FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

あと2個しかない!
三流亭まん丸でございます。

もう、まんじゅう8個も食べたんだから
「あと2個もある」なんじゃないの! (怒)



今朝の読売新聞コボちゃんで、
「いつまでも暑い」と不平を言うおじいちゃんに対して
おばあちゃんが目の覚めるような名回答!

「秋だと思うから暑いんであって、まだ夏だと思ってりゃいいのよ」


なるほど!!

発想の転換ってやつですね。

「もうすぐお彼岸だっていうのに!!」なんて思うから
昼間の暑さにイライラし文句の一つも言いたくなるわけで、
「9月はまだまだ夏真っ盛り」と思っていれば、
朝晩のちょっとした涼風に、「そういえばもうすぐお彼岸ね…」なんて
過ぎ行く時の移ろいを「いとおかし」と楽しむ余裕が
生まれてくるのかもしれませんね~。


私も、コボちゃんのおばあちゃんを見習って発想の転換です。

「政治家は国民のために働く!」から
「政治家は自己保身と私利私欲のために働く!」へ。
(そうでない方も、もちろんいらっしゃいますが…)

センセイ方の不可解でいい加減すぎる数々の言動にいちいち腹を立てることなく
冷静かつ非常に明瞭にその言動を理解し予測できるようになりそうですね。



ということでシメはなぞかけ。

 「1000年に1人の大天才」とかけまして
 「源義経」とときます。

そのココロは?

 「発想(八艘)、飛んでます。」






以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

生きている喜び、とは?
三流亭まん丸でございます。

やっぱり、一生懸命汗かいて働いて
シャワー浴びた後のよく冷えたビール…かな。

クーッ!



つい最近こんな話を耳にしました。
生きている喜びを感じるときっていうのはどういう時か。

 1、人に愛されていると実感できるとき
 2、人から褒められたとき
 3、人の役に立っているなと実感できたとき
 4、人から必要とされていると実感できるとき

の4つのとき、人は生きている喜びを感じるんだそうです。


…そっか、だから最近あんまり、なんていうか、ブツブツブツ。


この話を聞いて以来、ジジ・ババの皆さんにとって、
ゆっくりのんびり何事もなく日々過ごすことが本当に幸せなんだろうか?
な~んて思うようになりましてね。

「おじいちゃん、居間でテレビでもゆっくり見ててくださいね。」
「おばあちゃん、それ私がやっておきますから、のんびりしててくださいね。」

…確かに優しく気遣われてるなぁと感じることはできますが
2~4の実感、つまり家族から褒められたり、
家族の役に立ってるとか必要とされているという実感は
全く感じることができないんじゃないでしょうか。

つまり、ただ生きているだけで、生きていることに喜びを感じられない??

うまくいえないんですけど、
ジジ・ババの皆さんは、隠居して、ただただのんびり過ごすよりも
われわれ若いもんからおもいっきり必要とされて、頼られ、あてにされて、
できる限り、できる範囲で社会の戦力として存在し続けることの方が
よっぽどうれしいんじゃないかと…。
(もちろん若もんがジジ・ババに最大限の敬意を払うのは当然ですけどね。)

「お前ら若造はまだまだじゃの。なっ、ワシじゃなきゃダメだろ?」
「さすがジイちゃん、頼りになるねぇ」

「やっぱりバアちゃんがやらなきゃ、うまくいかないよ」
「なに、これくらいのこと、アタシに任せときなさい。」

こういう方がやっぱり嬉しいし、生きている喜びを感じるんじゃないかな?

ジジ・ババが時間を持て余して意味もなく早朝から夜中まで
その辺をプラプラ散歩しているだけの精気を失ったような街から、
必要とされてやる気満々の活きのいいジジ・ババと、
われわれ若もんが一緒になって社会を動かす、活気があふれかえる街へ。

「高齢者はのんびりゆったり過ごしてもらわなければいけない」
「我々若い者が高齢者を支えていかなければならい」
という、これまでの考え方とそれに基づき構築されてきた社会制度から、
その考えとジジババへの敬意をベースにしながらも
ジジ・ババに生きる喜びを感じてもらえるような、
ジジ・ババパワーをフルに生かせるような社会へ大転換することが
少子高齢者化が進むこれからの日本に必要な事なのかもしれない…。


ジジ・ババに力とやる気がみなぎり、元気になれば、
労働人口の減少とそれによる税収の悪化、
年金・医療や介護負担増大といった諸問題が
一気に解決するかもしれませんしね。(ニヤッ)



もうすぐ「敬老の日」です。
「敬老」の意味を今一度考えなおす時期に来ているのかもしれませんね。






…どう?

