まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2010年05月29日 (土) | 編集 |
どうも。

もうすぐワールドカップ、
三流亭まん丸でございます。

Wカップですか…。

超巨乳ですね。( ← レッドカード!)



こう見えても私、野球バカなのでほとんどサッカーのことがわかりません。
そこで「ヤホー」(ヤフーね)でいろいろ調べてみました

今回のワールドカップヌードル、(ヌードルはいらない)
予選にはなんと199もの国・地域・市町村が参加したそうです。(町とか村は出てねぇだろっ)
その予選を勝ち抜いた32チームが南パフリカ(南アフリカなっ)で開催される本大会へ出場し 
歯列矯正(熾烈な戦い、歯直してどうすんの?)を繰り広げるのだそうです。

どうやって優勝を決めるかっていいますと

まずは32チームを4チームごとベンザブロック(カゼ薬じゃねえよ。8ブロックに分けるの!)にわけて
各リーグ上位2チーム・16チームが決勝トリートメント(トーナメント!整えてどうする?)で戦うんだそうです。

さて日本代表。
監督は「岡ちゃん」こと、故・岡田真澄さん。(ファンファン大佐じゃん!しかも死んでるし)
そのT-岡田(オリックスの4・番・打・者!)、大会前に凄い目標を掲げてましたね。

「ママでも金、議員でも金」(そりゃヤワラちゃんだぞ、おい)

岡田監督はヤル気満々のようですが、
同じリーグには強いチームが揃っていて、決勝パーマネント(トーナメント!2回目だよ、もう)進出は
なかなか厳しいなんていわれてます。

どんなチームが同じリーグにクジラ(いるかでしょ。細かいなぁ)というと

 北海道日本ハムファイターズ
 東北楽天ゴールデンイーグルス
 千葉ロッテマリーンズ
 埼玉西武ライオンズ
 福岡ソフトバンクホークス…

(そりゃ、パリーグ! ん!? じゃあ岡田監督ってオリックスのなの?)

まあ、勝負は身も蓋もない(「蓋を開けてみなければわからない」でしょ)といいますから
是非ともモンゴル代表(日本代表!白鵬になっちゃうじゃん)には頑張ってもらって、
予選突破できないなんて言っているショッカー(サッカー!地球征服してどうするの?)解説者達を
「ダッフンだ」(「ギャフン」だろ)といわせて欲しいと思います。

もう、いい加減にしろっ!

どうも、ありがとうございました。


… ナイツ風?





ショッカー・ワールドカップ・ヌードルのこと、わかりましたか?


以上 まん丸でした。



ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村














2010年05月28日 (金) | 編集 |
どうも。


第2回目の事業仕分け終わりましたね。
三流亭まん丸でございます。

「資料のコピー代、1枚50円って高くないですか?」
「一枚一枚、丁寧にきれいにやらなければならず、その分手間がかかりますので…」

…自分でやりますから10円にしてください。

無駄ですねぇ(苦笑)。


さて前回は、弟弟子の●(黒丸)が失礼なお話をいたしまして申し訳ありません。

これからは「このブログ、無駄じゃない?」と仕分けされちゃわないように
一つ一つ丁寧にきれいに手間をかけて記事を書いていこうと思いますので、どうかお許しを。



ということで、お詫びといっちゃあなんですが一つお噺を。



左官職人の金太郎、書付けと印形、そして3両入っていた財布を拾います。
書付けのあった大工の吉五郎へその財布を届けようと長屋にやってくると…。

 金太郎 「この財布、おめえのもんだろう。受け取りな」
 吉五郎 「書付けと印形は受け取るが、落とした金はもう俺のもんじゃねぇ。持って帰れ」
 金太郎 「そんなはした金が欲しくて届けたんじゃねえ。つべこべ言わず受け取れ!」

