FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

「お前さんは、この世の中でいったい何が一番怖い?」
三流亭まん丸でございます。

「私が一番怖いのは、チョコレート。」



そもそもバレンタインデーってのは
いったい何で「チョコレート」なんでしょう??

「今日は2月14日。」
「あっ、バレンタインデーですね。」
「昔は女の子が、愛の告白とともに好きな男の子に脱ぎたて靴下を渡す日。」
「学生の頃はドキドキしましたね。」
「そうそう、今日脱ぎたて靴下もらえるかな?ってな。」
「むやみに下駄箱あけしめしたり、さりげなく机の中を探したりして。」
「お前なんかカッコいいから、下駄箱いっぱい脱ぎたて靴下もらったんじゃないか?」
「えへへ。プラス机の中いっぱいって感じですかね。」
「下駄箱と机の中いっぱいの脱ぎたて靴下か。匂い、凄そう。」
「でも、脱ぎたて靴下は数じゃないんですよね。」
「あ~、なんとなくわかる気がするよ。」
「たくさん貰えるのはうれしいんですけど、やっぱり「あの娘」からの脱ぎたて靴下がね。」
「そうそう。たった1つの脱ぎたて靴下だけど、貰えると嬉しさ100倍だったよな。」
「100倍どころか、100万倍ですよ。」
「オレ、大好きだったカズコちゃんからの脱ぎたて靴下を冷凍庫で保管しながら
 毎日少しずつ1か月間もなめ続けたよ。」
「…それはやりすぎ。でもまぁ、今では、義理脱ぎたて靴下や友脱ぎたて靴下
 自分脱ぎたて靴下や逆脱ぎたて靴下とかまであるそうで、いったい何の日なんだか…。」
「ドキドキ感が無くなっちゃったし、脱ぎたて靴下の価値も下落したというか…。」
「バレンタインデーも時代とともに随分様変わりしたということですね。」
脱ぎたて靴下にときめいたあの日々は、甘酸っぱい古き良き想い出になったということか。」



やっぱり、チョコレートが無難かな…。




ということで

「このへんで、ホットミルクが一番怖い。」




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

もうすぐバレンタインデー。
三流亭まん丸でございます。

…めんどくさいイベントですねぇ。(苦笑)



男の子と女の子の仲が良いというのは大変微笑ましいことなのですが、
そうあり続けるのは意外と大変なのであります。

「私のこと、好き?」
「好きだよ。」
「ほんとに?」
「ほんと。」
「ほんとに、ほんと?」
「ほんとに、ほんと。」
「ほんとに、ほんとに、ほんと?」
「ほんとに、ほんとに、ほんと。」
「ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんと?」


…めんどうくさい。



女の子っていうのは、男の子が答えづらいような
めんどうくさい質問ばかりするものであります。



「ね、私っていくつに見える?」

 合コンや初見の時によくされる質問です。
 実年齢より3~4歳程度若く答えるのがセオリーらしいですが
 化粧やメイクが発達した現代社会において、
 そのさじ加減をはかるのは至難の業と言えそうです。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「1つ。(もしくは1人)」

 この答えを発した後、あなたがその女性からの質問攻めから解放されることは
 ほぼ間違いないでしょう。



「ねぇ、何か面白いこと言ってよ。」

 いわゆる無茶ぶりです。
 「そんなこといきなり言われても…」と言葉に詰まるようでは
 早々に愛想つかされちゃいます。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「真っ白な犬は尾も白い。」

 面白くはありませんが、確実に「尾も白い」です。



「どう、私の料理。おいしい?」

 美味しければ何の問題もありませんが、
 そうでない時は答えに窮してしまいますよね。
 正直に「ちょっと薄いかなぁ」なんて感想を言ったら最後、
 もう2度と彼女はあなたに手料理を振る舞ってくれないでしょう。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「惜しい!」

