まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2013年02月25日 (月) | 編集 |
どうも。

寅さん、いいですねぇ。
三流亭まん丸でございます。

テンポ、間、流れ、遊び心、楽しさ…
どの言葉をとっても魅力溢れる素晴らしさですよね。

そうかそうか、草加、越谷、千住の先だ。
四谷、赤坂、麹町、チャラチャラ流れるお茶の水 。
大したもんだ、カエルのしょんべん。
見上げたもんだ、屋根屋のふんどし。



さて、小2の次男坊は、今、小学校で「付け足し言葉」を習っているようです。
この間は「いろは歌」や「じゅげむ」などを練習しておりましたので
日本語の楽しさみたいなもの、言葉遊び的な要素を取り入れた
授業をしているようです。

なかなか粋な学校ですね。(笑)


次男 「驚き桃の木山椒の木 (おどろきもものきさんしょのき)
     あたりき車力よ車引き (あたりきしゃりきよくるまひき)
     蟻が鯛なら芋虫や鯨 (ありがたいならいもむしゃくじら)
     嘘を築地の御門跡 (うそをつきじのごもんせき)
     恐れ入谷の鬼子母神 (おそれいりやのきしぼじん)
     おっと合点承知之助 (おっとがってんしょうちのすけ)
     その手は桑名の焼蛤 (そのてはくわなのやきはまぐり)
     何か用か九日十日 (なにかようかここのかとうか)
     何がなんきん唐茄子かぼちゃ (なにがなんきんとうなすかぼちゃ)」
私   「おっ、なかなか上手じゃないか。」
次男 「そうかなぁ。でもまだスラスラ言えなんだよな。」
私   「付け足し言葉って、自分でも考えてみると楽しいぞ。」
次男 「え~! 難しいよ~。」
私   「例えばさ…。驚き桃の木山椒の木、ブリキにタヌキに蓄音機。」
次男 「うん、うん」
私   「結構毛だらけネコ灰だらけ。」
次男 「なるほどね。」
私   「やってみ?」
次男 「…う~ん。じゃあね、どうもありが唐辛子。」
私   「おっ、いいね。」
次男 「そろそろ、おやすミンミンゼミ。」
私   「そう、その調子、その調子!」
次男 「ごちそうサンマ大好き。」
私   「それいけ、もうひとつ!」
次男 「 いただきマンモス! 」
私   「…それをいっちゃあ~、おしめぇよ。」



…言葉を楽しむなら、やっぱり寅さんですねぇ。




以上 まん丸でした。



もしおヒマでしたら、こちらもよろしく。 →  【 よりぬき まめみち 】 



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2013年02月21日 (木) | 編集 |
どうも。

いよいよ、東京マラソン。
三流亭まん丸でございます。

…走りませんよ。

歳が歳ですからね。



さて、今日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でした。

 お題14 開催地の特色を生かしたご当地マラソンを企画してください。

結果です。


【優秀作品】

 ★ わんこそばを食べ続けながら走る盛岡マラソン。
          (第10位 8.6pt)


【次点作品】

 ★ 豪雪地帯をスコップを持って除雪しながら走る、新潟除雪マラソン。
 ★ 縦横無尽にはりめぐらされた地下鉄路線がコース、
    東京アンダーグラウンドマラソン。
 ★ 東軍・西軍にわかれ鎧兜姿で激走、岐阜・関ヶ原マラソン。


【番外・講評】

 ★ 何もない春に開催される、襟裳岬マラソン。
 ★ 県内あちこちからゴール地点の鶴岡八幡宮を目指す、「いざ!鎌倉」マラソン。
 ★ 全面結氷した諏訪湖氷上で行われる、諏訪湖・御神渡りマラソン。
 ★ すべての給水ポイントに置いてあるのは熱い日本茶のみ、静岡マラソン。
 ★ 忍者姿で人目につかないようにゴールしなければならない、伊賀・甲賀マラソン。
 ★ コースに配置されたうまいもんを食べつくす、大阪・食い倒れマラソン。
 ★ 優勝者には金閣、2位には銀閣、3位には平等院鳳凰堂の各メダルが授与される、
    京都マラソン。
 ★ 上位ベスト5位までに入ると希望校に無条件合格となる、福岡・大宰府マラソン。
 ★ 「3歩進んで2歩下がる♪」というルールでゴールを目指す、
    熊本・水前寺清子記念マラソン。
 ★ 桜島が噴火した瞬間がスタートの合図、鹿児島・桜島マラソン。
 ★ 東京・箱根間をタスキをつないでリレーするマラソン。
 ★ 函館~青森間で競う青函トンネルマラソン。 


皆様方からの心温まる「ポチットな」のお蔭さまで
入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、「ご当地マラソン」というお題ということで
今回は自らの限界にチャレンジするため過酷な目標を設けました。

その目標とは、

  ご当地マラソン、47都道府県制覇!

…面白いか否かは横に置いといてね。

木曜日にお題発表された直後から、
北海道を皮切りにボケ始め、日本を縦断。
最終・沖縄に到達したのは火曜日早朝。

最後の送信ボタンを押した瞬間、達成感から身体中が震え、
感動の波が怒涛の勢いで押し寄せてきました。

  ボケ投稿総数、54個! 

  全都道府県完全制覇!

心の中で勇壮に鳴り響く「ロッキーのテーマ♪」のファンファーレ。
そして心からの叫び…

  ぼへみあ~ん!!


…違った。

  えいどりあ~ん!!