この二人の意地の張り合い、「受け取れ」「受け取らない」で口論となり
ついには取っ組み合いの大喧嘩となりました。

…結局この騒動の件で、2人は南町奉行所へ呼び出され大岡越前守の調べが執り行われることに。


2人から事の経緯を聴いた越前守、
「この3両を越前が一旦預かり、その上で両名に2両ずつ褒美として下げつかわす」
という裁きを下します。

越前守曰く
「金太郎はそのまま届け出なければ3両、吉五郎はそのまま受け取っていれば3両手にできたはず。
越前守は両名に2両ずつ与える為に、預かった3両に1両を自腹で付けたさなければならず、
両名は3両のはずが2両ずつの取り分になってしまったというわけであるから、
3人ともに1両ずつ損をしたわけだ。つまり『三方1両損』。」

金太郎・吉五郎、共に納得の名裁きとなりました。


この裁きの後、金太郎・吉五郎に食事が出されました。
普段イワシしか食べたことがないのに、鯛の塩焼きが出されたこともあり
2人はがっつきむしゃむしゃと頬張ります。

 越前守 「これこれ、いくら空腹とはいえ、食べ過ぎないようにな。」
 金太郎 「多かぁ(大岡)食わねえよ」
 吉五郎 「たった、一膳(越前)」




…これは 『 三方1両損 』 というお噺。

江戸っ子気質の心意気と、大岡越前守の名奉行ぶりが見事に描かれていますね~。




この噺、今の混迷極まる普天間基地移設をめぐる状況に似てないですかね。


 「基地の県外移設で負担軽減を願う沖縄住民」
 「新たな負担を強いられるかもしれない移転候補先の住民」
 「沖縄県内辺野古移転を希望するアメリカ」



全員が全員100%満足できるような100点満点の解決策は現状ではありえません。
今すぐこの世界から紛争や対立が無くなり軍隊・軍事力が必要なくなるなんてことはありえないから…。

ならば「みんながみんな、ちょっとずつ折れ、我慢をし、同等の負担を行う」という
『三方1両損』的落とし所を模索するのが最も現実的な解決策なんでしょう。


…でもね。

アメリカには「トラストミー」
沖縄県民には「最低でも県外」
そして「私には腹案がある」と豪語し現地への説明も根回しもなく徳之島を突然移設先候補に挙げるような、
会う人すべてにいい顔し、思いつきやその場しのぎの発言に終始して
思慮深さも将来のビジョンのかけらもないリーダ・ハトヤマに
『大岡裁き』のような名裁きができるとは到底思えませんねぇ。

案の定、誰からも会談を拒否されて八方塞りとなり、
都道府県知事さんを集めて「沖縄の負担を受け入れてくれるところ、手~挙げて!」…。

小学生の学級会じゃあるまいし…。





それにしても、レンホーさんたち仕分け人の皆さんはよく我慢してますね。

何よりもまず民主党の中にいるこういう無能・無駄な方々を仕分けして
参院選前に廃止したいんじゃないでしょうか…ねぇ?




以上 まん丸でした。





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村














































2010年05月26日 (水) | 編集 |
どうも。


もうすぐ衣替えです…ムフッ。
三流亭●(黒丸)でございます。


お久しブリ大根。
いつも兄弟子のまん丸が大変お世話になっております。

…私が登場したということは、今回は「シモ」系のネタでございます。





私、カチっとしたスーツをビシッと着こなしている女性に魅力を感じます。
紺のタイトスカートに白いブラウス(YシャツでもOK)、そして紺のジャケット。

…いいっすねぇ。


そして、夏の姿はもっと好きです。

ジャケット片手に、白いブラウス姿で颯爽と歩くその後ろ姿。
そのブラウスにうっすらと浮かび上がるブラのライン…。
ちょっと細見で、セミロングの黒髪をポニーテールにしていたら…

   パーフェクト!

もう、何も言うことなしですね。


ずっと君の後ろ姿だけを見つめていたい…。 (って、変態かっ!)