 物凄い早口で言うと「おいしい」に聞こえます。
 口をモグモグさせながら答えれば、さらに効果アリです。



「最近、私、ちょっと太ったと思わない?」

 こういう質問をする大多数の女性は「太ってない」ことを確認したいだけなのですが
 でも明らかに太ってしまった女性に対して、男性が心にもない否定の答えをすると
 「うそつきっ!どうせ太ったわよ!」と逆ギレされてしまうかもしれません。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「チワワだったのが、ポメラニアンくらいになったかな。」

 よくわからないような可愛らしい例えで切り返すのがポイントです。



「私を動物に例えるとすれば何?」

 よくある質問パターンです。
 「例え」には、動物、芸能人…と様々な文言があてはまりますが
 動物の場合は「愛らしい」がキーワード、
 つまり子犬や子猫など愛玩動物系の答えが無難です。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「トイプーかな。ボク、犬好きなんだ!」

 犬は犬でも、ダックスフンドはやめておきましょう。
 また、トイプーはOKですが、クマプーは微妙です。
 巨乳だからといって「乳牛」と答えるのは論外です。



「私、芸能人でいうと誰に似てる?」

 前の質問の応用ですが、ここで気を付けなければならないのは
 キャピキャピ系・オッパッピー系・オタク系のアイドルの名前を挙げては
 絶対にいけないということです。
 自分の嗜好がバレバレになってしまうどころか、そっち系と同列とみられることで
 女性の怒りを買う恐れも十分考えられるからです。
 ということで、この質問にはこう答えてみるのがいいと思われます。

 「誰にも似てない。だって芸能人より君は素敵なんだもの。」

 「可愛い」とか「綺麗」ではなく、「素敵」と答えましょう。
 笑いながら言うと逆効果、真顔で答えるのがポイントです。



「私と仕事、一体どっちが大事なのよ!」

 ある意味、女性の切り札とも言うべきセリフです。
 このセリフを女性に言わせないようにするために
 普段から気を遣ったりマメにフォローする事が大事なのですが
 言われてしまったら、こう答えてみるのがいいと思われます。

 「仕事のあるオレと、フリーターのオレと、どっちがいいんだよ!」

 …「フリーターよっ!!」と返された時は責任を負えません。



はぁ~、めんどくさいですねぇ。


格言:女子が質問する時は、すでに答えは決めている。


でもね、ラブラブの時はこのめんどくささも
また楽しいんですよね。


Happy Valentine!




以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

そんなに嬉しいか?
そんなに嬉しいのか?
三流亭まん丸でございます。

…続きを知りたい方は、こちらをどうぞ。

        ↓

 411)閑話。「バレンタイン、みたび」



さて、本日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でした。

 お題12 バレンタインデー当日、あきらかにチョコを期待してる男の特徴とは?

結果です。


【優秀作品】

 ★ 昇降口の下駄箱のフタを開けてファブリーズを噴射している。
               (同率第1位入賞 36pt)

【次点作品】

 ★ メイド喫茶をはしごする。

【番外・講評】
 ★ 正直なところ、中高6年間男子校でバレンタインデーとは
    無縁の生活を送っていたため、全く想像が浮かびません。



皆様方からの心温まる「ポチッとな」のお陰様で
入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。



さて…。

正直なところ、中高6年間男子校でバレンタインデーとは
無縁の生活を送っていたため、全く想像が浮かびません。


はなはだ簡単ではございますが、
バレンタインデーの話はこれにて終了。


そんなことより、
今日は私にとってバレンタインデーよりも重要な日。
この日を「うっかり八兵衛」してしまったら
空から恐怖の大王が来て、アンゴルモアの大王を
蘇らせてしまうかもしれません。

そうならないように、会社帰りに「愛をこめて札束を」…、
は到底無理ですので、「花束」でも買って帰ろうと思います。

チョコっとでも、喜んでもらえれば…。



えっ?

今日は一体何の日なんだって?


