まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

夏休み工事もようやくひと段落。
三流亭まん丸でございます。

小中学校の夏休み、終わっちゃいましたからね。
と同時に、仕事のバタバタもちょっと落ち着いてきましたねぇ。

…って、このマクラには全然、「オチついてない」ですよ。


さて、本日金曜日大喜利グランプリの結果発表がありました。
普段は毎週木曜日が結果発表の日なのですが、今週もちょっとイレギュラーだったんですねぇ。


 お題10 「美人、特急、露天風呂、京都、トリック、事件」 
      この中の2つ以上を使ってサスペンスドラマのタイトルを作って下さい。



結果で~す。


【優秀作品】

 …ノミネートなし。


【次点作品】

 ★ 京都美人殺人事件 
    ~「事件は会議室で起きてるんじゃない!混浴露天風呂で起きてるんだ!」~
 ★ 銀河超特急999号殺人事件 ~謎の美人メーテルが見破るトリックとは!!~


【番外・講評】

 …採用なし。



「サスペンスドラマの題名」というお題でしたが…。

夏休み工事最高潮の時期と重なって、現場でキレキレで働いてましたので
全然ボケボケしているヒマがありませんでした。(笑)
次のお題からまた、頑張りすぎない程度にボチボチとボケを考えていきたいと思います。

以上、反省終了。



ということで、来週はもう9月。
秋は着実に近づいてきているんですねぇ。
たとえば、

サンマとか、サンマとか、サンマとか…。(苦笑)



う~ん…。

ここまでなんとなくダラダラで、しまりのない内容になってしまいましたねぇ。
このままではどうにもこうにも落ち着きませんので、
最後は秋にちなんだ小噺できっちりしめるとしましょう。

 「おう、もうすぐ秋だけど、お前にとっては何の秋だ?」
 「もちろん食欲の秋さ。サンマとか、キノコとか、新米とか、うまいもんばっかりだ。」
 「そんなに食ってばっかりじゃ太るだろ。」
 「で、運動の秋だ。オレはこう見えても馬に乗るんだぜ。」
 「おおっ! 乗馬とは、人は見かけによらないね。 それで効果あるのかい?」
 「もちろん。1回で5~6kg体重が落ちるんだ。」
 「えっ、そんなに?!」
 「…馬の体重だけど。」
 「馬かい!」
 「オレは当然、体重増。」
 「お前みたいな重たい人は乗らないでくださいって、馬乞ゆる秋でもあるわけだ。」



…オチついたでしょうかね。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

「ああいえばこういうし、こういえばああいう」人、いますよねぇ。
三流亭まん丸でございます。

そんな人にはこう言ってやりましょう。

 Are You Crazy ?


屁理屈をこねて自分の間違いを絶対に認めないという人が、
会社にいると厄介です。しかも直属の上司だったとしたら…

 「課長、〇〇商事へは、どうやって行ったらいいんでしょうか。」
 「なんだお前、営業なのに〇〇商事にも行ったことないのか?」
 「私、この東京支社に昨日着任したばかりですけど。」
 「言い訳するな! お前は福岡の支店でもずっと営業だったじゃないか!」
 「すいません。…申し訳ありませんが行き方教えていただけますか?」
 「まったく世話の焼ける奴だ。しょうがないな。
  確か、A駅からB線に乗ってC駅まで行きD線に乗り換えてE駅で下りれば
  目の前のはずだ。」
 「ありがとうございます。では、行ってきます。」

夕方…

 「課長、ただ今戻りました。」
 「随分遅かったじゃないか。」
 「課長に教わった通りに行ったんですが、〇〇商事が無くて…」
 「・・・。」
 「〇〇商事に電話して行き方を聞いたら、F線のG駅の目の前でした。」
 「朝、お前にそう説明しただろ。」
 「いいえ、課長はD線のE駅前にあるとおっしゃいました。」
 「おっじゃ何か? オレの説明が間違っていたから間違えたとでもいいたいのか?」
 「そうはいってませんが…。」
 「そもそもオレは「確か…、…はずだ。」と言ったんだ。
  つまり、オレの記憶が確かでなかっただっただけで、オレの説明自体は間違ってはいない!」


…屁理屈だけに、言ってることが尻滅裂。



ということでシメ。

「屁理屈」とかけまして
「どうしても開けることのできなかった引き戸」とときます。

そのココロは?