つまりね
普段カチっとしていて全く隙がない女性が、
無意識やちょっとした油断から見せた「隙」をチラッと垣間見た時に
男っていう生き物はエロスを感じ一気に燃え上がるものなんです。

「見えそうで見えない」「チラリズム」こそ

  THE 永遠の男のロマン



こういう感じ、わっかるかなぁ…。



だからね、全開「モロ出し」系の、雑誌グラビアやアダルトDVDは正直なところあんまり…。

「どうぞ、好きなだけご覧あれ!」よりも
「えっ!?見えちゃったの?いやん、恥ずかしい…。」のほうが、
ドキドキしません?

まぁ、モロでもチラリでも、見れれば見れたでそれなりに嬉しいですけど…。




ところで、最近若い男子の間に学生服のズボンやジーンズなんかをずり下げてはく
「腰パン」なんていうファッションが流行っているそうで…。

あれも、パンツ「モロ出し」なんですよね。

男のファッションってのは究極のところ「女性にモテたいがためにする」ものだと思うんですけど
あれだけ堂々と薄汚ねぇパンツ見せられたら逆効果なんじゃないでしょうかね。



私の「見えそうで見えない」「チラリズム」理論によれば、

  キッチリはいたズボンの社会の窓からパンツがチラ見え

の方が、男の色気をより強く女性に感じさせハートを燃え上がらせる効果があるんじゃないかと…。




ちなみに私はあの「腰パン」が大キライなもので、もし見かけたら
そ~っと後ろから近づいてパンツを掴み一気に膝までずり下げてやろうと思ってます。
そしてスタコラサッサと逃亡する…
いくら足が遅くたってそんなかっこうしてる奴には絶対に捕まるわけないですから!!



…下半身モロ出し、剥き出しとなったあまりに立派なムスコの雄姿に、
世の女性の視線は釘付けとなり一気に燃え上がってしまうかもしれませんね~。





ということで、今回は三流亭●(黒丸)がお送りいたしました。


私の靴下は今、途中まで脱いでかかとだけチラ見せ状態です。

どうです? 男の色気を感じます?




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



























2010年05月25日 (火) | 編集 |
どうも。

魁皇関が通算1000勝を達成!
三流亭まん丸でございます。

素晴らしいですね。

取り組みは一日一番しかないので、
どんなに頑張っても一つずつしか白星を積み重ねられません。
魁皇関の御両親・ファンの皆さんは、きっと1000勝到達を
首を長くして待っていたのではないでしょうか?

…「一日千勝(千秋)の思い」





さて、昨日月曜日は「お笑いなネタ帳 大喜利グランプリ」の結果発表がありました。




第203回お題「様々な宇宙人が暮らす惑星の厳しいルール(マナー)とは?」(応募総数1198ボケ)

結果は…?


【優秀作品】

  ★「相手が人差し指を出したら、その指に自分の人差し指をくっつけなければならない」

      … 第4位入賞 (18.8pt獲得)


【次点作品】

  ★「絶滅危惧種は保護しなければならない。特に地球人。」
  ★「インベーダーゲームは厳禁。」


【番外作品!】

  ★「お酒は20歳になってから。」


第4位入賞です。
皆さまの心暖まるポチッ、心より御礼申し上げます。


宇宙人同士のルールか…。

宇宙人と揶揄されているリーダー・ハトヤマの
「UFO基地は最低でも圏外(大気圏?)」
という約束が守られるかしっかり監視することでしょうかね。





もうひとつ。

第204回お題「ディープなラーメンマニアなら聞いただけで行ってみたくなるラーメン屋の店名とは?」
の優秀作品ノミネート作品が発表されました。(応募総数1293ボケ)


結果は?

   …ノミネートなし。


このお題は、ゴルゴ13に照準を合わせられたターゲットのように全くのお手上げでした。
何をどうやってボケていいものやら…。

だいたい私自身
「サッポロ一番・塩ラーメンこそNo1」
「ラーメンなんて並んでまで食うような食べ物じゃない」
と思っている人間なんで、ディ-プなラーメンマニアの考えていることが全く理解できない…。

あっ!

