FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

この1週間、珍しく凹んでいた
三流亭まん丸でございます。

仕事でどうしても納得できない
理不尽なことが立て続けにおきまして。

…気持ちがいくら凹んでても、
おなかは全く凹まないですねぇ。(苦笑)



ということで、昨日木曜日は第12回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 
 お題その5 この度、発表された恐竜に関する大胆な仮説とは?


結果です。

【優秀作品】

 ★ 実は優しい。   (第4位入賞 21.9pt獲得)


【次点作品】

 ★ 争い事が起きると、力ではなく話し合いで解決した。
 ★ 大事なところは葉っぱで隠していた。
 ★ 歩き回るたび、タラちゃんが歩く時の音がしていた。


【番外・講評】

 ★ 実は着ぐるみで中にマンモスが入っていた。
 ★ 見た目の割には肌触りが良い。


皆様方からの心温まる「ポチっとな」のお陰様で
第4位入賞&ポイント獲得することができました。
心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。


さて、恐竜。

子供はみ~んな恐竜好き、なんて言われてますけど、
私が小さい頃は、全然興味がわかなかったですね。
どちらかというと太古のロマン派ではなく
宇宙とかロボットだとかの近未来派少年だったんですよ。

夏休みによく大恐竜博なんていう博覧会が催されていますが
「骨なんか見て何が面白いの?」ってな感じで
全くといっていいほど行ったことはありません。
逆に「月の石」が公開されたときなんかは、延々と並ぶのを全く苦にせず
目の当たりにした瞬間ものすごい感動したのを覚えてます。

「石なんか見て何が面白いの?」っていわれそうですけど…。(苦笑)

だから映画も、「ジュラッシクパーク」よりは「未知との遭遇」「ET」って感じ。
でもね、恐竜モノで観てよかったなぁと感動した映画がたった1つだけあるんですよ。

 「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」

連れてった長男そっちのけで、とめどなく溢れでる涙をぬぐおうともせず
感動に浸っておりました。

のび太と恐竜ピースケの別れのシーンなんか、もう…。

「ピースケ~ッ!!」

「ピ~ッ!!」

…文字に起こすと何だかよくわかりませんが。

スキマスイッチの主題歌「ボクドラえもん」、
いやいや「ボクノート」も良かったなぁ。

今宵は「のび太の恐竜」のDVDでも鑑賞して
凹んだ気持ちを癒すとしますかね。



では、そろそろシメ。

 「恐竜」とかけまして
 「宇宙戦艦ヤマト」とときます。

そのココロは?

 …回答、わかっちゃいました?

  ではご一緒に。 せ~の!!

 「 活躍したのは古代 」



以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

恋愛は、爆発だっ!
三流亭まん丸でございます。

岡本太郎さんじゃありませんよ。


さて、昨日木曜日に第12回大喜利グランプリの結果発表がありました。

 お題その4 名言「恋愛と(?)は似ている」を完成させてください。

結果です。


【優秀作品】

  …ノミネートなし。

【次点作品】
 
 ★ 恋愛と(魚介類)は似ている。(鮮度を保つのが難しい)
 ★ 恋愛と(世界に一つだけの花)は似ている。(どれ一つとして同じものはない)
 ★ 恋愛と(天災)は似ている。(忘れた頃にやってくる)


【番外・講評】

 ★ 大相撲。(押したり、引いたり、突き放したり…)
 ★ ブレーキのきかない車。(走り出したら止まらない)
 ★ 濃厚とんこつラーメン。(ドロドロしているがやめられない)
 ★ 巨人の星のテーマ曲の冒頭。
 ★ 新発売のカップラーメンにお湯を注いで待っている3分間。


優秀作品ノミネートはなかったものの、
なかなか良い成績を残すことができました。
第12回もまだまだ序盤戦ですが、いい感じの滑り出しですねぇ。


さて、このお題ですが
どうしても謎かけになっちゃうんですよね。
たとえば、こんな感じ。

「恋愛」とかけまして、
「大相撲」とときます。

そのココロは

「押したり、引いたり、突き放したり、押し倒したり…」


この「とくモノ」を、お題の「恋愛と(?)は似ている」の(?)にあてこむ
みたいな感じになるわけです。

10個くらいはポンポンと整えられた…捻り出せたんですけど、
そこから結構生みの苦しみを味わいましたねぇ。

頭の中が、「恋愛」で爆発しそうになりましたよ。(苦笑)

もっと気軽に、特に意味が無くても勢いとかなんとなくの雰囲気で
(?)に言葉をあてこんでも良かったのかもしれませんが…。
なんか自分で自分に縛りを加えちゃったかなという感じでした。



ということで、そろそろシメ。
最後も「恋愛」関係でなぞかけを。

1つ目。

「恋愛」とかけまして
「ドライブ」とときます。

そのココロは?