「後からとって(取っ手)つけました。」





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

夏の定番といえば?
三流亭まん丸でございます。

近所に開業したばかりの歯科医院にて。
 患者 「私、生まれて初めて虫歯の治療するんですけど、大丈夫でしょうか…。」
 医者 「私、あなたが生まれて初めての患者さんなんですけど、大丈夫だと思いますか?」

…怖~い話。



ということで、今回はそんな話をいくつか。


【其の壱】

社員旅行での出来事。
20代後半の仲良しOL2人で露天風呂、他に誰も入っておらず貸切状態。

 「はぁ~、この露天風呂、気持ちいいわね。」
 「ほんと、日頃の疲れもとれちゃうわね。」
 「…あれ? あそこの壁に穴みたいなものが開いてるわよ。」
 「あら、やだ、ほんと。向こうからのぞかれちゃうじゃないの。」
 「ねぇ、逆にちょっとのぞいてみない? もしかしたらあなたが狙ってる
  新人のイケメンA君が入ってるかもしれないわよ。」
 「え~! …でもちょっとだけ、のぞいてみよっかなぁ」
 「そうよ! のぞいちゃえ!」
 「じゃ…。どれどれ。 キャー!! 」
 「ちょっと、どうしたの!」
 「あ、あ、あ、あ…」
 「大丈夫?! 慌てふためいちゃって、まったく何見たのかしら…。
  どれどれ…。あ、あれは、お局様のカズコ先輩と小局様のユミコ先輩じゃない??」

その時、後ろの露天風呂入口の扉がガラガラっとあき、
ドヤドヤとむさくるしい集団が、エロ課長の下品なでっかい声とともに…。



【其の弐】

高校の野球部の夏合宿の最後の晩、監督の粋な計らいで肝試しをやることに。

 監督 「あの廃墟の病院まで行って帰ってくるんだぞ。
     マネージャーは5人か…。
     よし、3年生部員のうちジャンケンで勝った奴は
     マネージャーとペア組んで一緒に行っていいぞ!
     残りの部員は脅かし役だ! じゃ、30分後にスタートする。
     それぞれの守備位置につけ!」

実は、その廃墟の病院は男女のカップルで行くと2人とも呪われてしまうことで有名な、
地元の人々からは恐れられている心霊スポットだった…。

肝試し終了後。

何時間たっても、何日たっても、何年たっても
その3年生部員とマネージャー達には、異変は起きなかった。

…ま、男子校だからね。



【其の参】

一人暮らしの老婆の家の電話が、夜中になった。

「もしもし。」
「あ、もしもし、お母さん? オレだけど。」
「オレって…、あんた、タカシかい?」
「そう、タカシだよ。」
「どうしたんだい、タカシ。こんな夜遅くに…」
「実はオレ、交通事故起こしちゃってさ…」
「…知ってるわよ、そんなこと。」
「えっ?!」
「忘れるわけないじゃないの。今から3年前にあった交通事故のことは…。
 ね、タカシ。お母さんのことを心配して何度も連絡くれるのは嬉しいんだけど
 お母さんはもう大丈夫だから、そろそろしっかり成仏しておくれよね。」
「…うん、わかったよ。じゃ、お母さん、いつまでもお元気で。」



【其の四】

ある道具屋で買ったへっつい(かまど)から幽霊が出るということで
買った客という客がみんな、翌日には返品してくる。
これに困った道具屋は、幽霊を信じない熊さんと若旦那に1両ずつ渡して
このへっついを引き取ってもらった。

そそっかしい2人は道具屋からへっついを持ち帰る途中、
どっかの角にぶつけて、なんとへっついを欠いてしまった。
ところが、その欠けたところから300両もの大金が出てきたのだ!!
2人は驚いたものの、その300両を150両ずつ山分けして、
若旦那は吉原で、熊さんは賭場で一晩であっという間に使いきってしまった。

その翌日の晩、若旦那の枕元に幽霊が出現、「おれの金を返せ~」と。
この話を聞いて、こりゃあたまらんと熊さんは、
若旦那の実家にこのいきさつを洗いざらい話して
300両を借りてきて、幽霊が現れるのを待った。

するとその晩、熊さんの元に幽霊が出現し「300両返せ」という。
熊さんは幽霊にこの300両は一体何のお金だと尋ねる。
幽霊は、生きているときに賭場で大儲けした際の300両で、
へっついに塗り込んで隠しておいたものだと言う。
「でもよ、このへっついはオレがもらったもんだからな」と熊さん。
無理やりの屁理屈交渉の結果、300両は熊さんと幽霊で150両ずつ折半となった。

しかし根っからの賭博好き同士、150両すべてをはり
サイコロ勝負で勝った方が300両総取りという賭けを行うこととなる。

一発勝負!

