの姿煮をオカズをもってきたことがある。
Rなどは、ご飯マツタケといってもいいようなマツタケご飯と
自分のモノよりもデカいかもしれない焼きマツタケを
1本まるまるの形で持ってきてガブリとかぶりついていた。
…Rが麗しき可愛い女子高生でなかったことが残念だ。

ただ当のボンボンたちは、超豪華弁当であることを自慢するようなことは一切なく
3日間エサを与えられなかった犬のように弁当箱に顔を突っ込んで
一心不乱にガツガツと一気に高級食材を胃の中に放り込んでいた。

一方、ボンボンでない奴らの弁当は違った意味で凄かった。

デッカイ割には物凄い軽い弁当箱を持参してきたYは、
弁当を食べる時になると購買部へダッシュで牛乳を買いにいった。
牛乳を傍らに満を持してYが弁当箱のふたを開けると、
そこにはコーンフレークがギッシリ詰まっていた。
栄養バランスはバッチリだった。

Kはほぼ毎日、アルミの銀色のドカベンに白米だけを詰め込んで持ってきた。
弁当の淵から1cm下がりのところまでビッチリと。
そして飯時になるとおもむろに学生かばんの中からレトルトのボンカレーを取出し、
温めもせずにそのまま白米の上にかけて、がっついていた。
おわかりだろうか? なぜ淵から1cm下がりまでなのか?の理由が。
この1cmのスペースがちょうどレトルトカレー1袋分なのだ。
計算されつくされている。見事としか言いようがない。
余談だがKは月に1.2回ほど、「今日はハヤシライスなんだぜ~。いいだろう。」
という日があった。
私は断言する。当時も今でも全くいいとは思わない。

夏には、麺つゆを入れた水筒と素麺をビッシリつめたタッパーを持ってきた奴もいた。
いかなる時も冷静沈着で用意周到、段取り野郎でクラスの仕切屋のAだ。
Aはここでも全くぬかりはなかった。
薬味の刻みネギと携帯用のワサビが入った小さなタッパーも持参していたのだ。
Aは水筒の蓋に麺つゆと薬味を入れ、ワサビを溶き、ツルツルとその素麺を食っていた。
私は断言する。当時も今でもとてもうらやましいと思う。

その他にも、弁当箱開けたら中にカロリーメートが2箱入っていたT、
唐揚げや焼肉など3~4品目が具に入っている超巨大おにぎりのH、
小型炊飯器を持参し、ハンドボール部部室でひそかに炊いていたW等々、
6年間の学校生活での弁当にまつわるエピソードはつきないのだが、
長くなりそうなのでこの辺でやめておこう。

さて、私はどうだったかというと、ごくありきたりの弁当だった。
そのありきたり弁当を2限と3限の間の休み時間に食べ
昼ごはん時は購買部で売っているパンに食らいついていた。
そしてNもSもRもYもKもAもTもHもWも、
そしてほぼすべての奴らも2限終了時に早弁し、
昼休みは購買部のパンに食らいつき、
放課後の部活前にもパンで腹ごしらえしていたのだ。

おわかりであろう。

食欲旺盛な育ちざかりの若きオスどもは、
自分の空腹さえを満たせれば何食ってたっていいのである。

ウサギのリンゴでなくたって、高級中華じゃなくたって
コーンフレークギッシリだけだって、白米ビッチリだけだって、
朝、家を出るときに「はい、これ!」ってお母さんが弁当を渡してくれさえすれば
どんな中身だって全く構わないのだ。

そして、何も言わずその弁当をムシャムシャと豪快に食べながら
私同様、彼らもきっと絶対にこう思っていたに違いない。


母ちゃん、今日も弁当をありがとう。



…いかがかな?

少しは参考になっただろうか?







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2014年04月26日 (土) | 編集 |
毎年、花粉症の季節が訪れると禁酒生活が始まる。
医師から処方される薬が、アルコール厳禁なのだ。
この期間、NHKの女子アナウォッチング以外の
唯一の楽しみである晩酌ができないのがとてもつらい。

人間の身体は約60兆個の細胞からできているらしいのだが、
その1つ1つの細胞にはそれぞれ寿命があり、
たとえば心臓は22日、胃は5日、皮膚は28日、
その他の身体中の細胞も3ヶ月あれば
ほぼすべてが新しい細胞に入れ替わるそうだ。
「昔の俺とは違う。俺は生まれ変わったんだ!!」
というダメ男がよく発するセリフも、まんざら嘘ではなさそうだ。
そして、この細胞の入れ替わりのことをチンチン電車という。
…なわけはない。新陳代謝だ。

肝臓の新陳代謝のサイクルは約2ヶ月なのだそうだ。
1年のうち2・3・4月を除く9ヶ月間、
発泡酒を毎日飲み続けている私の肝臓は、
1月末にはほぼ出来の悪いフォアグラのようになっていると思われるが、
この3ヶ月の禁酒期間中に、新陳代謝によって肝臓細胞のすべて入れ替わり、 
見違えるほどキレイな肝臓に生まれ変わっているはずだ。

ということで今晩から、
気分も新たに、肝臓も新たに晩酌の再開を決めた。
発泡酒500ml缶×2本だ。
ああ、想像しただけで喉がなる…。
カラカラに乾ききった肝臓にアルコールが染み渡っていくあの感覚…。
今からもう夜が楽しみでならない。


あれれ、妻が口をとんがらかせている。

「発泡酒の量、減らそっかな。」って1月末に言ってなかったっけ?


妻よ、1月からの3ヶ月間で
私の身体の中はすべて新しい細胞に入れ替わっているんだ。

3ヶ月前の脳細胞が考えていたことなど、

今の脳細胞が知ったことではないわ!