「遠距離はきつい。」


2つ目。

「失恋から立ち直る」とかけまして
「いかりや長介の司会進行」とときます。

そのココロは?

「次行ってみよ、次!」


3つ目。

「恋愛に対する行き過ぎた妄想」とときまして
「ドラえもん」とときます。

そのココロは?

「こんなこといいな できたらいいな…
あん、あん、あん とっても大好き… ♪ 」


4つ目。

「恋愛のはじまり」とかけまして
「草野球した翌日」とときます。

そのココロは?

「片思い(肩重い)かな?」


5つ目。

「恋愛に夢中の女子」とかけまして
「めちゃくちゃ弱い剣道部員」とときます。

そのココロは?

「いたるところ、好き(隙)だらけ。」


6つ目。

「恋愛上手な彼」とかけまして
「おいしいぜんざい」とときます。

そのココロは?

「決め手はマメ(豆)さ。」


最後。

「恋愛の真実」とかけまして
「石田純一のこだわり」とときます。

そのココロは?

「儚い(履かない)。」





以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




どうも。

ブログを書かなければ!
三流亭まん丸でございます。

…みたいな強迫観念に駆られると
逆に書けなくなっちゃいそうです。

「書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書けばいい」
くらいの心づもりでいると、気楽に書くことを楽しめそうですけどね。

実は、今なんとなく記事を書いてますけど、
特別に書きたいことはないんですよ。

書いていても何も思いつかないし、それゆえ全く内容がないし、
今、このブログを訪れてくださっている皆様にとっても
全く無意味な時間になっているかもしれません。

自分でも書いていて、
何をどう書いていいのかまったくアテもないんですけど、
方向性も構成も推敲もされずに書かれているこんな文章でも
こうやってダラダラと書き綴られていると
一応記事らしくなるから不思議なもんです。
なんとなく書かれている内容を目で追ってしまうでしょ。

でもやっぱり読んでいても実になるような内容は皆無。(苦笑)

書くことがないなら書かなきゃいいじゃないか!
というご意見、ごもっともであります。

でもよく考えてみましょう。

「書く」という行為は、頭の中の考えや心の中の思いを
文字として表現し記録として残すという手段なわけです。
一方、人間という生き物は、日々生きていく中で、
「全く何も考えていない。全く何も感じていない。」
という時間はほとんど皆無ですよね。
心のセンサーは常に微かなことにも敏感に反応し、
頭の中の計算機はカタカタと音を立てて
答えをはじき出そうとしているのです。

つまり、頭と心が常に反応し何かを感じているということは
いかなる時もそれを表現することができるわけで、
イコール何かしら書くことができるといえるんですよね。

簡単にいえば、
どうでもいいようなことを考えていたらそのどうでもいいようなことを
たわいもないことを感じていたらそのたわいのないことを
エッチな妄想をしていたらその妄想のことを、書けるということです。
それが意味のあるような内容かどうかはわかりませんが…。

なんかもっともらしいことを書いていますが
実はもっともらしくないことをもっともらしく書いているだけであって
自分で書いていてもよくわかってないです。(笑)

ま、こんなこと書いていると
頭と心が反応していない時は書くことがないのでは? 
なんていう、鋭いツッコミを入れられそうですね。
たとえば、寝ているときとか。

「なるほど、そりゃそうだな。」なんて、
そのツッコミに感心しちゃったりするんですけど
もっともらしくないことをもっともらしく書いている以上
感心ばかりしていてもいけないな、とも思いますので
一応反論しておこうと思います。

寝ていてもかけるんです。

「イビキ」はね。


「寝汗」なんかもかけそうですね。


「寝首」も…(怖っ)




…そろそろ、いいですかね。


まったく意味のない内容の記事に
長らくお付き合いくださいまして
誠にありがとうございました。

ここまで引っ張るのは相当しんどかったですよ(笑)。
よくここまで書いたもんだと自分で自分をほめたいと思います。


こんな内容で、赤っ恥かいたかな?