ラーメンをこよなく愛するマニアの皆さんに、ひどいこと言ってしまいました。

  ご麺ね、ご麺ね~


「自分は不器用な人間なもので「来々軒」しか思いつかなかったです。すいません。」(by 高倉軒…健)



…記憶の中から消し去りたいような1週間でした。



最近「よしきたっ!」と妄想がどんどん膨らみ想像力をかきたてられるような
私好みのお題が出ませんね。

この種のサイトは
日頃のフラストレーションを発散するために楽しんで投稿するくらいが丁度いいんでしょうけど
最近はもがき苦しみながら必死にボケをひねり出しているような…。

苦しんでまでボケるのは本質と違うような気がしますので
この期が終了したらちょっと取り組み方を見直そうかなぁと思ったりもしていますが
その一方で、魁皇関のように一つずつ積み上げて続けて行くことが大事なのではないかな?とも…。

…どうしようかなぁ。



ということで最後に「ラーメン」でなぞかけを。


『日本の伝統のお祭り』 とかけまして
『うまいラーメン』 とときます。

そのココロは?


  『山車(ダシ)が、メイン(麺)を引き立てます。』






以上 まん丸でした。




ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村













2010年05月21日 (金) | 編集 |
どうも。


「春眠 暁を覚えず」
三流亭まん丸でございます。

この詩の意味は「春は陽気が良くてついつい寝坊しちゃいます」ではなく
「春になると冬に比べ日の出が早くなって、いつも通り起きる頃にはもう夜が明けちゃってます」
だそうですよ。

…って、もう春じゃないか。





さて、金星探査機「あかつき」。
今朝金星に向けてH2Aロケットで飛び立ちましたね。
約半年かけて金星に到達、いろいろ探査してくるそうです。

…「いろいろ」です。(←勉強不足)



ウルトラセブン最終回でアンヌにダンが語った名セリフ。

「僕はM78星雲に帰らなければならないんだ!
西の空に明けの明星が輝く頃1つの光が宇宙へ飛んでいく。それが僕なんだよ」

…「西の空に輝く明けの明星」、それが金星。

ただしウルトラセブンは間違い。
「明けの明星」は昇る太陽の近く「東の空に輝く」というのが正解。

きっとダンは別れを格好よくキメたかったんでしょうけど、ちっとばかし、しくじったかな?


こんなことでもわかるように
金星は別名「明けの明星」「宵の明星」といわれ
太陽との位置関係によりある特定の期間の夜明け前や夕暮れ時にしか見ることができません。

全天でも最も美しく明るく目立ち魅力的に輝く星なのですが、
時によって見えたり見えなかったりと気まぐれで、それゆえ謎が多く神秘的…。

そんな特長が若くて美しい女性を連想させ、
女神さまのいる星「ヴィーナス」と呼ばれるようになったんでしょうね。


是非ともお会いしてみたいですねぇ、ヴィーナスさまに。
きっとそのお顔が美しいだけではなく、お身体もナイスバディなんでしょうから。

…「均整」のとれたプロポーション。


そして街中を颯爽と歩いていたら、男性諸氏の視線を釘つけなんじゃぁないかなとも。

…「見ろよ!ヴィーナス!!」



まぁ、直接お会いすることは死ぬまでない(死んでもない?)と思いますので
「あかつき」が金星を訪れて、ヴィーナスさまにお会い出来た「あかつき」には、
「まん丸がよろしくと申しておりました」と伝えておいてほしいものです。




ということで、最後になぞかけを。


『金星探査機』とかけまして
『使い古された表現・常套句』とときます。

そのココロは?

『(て)あかつき』




そういえば昔、「金星」「明星」「あかつき」という名前のブルートレインが走っていたこと、
覚えてます?





以上 まん丸でした。


  よっ ベイビシーズ がってん ♪ (長山洋子 『ヴィーナス』♪)





ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村