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



2014年04月25日 (金) | 編集 |
どうも。

自宅PCのセッティングがようやく完了いたしました。
三流亭まん丸でございます。

これで皆様のブログへの早朝訪問も再開できます。
ようやく普通の生活リズムに戻れそうですねぇ。

朝4時起床、夜9時就寝。

…全然、普通じゃないって?


昨日木曜日に第15回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題14 なんと、日本が世界一位!マイナーな調査結果とは?

結果です。


【優秀作品】

 …ノミネートなし。


【次点作品】

★ 「美しすぎる」という表現を用いられる女性の職業の数。
★ 無理難題に「気合い」で挑む人の数。
★ 大卒でありながら、仕事で使えない奴の数。


【番外・講評】

★ 1世帯当たりのミニカー所有率。
★ 夜10時過ぎに働いている人の数。
★ 採点カラオケの平均点。
★ 本のページをめくるとき、指をなめてしまう人の数。
★ 野生ではなく、愛玩用アルパカの頭数。
★ 朝9時から夕方5時までの、エロ動画の延べ再生回数。
★ 瞬間接着剤で人差し指と親指がくっついちゃった経験がある人の数。
★ マスコミ各社がしょっちゅう行う独自世論調査の数。
★ 生ビールを一気に飲み干した後、「クーッ!」と美味さをかみしめる人の数。
★ 大喜利なんぞにうつつを抜かしている人の数。


優秀作品ノミネートはなかったものの、
13本採用という大満足の成績でした。
500gのサーロインステーキ食べた後、
デザートに特上カルビを3人前食べたような気分です。


ということで、本題。

「日本が世界一! のマイナーな調査結果とは?」 

こんなんでましたけど。

 ・ワイドショーの情報を鵜呑みにしてしまうオバちゃんの数。
 ・オボちゃんを応援しているオヤジの数(研究者としてではない)。
 ・和式便器で用を足せる40歳以上の人数。
 ・用もないのにコンビニへ立ち寄る人の数。
 ・歓楽街をフラフラ歩いている「シャチョウさん」の数。
 ・「憂鬱」「薔薇」「醤油」の3つを漢字で正しく書ける人の数。
 ・一人称が「 I 」ではなく、「 ワイ 」の人の数。
 ・マクドナルドでスマイルを注文する人の数。
 ・効果がほとんどない、健康器具の種類。
 ・効果がほとんどない、ダイエット商品の種類。
 ・効果がほとんどない、聴くだけで話せるようになる外国語教材の数。
 ・「は~るばるきたぜ♪」とふると「はっこだて、へ~♪」と続けて歌っちゃう人の数。
 ・この4月から民放で始まった刑事ドラマの数。
 ・幻のアイドルグループ「スターボ―」を知っている人の数。
 ・アイドルグループ1つ当たりの所属人数の多さと、そのレベルの低さ。
 ・それにひきかえAVの質・量の充実さと、AV女優のレベルの高さ。


これ以上続けるとどんどんシモ系にいっちゃいそうなので
今回は、この辺で。






以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2014年04月23日 (水) | 編集 |
どうも。

だいぶ暖かくなってきましたねぇ。
三流亭まん丸でございます。

花粉が飛び回らなくなったと思ったら
もうすぐハエが飛び回る季節です。

ブンブンブン ハエが飛ぶ~ 
おうちの周りに 生ごみ捨てたよ
ブンブンブン ハエが飛ぶ~ ♪


僕とお父さんとお母さんの3人が
家族揃って居間でくつろいでいる時のこと。
どっからともなくハエが紛れ込み、
居間中をブンブンと飛び回りはじめました。

ブ~ン ブ~ン ブ~ン ブ~ン
ブ~ン ブ~ン ブ~ン ブ~ン
ブ~ン ブ~ン ブ~ン ブ~ン
ブ~ン ブ~ン ブ~ン ブ~ン
ブ~ン ブ~ン ブ~ン ブ~ン

「ああもう! 鬱陶しいハエだな!!」
「ねぇ、お父さん何とかしてよ。」 
「あなた、玄関にスプレーがあるから持ってきてシューして!」
「よ~し、待ってろ!」

お父さんは小走りで玄関までスプレーを取りに行き、
部屋に戻ってくるなり、ハエめがけてシュー!!

「あれ? ちっとも効かないよ。まだ飛んでる。」
「しぶといハエだわ、本当にイヤね!」

「…いや、ちょっと待て。」

お父さんは、ある事に気が付きました。  

「相変わらず飛び回ってるが、ブンブン音がしなくなったぞ。」

そう言ったお父さんが右手に持っていたものは、
さっき僕が自転車の手入れに使って玄関に置いておいた
「 KURE 5-56 」 でありました。






以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2014年04月21日 (月) | 編集 |
どうも。

最近堅い内容の記事ばかりですいません。
三流亭まん丸でございます。

えっ? 「何か気取ってる感じがして凄い鼻につく」、ですか?

パン ピポパポン ♪

「インテリ、入ってる?」


本来このブログは
スーパーウルトラライトで全く役に立たない
しょーもない「くだらない」内容が持ち味であります。
ということでここで原点回帰。
初心を思い出して、今回は「くだらない」お話を。


朝鮮半島の、西暦375年時の地図と
西暦660年時の地図では、何かが違う…。

「あっ! 百済ない!!」


友人と買い物、支払総額109$に対し、
持ち合わせが100$しかない。
申し訳なさそうな顔で友人の顔を見ながら

「なぁお前、9$ない?」


夕飯は鍋。チビチビ晩酌しているうちに
食べ盛りのチビ達に鍋の具を
あっという間に食べつくされてしまった。

「あれ? おれが食う鱈ない!」


1、2、3、4、5、6、7、8、10、11、…

「おい、9足らない!」




あ~、くだらなかった。





以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村