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




どうも。

ゴールデンウィーク、終了。
三流亭まん丸でございます。

漢字で書くと「黄金週間」。
なんだか焼き肉のタレみたい…。


「おう、久しぶりだな」
「へへ、どうも。」
「ゴールデンウィークに有休組み合わせて、半月休んでどこ行ってたんだ?」
「まぁちょっと、ハワイにね。」
「いいねぇ。のんびりできただろ。満喫したか?」
「…まあね。」
「なんだよ、うかない返事して。」
「実は最初は満喫してたんだけど、残り3日くらいになったら日本に戻るのが嫌で嫌で…」
「…そういうの、なんていうか知ってるか?」
「いや、知らん。」
「ブルーハワイっていうんだよ。」



結婚を控えた女性が、直前になって急に不安になってしまうことを「マリッジブルー」
日曜日に明日から会社に行くのがが嫌になってしまうことを「サザエさんブルー」
なんていいます。

でも世のお父さん方は、
ゴールデンウィークだけは終わる直前より
来る直前の方がブルーになるんじゃないでしょうかね。

のんびりゆったり過ごしたいのに
嫁からは粗大ごみ扱いされ、子供のどこか連れてけ攻撃に、
家の雑用をやらされ、さらにはなけなしの小遣いをむしりとられ…。

ゴールデンウィークではなく、ブルーウィークかもしれません。

でも、終わりましたよ。
次のお盆休みまで、ゆっくりのんびり会社で羽を伸ばしてくださいね。



以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。

お休みは、カレンダーの曜日通りです。
三流亭まん丸でございます。

今日は木曜日なので、もちろん「仕事」です。


普段ですと毎週木曜日に結果が発表される第12回大喜利グランプリなんですが
今週木曜日が休日ということで、昨日水曜日に結果発表となりました。

…別に休日に発表でも、私は一向に構いませんけどね。(笑)


 お題その3 カラオケのリモコンに新機能「盛り上げます」ボタン。押すとどうなる?


結果です。

【優秀作品】

 ★ 「いいね!」にカウントされる  (第6位 12.5pt)


【次点作品】

 ★ 歌声が、ヘリウムガスを吸った声に!
 ★ 伴奏が「祭り囃子モード」に切り替わる。
 ★ 後ろの幕が開き、控えていたフルオーケストラの生伴奏に切り替わる。


【番外・講評】

 ★ フラワーダンシングチームが登場し、舞台を彩る。
 ★ マイクの先から、ハトが飛び出す。


皆様からの心温まる「ポチっとな」のおかげさまで
第6位入賞&ポイント獲得することができました。
心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

大学生・サラリーマン時代は毎晩のようにカラオケで熱唱してました。
でも、カラオケボックスにはあまり行かなかったです。

じゃ、どこで歌ってたのかって?

渋谷の東急ハンズ裏路地の雑居ビル2階に
15人くらいで満席になってしまうこじんまりとしたカラオケ居酒屋がありまして
そこが私のメインステージでした。

いろいろ歌いましたよ。
演歌・ムード歌謡・懐メロに
フォーク・ロックにニューミュージック、
ポップス・GS・アイドル、アニメソング…。

北島三郎の「風雪ながれ旅」を歌ったときは
見るからに北島三郎風のオヤジが、コップの冷酒をグイッとあおりながら
「よう、あんちゃん。あんちゃんが歌うオヤジの歌は…、いいねぇ。」

DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」を歌ったときは
30歳くらいの美しい女性が瞳を閉じたままポロリと涙を一滴こぼして
「わたし、淋しい…。奪い去って…。」(奪い去りませんでしたけど)

な~んていう夜もありましたね。


オールナイトで歌い続け、気が付けば始発直前。
いかなる時もステージのラストを飾るナンバーは、

 佐野元春 【 SOMEDAY 】


街の歌が聞こえてきて
真夜中に恋を抱きしめた 
あの頃 踊り続けていた
夜のフラッシュライト浴びながら
時の流れを感じないまま…

信じる心いつまでも SOMEDAY ♪



…歌手になれば良かったかな。(笑)



ま、思い出話はつきませんが、
そろそろ締めましょうね。

では、なぞかけを1つ。

 「カラオケ」とかけまして
 「ゴルフ」とときます。

そのココロは?

 「ラストは十八番。」




以上 まん丸でした。


ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.