FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

どうも。

野球部の先輩との会話で許されるのは次の3つの決まった言葉だけ。
三流亭まん丸でございます。

  「はいっ!」
  「んませんっ!」 (すいません)
  「したっ!」 (ありがとうございました)  

…なつかしいなぁ。

あっ!○○先輩がきた!

  「ちわっすっ!」

    ゴンッ!

 「声がちっちぇっ!(怒)」


…これも毎度、決まったパターン。




国会答弁は2つの答弁を覚えておけばいいらしいですよ。

  「個別の事案については答えを差し控える」
  「法と証拠に基づいて適切にやっている」

柳田法相のこの発言に対し、
「国会軽視だ!大臣としての資質がない、辞任しろっ!」」
と野党が一斉に猛反発し、国会が紛糾しています。

…あ~、くだらない。

私から言わせてもらえば
外交・領土・財政・雇用・景気といった国の一大事そっちのけで
どーでもいいようなことばっかり追及しているセンセイ方も
国会議員としての資質のカケラもないですよ。

彼らだって、何かあれば
  「誠に遺憾であります。」
どうするんだと問い詰められれば
  「前向きに善処したいと考えております。」
って、お決まりの答弁しておけば大丈夫だと思っているんですからね。

失言する側、追及する側、どっちもどっち。

  風の谷のナウシカ …
  同じ谷のナウシカ …
  同じ穴のナウシカ …

「同じ穴のムジナ」ってことです。



そもそも資質がない人(=アホ)に、
国の舵取りやムズカシイ話なんかできるわけないんですよ。
なのによ~く考えもせず、「 ミニバン・レイバン・ピップエレキバン 」 …
じゃなくて、「 地盤・看板・カバン 」の3バンだけで、
そのアホ(=資質がない人)を選んでしまったのは、いうまでもなく有権者の私達。

…ということは、私らも「同じ穴のナウシカ」ということですね。


こうなってくると

  目クソ、鼻クソを笑い、見ていた耳クソも大笑い。
  結構毛だらけ猫灰だらけ、おケツの回りはクソだらけ。
  もうどうにでもなりやがれ~

って感じ?



それにしても、脳みそ筋肉君ばかりだった野球部よりも
国を動かすセンセイ方が覚えなきゃならない言葉が少ないというのは
「いかがなものか?」と思いますね。


…「いかがなものか?」 

これもセンセイ方がよく使うお決まりの言葉ですね。
彼らの口からこの言葉を聞くたびに


そんなもん、知るかっ!
気どった言い方してないで、ダメならダメとはっきり言いやがれ!



と、お決まりのツッコミいれているのは、決して私だけではないはず…。





以上 まん丸でした。



【追記】

公務員の政治的中立性についての国会答弁で、仙谷官房長官が
「自衛隊は暴力装置、ある種の軍事組織。特段の政治的中立性を確保しなければならない。」
と発言したらしいです。

いいたいことはわかるんだけど、「暴力装置」という言い方はないよねぇ。
そんな乱暴な言葉を用いたら、大騒動になることくらいわかんないかなぁ。

「強大な殺傷能力を有する火器を保持し運用する組織」くらいのこと、言えないのかな。

やっぱり、TPOに応じた言葉の使い方を知らない、いや言葉そのものを知らない

  アホ = 資質なし 

ってことを再確認させていただきました。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

いろいろありまして、今は 「待てば海路の日和あり」 の心境…。
三流亭まん丸でございます。

しっかし寒いですねぇ。

こういう日は 「 持てば懐炉の火、予備あり 」 だと心強いですね。



さて、世間では今日11月15日は 「七五三」。

旧暦の11月は収穫を終え神に感謝する月、そして15日は満月。
その日に氏神様に1年の収穫への感謝をする慣わしがあり
一緒に子どもが1年間健やかに育つことが出来たことへの感謝も行ったことが
きっかけだそうです。



 A 「お前の息子、この間の日曜日、七五三だったなぁ」
 B 「何言ってんだよ。もう11歳だぜ。しかも日曜日は少年野球の試合だったぞ。」
 A 「でも、オレ見たよ。お前の息子のこと。」
 B 「どこで?」
 A 「河川敷のグラウンドで。」
 B 「何着てた?」
 A 「ユニフォーム。」
 B 「何してた?」
 A 「バッターボックスに立ってた。」
 B 「そんでどうした?」
 A 「レフト前に火の出るような凄い当たりの強烈なゴロを打った。」
 B 「ほれ、みろ。野球やってたんじゃないか。いい加減なこと言うな」

 A 「まぁ最後まで話を聞けって。
   1死1・2塁でお前の息子が打ったレフト前の痛烈なゴロ、
   あまりに打球が速すぎてレフトから3塁へ送球されて2塁ランナーが3塁でフォースアウト、
   すぐさまサードが1塁へ送球してお前の息子も1塁でアウト。」

 B 「ということは…?」
 
 A 「お前の息子は、7-5-3(のダブルプレイ)だったということさ。」




…野球がわからない人には全く面白くないネタでしたね。






以上、まん丸でした。

ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。


ワセダ・斎藤佑樹君の学生最後の大会・明治神宮野球大会が今日開幕。
チームメイトの話によると、この間の早慶優勝決定戦後の
「斎藤は何か持っているといわれてきました。それは仲間です。」に続く、
爽やか感動コメントをいろいろ考えているらしい。


「斎藤は何か持っているといわれてきました。それは…

 2頭の牛 です。」


名門・ワセダの学生ならこの程度のアカデミック・ジョークは
かましてほしいけど…。

「政経」じゃなきゃ、無理かな? 

ウッシッシ。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



どうも。



尖閣映像を流出させた海上保安官が、
機密漏洩・守秘義務違反の容疑で捕まっているというのに、
流出前に絵や模型を使ってあの映像の内容を
得意満面な顔で事細かに説明していた国会議員のセンセイ方が
何のおとがめもうけないというのは、摩訶不思議。

あれこそ、機密漏洩だろう!




結局、この騒動で再確認できたことといえば
隠したがる秘密っていうもんは、ばれたとき広まるのが早いってことくらいかな。

「お前、クラスの女子で誰が好きなんや?」
「絶対言うなよ。秘密だからな!…●子だ。」

次の日の朝、教室の黒板には、大きな大きな愛愛傘…。


ひみつ、ねぇ…。






ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







どうも。

三流亭まん丸でございます。

ブログを書いている時間や余裕はないんだけど
「なんか一言、言いたいんだよなぁ」って時、ありますよね。
そういうときは、一言だけぼやかせて頂きます。

題しまして、 

 「 放言 」

…それでは、記念すべき第1回目の放言です。




駅前に、50代くらいのオバちゃんが、うじゃうじゃ大集結してた。
気持ち悪くなるくらい異様な昼下がりの光景だった。
なんでも駅近くの劇場で、大人気の若手韓流スターのコンサートがあるらしい。

「もっと若い娘にモテてぇよな~。」

…これがオバちゃんに大人気の韓流スターの本音だろう。


サンドイッチ = パンニハム、ハサムニダ。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村




プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.