普段くだらない事ばかり書いてますが、ちっとは真面目なことも書けるでしょ?
でも、そろそろ限界ですね。
真面目なこと書くと脳ミソ疲労度は通常時の5倍以上ですから…。




さぁ、疲れたからそろそろ家に

「けいろう」

かな。





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

プロ野球もいよいよクライマックスへ!
三流亭まん丸でございます。

ベイスターズのシーズンは
とっくに終わってますが…。(苦笑)



さて、昨日木曜日は第12回大喜利グランプリの結果発表がありました。


 お題その20 甲子園に棲む魔物って試合がないときは何してるの?


結果です。


【優秀作品】

 ★ 「勝利の女神さま」と次の試合内容の打ち合わせ。

            … 第1位 36.1pt

【次点作品】

 ★ 地方球場へ出稽古。
 ★ だいたい阪神競馬場か、住之江競艇場で、日々勝負勘を養っている。
 ★ グラウンド整備係の格好して、グラウンドのあちこちにネタを仕込んでいる。


【番外・講評】

 ★ ロンドンオリンピックの柔道会場にいたよ。
 ★ 地味な格好してるから目立たないだけで、ほら、今あなたの横に…。
 ★ 家で、試合のビデオを見ながら反省会。
 ★ 嫁の格好をし、オレの家のソファで寝そべり、せんべい食べながらテレビを見ている。


皆様からの心温まる「ポチッとな」のお陰さまで
第1位入賞&ポイント獲得することができました。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。



野球は筋書きのないドラマだ!


なんていうフレーズをよく耳にします。

 3点差を追う9回裏2死満塁。
 3ボール2ストライクのフルカウントから
 快音を残してオレのバットが放ったレフトへの放物線は、
 ベンチ、応援席、そしてオレの思いを乗せて
 外野スタンドへ深々と吸い込まれていった…。


ドラマやマンガでこんなシーンがあったら
「ケッ!そんなにうまくいくわけねぇじゃねぇか」
ってとこでしょうけど、実際には起こるんですよ。
こんな劇的で奇跡的な感動のシーンが!

そして、この奇跡の感動ドラマの演出家は
「魔物」と「勝利の女神」ってことなんでしょう。

甲子園の魔物とは、全く縁のなかった元球児ですが
これからは息子と一緒にやっている少年野球で
お世話になると思います。

「魔物」と「女神」のみなさん、
どうぞ、お手柔らかに…。(笑)



以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

今回は超短縮版。
三流亭まん丸でございます。

先日夕方のこと。
40歳くらいのスーツ姿のお父さんと5歳くらいの男の子が
お話しながら手をつないで歩いていました。
どうやら保育園からの帰りのようです。

 子 「ね、ね、お父さん、AKBがさぁ…」
 父 「何度も言うけど、あれはAKBじゃないんだよ。」
 子 「え~、たくさんいてみんなで歌って踊っているじゃん。絶対AKBだよ。」
 父 「あれはね、乃木坂46っていうグループなんだよ。
    去年の8月に、オーディションを通った36人が
    AKBの公式ライバルとしてお披露目されたんだ。
    9月に吉本彩華・山本穂乃香っていう娘が2人辞退して34人で1期生がスタート、
    10月に【ぐるぐるカーテン】でCDデビューして…」(と速射砲のように熱く語る)
 子 「…。(唖然)」
 父 「まだ、ちょっと難しかったかな。(苦笑)
    ま、お前も大人になったらわかるようになるよ。
    はっはっは!」


…そんなもん、一生わからんでもよろし。



以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.