本日2月7日は

 結婚記念日 

でございます。







以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




どうも。

我が家にもようやく春がやってきました!
三流亭まん丸でございます。

私の頭の中は年柄年中、春ですけど…。



長男の中学受験が終了しました。

熱烈な片想いだった第1志望校には見事にフラれちゃいましたが
第2志望校から「OKよ! よろしくねっ!」の返事をいただくことができました。

親バカと言われようが、
「3年間、よく頑張った!おめでとう!」
と心から褒めてあげようと思っています。





ここはゴールじゃない。
ようやくスタートラインにたっただけ。

これからが本当の勝負!

誇り高き勇者のように
雄々しく、堂々と
目の前に洋々と広がる未来に
その一歩を踏み出すんだ!

さぁ! 





…これまでの人生の中で最も真剣に過ごした5日間でした。(笑)





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


どうも。

人生いろいろ。
三流亭まん丸でございます。

嗜好もいろいろ。
趣味もいろいろ。
価値観もいろいろ。

…私はちょっとエロエロ。



さて、昨日木曜日は第13回大喜利グランプリの結果発表の日でした。

 お題11 別れ話に登場する「価値観の違い」。具体的に言うと?

結果です。


【優秀作品】

 ★ 失敗したとき「オレのせい」と悩むのが夫、「気のせい」と開き直るのが妻。
      (第4位 19.3pt)


【次点作品】

 ★ 丸々とした子ブタのイラストを見た時、
    「かわいい」と思った妻と、「おいしそう」と思った夫。
 ★ 10時30分を、「10時、30分すぎ」ととらえるか、
    「11時、30分前」ととらえるかの違い。
 ★ 「まつけん」と聞いて「松平健」だと思う夫と、「松山ケンイチ」だと思う妻。


【番外】

 ★ 苦境に立たされた時、「神様」に助けを求めるか、「仏様」に助けを求めるかの違い。
 ★ 「6時に待ち合わせ」という約束をして、早朝に行ったのか、夕方に行ったのか。
 ★ 「あなたにとって1番大切なものは何?」という質問に、
    「妻」と答えた夫と、「金」と答えた妻。
 ★ まだ毛が5本も生えているオレの頭を見ながら、「ハゲ」といった妻。
 ★ 身長170cm・体重78kgを「ぽっちゃり」だと思っている夫と
    「デブ!」と罵った妻。
 ★ 早稲田大学卒の夫と、慶応大学卒の妻。
 ★ おそばをズババッと豪快すぎる音を立てて食べる夫と、
    前髪をかきあげながら1本ずつすする妻。
 ★ 「薬味のネギを切ってくれ」と頼んだら、タマネギのみじん切りを出してきた妻。


【講評】

 ★ 「嫌いな動物は何?」という質問に、「妻」と答えた夫と、「夫」と答えた妻。
 ★ 家庭をほっぽり出して、AKBに夢中になる夫と、韓流スターに夢中になる妻。
 ★ 「想い出のアニメは何?」と聞かれて「宇宙戦艦ヤマト」と答える妻と、
    「キャンディキャンディ」と答える夫。


皆様方からの心温まる「ポチっとな」のお陰さまで
第4位入賞&ポイント獲得することが出来ました。
心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。


さて。

人間100人いれば100通り。
考え方だって感じ方だってやり方だってそれぞれ違う…。
「価値観の相違」は当たり前だのクラッカーなんですよ。

つまり別れの原因は「価値観の相違」ではなく
自分の価値観・考えややり方を相手に押し付けたり強要したりするばかりで
お互い元々違う価値観を認め合い尊重し合い理解していこうと
努力しないことだと思うんですよねぇ。

別れの原因だけじゃありません。
世界のあちこちで起きている紛争も
結局はお互いが掲げる「自分にとって都合のいい正義」という
価値観の衝突が原因でしょう。


争いのない世界を築くことは、そう簡単なことではありませんが
それでも世界平和を願うローマ法王達は、
紛争のない平和な世界の実現を祈っているに違いありません。


だって、恒久的な世界平和・人類の幸せこそ

 バチカンの総意

なのですから…。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.