この目標にチャレンジしてみて、目標を達成してみて
1つだけはっきりとわかったことがあります。

それは…


  私ってヒマ人。


 ヒマジン オ~ルザピ~ポ~
 リビン フォ~ トゥデェエ~ フッフ~ ♪



…もう二度と、こんな無茶はしませんよ。

歳が歳ですからね。





以上 まん丸でした。



もしおヒマでしたら、こちらもよろしく。 →  【 よりぬき まめみち 】 



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2013年02月19日 (火) | 編集 |
どうも。

今日、病院に行ってきました。
三流亭まん丸でございます。

目をクッキリ二重にし、
お腹の脂肪を吸引してもらいに…。

…なわけないか。


「おう? サブ、どうした? しかめっ面して。」
「いえ、親方、なんでもないっす。」
「そんなことあるめぇ。遠慮なく言ってみろ。」
「実は…。左ひじから先が痛くて、力が全然入んないっす。」
「そりゃいけねぇ。すぐヤブ先生のとこ、行って来い。」

「おやおや、寿司屋のサブじゃないか。どうした?」
「先生、実は左ひじから先が、痛くて力が入んないですよ。」
「ん? どれどれ。 痛いとこ、診せてみなさい。」
「へい。」
「この辺は痛むか?」
「いいえ。」
「じゃ、ここは?」
「痛っ! そこ、痛いっす!!」
「…テニスヒジだな、これは。」
「せ、先生! バカ言っちゃいけねぇよ。おいらはまだまだ修業の身。
 テニスなんざあ、金輪際やったこたぁねえですよ!」
「まぁ、聞きなさい。サブ、お前は寿司を握るだろ?」
「ええ。 毎日毎日、一生懸命に握ってますよ。」
「だから、手に酢ヒジなんじゃ。」




ということで、本日整形外科に行ってきまして
私の左ひじの激痛は「テニスヒジ」と診断されました。

…テニスなんてやったことないのにねぇ。(苦笑)

ま、そんでも何で痛いのかが分かったので一安心。
これからしばらくの間、しっかり治療したいと思います。




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




2013年02月18日 (月) | 編集 |
どうも。

ひじかたとしぞう。
三流亭まん丸でございます。

…あっ、違った。

ひじがいたいぞう。


ひねったわけでもぶつけたわけでもないのに
左ひじが痛いんですよねぇ。

心あたりはまるで無し。

土曜日は「なんか違和感があるぞ?!」程度だったのに
日曜日には左手を握ると

 私のエルボーは チュクチュクしちゃうの~♪
     (by 『キューティーハニー』 )


そして今日。

見た目は腫れているわけでもなく、
赤くなっているわけでもないのですが
左手を握るたびに、
象みたいなキツツキにガツンガツンと突っつかれているような…
いや、キツツキみたいな象にドシンドシンと踏まれているような激痛が走り、
コーヒーカップすら持てません。

これでは「う~ん、マンダム」ってできず
違いのわかる男としては、いつも以上に苦み走った渋い顔で
痛みに耐えるしかありません。

「う~ん、ガマンダム。」

コーヒーカップは無理でも、
なんとか箸くらいなら持てそうですが
元々右利きなので左手で箸は持ちませんし、
そもそも私、生まれてこの方、
箸より重いモノを持ったことが無いもんで…。

(おいおい、コーヒーカップ云々の話はどうした?)

箸にも棒にも掛からない話ばっかりで
すいませんねぇ…。



ということで、何が言いたいのかというと

 左ひじが痛い!

っていうこと。

もう、40年以上も手荒に使ってきたんだから
あちこちガタがきてもしょうがないですよね。

ジャパネットかなんかで新しい「左手パーツ(ひじから下)」、
2000円くらいで売ってませんかねぇ。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2013年02月15日 (金) | 編集 |
どうも。

悲しいことがあると開く皮の表紙。
卒業写真のあの人はやさしい目をしてる。 

三流亭まん丸でございます。


…お前、男子校じゃなかったか??



さて、昨日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でした。

 
 お題13 うちの学校だけ!?他の学校にはない卒業アルバムの特徴とは?


結果です。

【優秀作品】

 ★ 個人情報保護の観点から、顔写真の掲載は無し。

           (第7位 14.0pt)


【次点作品】

 ★ 入学式の時にすでに配られており、卒業までに自分の好きなように完成させる。
 ★ 表紙が卒業証書。
 ★ 松・竹・梅の3つのグレードから選べる。


【番外・講評】

 ★ 総ヒノキ造り。
 ★ 校長先生の顔写真を押すと、熱いメッセージが聞こえてくる。
 ★ 最終頁の最後の最後に、「つづく」と書いてある。
 ★ 男子校ではあるが、全員女装して写真に写っている。


皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


さて、「卒業アルバム」のおはなし。

男が卒業アルバムを開く時。

それは、胸をときめかせた愛しいあの娘のことを思い返す時。
それは、甘酸っぱい青春の日々を懐かしく思い出したい時。
それは、星空を仰ぎながら心穏やかに記憶の旅をしたい時。

…でもね、これは共学校出身者の場合で、男子校出身者はちと違う。

むさくるしいオヤジへの過渡期の野郎共しか写っていない
男子校の卒業アルバムなんぞ、開きたいとも思わない。
来る日も来る日も、汗と泥とエロにまみれた日々の記憶なんぞに、
センチメンタルの欠片も感じない。

…「甘酸っぱい」ではなく、酸っぱい臭いの思い出しか無いんですよ。


ということで、中高一貫6年間、男子校で育った私が一言だけ申し上げましょう。

 男子校出身者は「卒業アルバムは見ない」。



 人ごみに流されて変わってゆく私を
 あなたはときどき遠くで叱って… ♪


「そんじゃ、お言葉に甘えて叱ってやろうじゃねえか。
 おうっ、まん丸! おめぇ、いい歳こいていつまでフラフラしてんだ!
 いい加減に自覚を持ってしっかりせいっ!」


…これが男子校の現実。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村