結果、熊さんが勝ち、一回で幽霊はすっからかん。

「熊さん、もう一丁だけ、勝負お頼み申します。」
「そりゃあ無理だよ。だってお前にはもう、お金がねえじゃねえか。」
「熊さん、私だって幽霊のはしくれですよ。決して足は出しませんから…。」




ま、こんな感じで。

【其の四】は、有名な落語「へっつい幽霊」というお話。
【其の壱】~【其の参】も、怖いんだか、怖くないんだか…。(苦笑)

蒸し暑く寝苦しい夜が続きますが、
少しは背筋がぞ~っとして、涼しくなりましたでしょうか?






以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

福山雅治でございま… せん。
三流亭まん丸でございます。

エロいとこだけ、よく似てると言われます。


さて大喜利グランプリですが、先週はお盆休み真っ只中ということもあって結果発表は無し。
ということで本日木曜日に、2週間前のお題の結果発表となりました。


 お題09 会社の上司に聞かれた「おい、ギャップ萌えって何のことだ?」
       何て答えたらいい?



私の送ったボケの結果です。


【優秀作品】

 …ノミネートなし。


【次点作品】

 ★ 一見かよわそうな女子がリンゴを片手で握り潰す、みたいなことですよ。
 ★ 仕事に厳しい部長が実はディズニーランド大好き、みたいなこと。
 ★ 朝青龍の笑顔が思ったより可愛い、みたいなことですよ。


【番外・講評】

 ★ コワオモテのラミレスがやる「アイ~ン、ゲッツ!」、みたいなこと。
 ★ 竹内力は実は猫舌、みたいなこと。
 ★ 福山雅治のエロばなし、みたいなこと。


優秀作品ノミネートは無かったものの、なかなかいい成績が残せたと思います。
8月に入ってから目が回るほど忙しく、ここ10日間は特にお盆休み返上での追い込みで
ボケるヒマもなかったことを考えれば、

 上出来、素敵に、ちょいモテキ、かなり気になるお尻のオデキ

ってな感じ??


さて、「ギャップ萌え」というお題。
はっきり言って「ギャップ萌え」ってよくわからないんですが、
もし「不良少年が雨の中、捨て子猫を拾ってきた…」みたいなことを言うのであれば

 「コワオモテの兄ちゃんが、きゃりーぴゃみゅぱむみたいな声してる」
 「さかなクンって実は魚よりも肉好きなんだって!ギョギョ!!」
 「黒のセクシー下着を着用する小6女子」
 「きゃしゃに見えますが、実は脱ぐと凄いんです」
 「寝るときだけセーラー服姿のおかん」
 「セーターを手編みする長州力」
 「バリバリな標準語で話すあまちゃん」
 「クリスハートが歌う home ♪ 」
 「怠け者のアリ、働き者のキリギリス」
 「体重70kgのゆう子をお姫様抱っこした40kgのマサ子」
 「不器用そうな彼なのに、いつも気が付くと私は素っ裸にされているの…」
 「肉まんだと思って食らいついたら、あんぱんまんだった」
 「ジャイアンツの坂本かと思ったら、おすぎだった」
 「普段ユニクロ着てる近所のガキがGAP着てた」
 「三流亭まん丸って、実は福山雅治そっくり」

も、「ギャップ萌え」??



…ま、どうだっていいや。(笑)



ってなことで、ちょっと忙しいのでこれにて終了。

言いっぱなし、散らかしっぱなしですいません。





以上 雅治でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

お盆休みを満喫した人へ。
三流亭まん丸でございます。

十分休めて良かったですねぇ~。
私は1日しか休めませんでしたけど…。
あ、別に何とも思っちゃいませんよ。

ただ、やられたらやり返す、仕事量、倍返しだ!!



お盆明けの初日から目が回るような忙しさです。
ということで、今回は更にショートVer.で…。


 子 「ねぇ、ねぇ、BBQって何?」
 父 「ん? どうしてそんなこと聞くんだ?」
 子 「友達がね、お盆休みに家族でBBQしたって言ってたんだ。」
 父 「そっか。BBQってのはな、バーベキューのことなんだよ。」
 子 「へ~、そうなの。…じゃ、お父さんはOBQだね。」
 父 「何だ? そのOBQってのは。」
 子 「OBQ、オバQ、つまり「オバケのQ太郎」ってこと。」
 父 「おいおい、お父さんはまだ生きてるよ。」
 子 「見りゃわかるよ、オバケじゃないことくらい。」
 親 「じゃ、なんでオバQなんだ?」
 子 「だって、頭に毛が3本しかないじゃん。」

  <親父・心の声>
   子供だからって甘い顔して言わせておけば、調子に乗りやがって…。
   言われたら言い返す、10倍返しだ!!

 親 「ふざけるな! 30本はあるわぃ!」





イマドキの子だったら、BBQくらいは知ってるでしょ。
OBQは知らなくても…。 (…と、反省)




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad