まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 
2009年03月28日 (土) | 編集 |

ということで、引き続き2回目。

第9回・第10回のカプ喜利投稿の中から、独断と偏見で気にったボケ
を選んでみたいと思います。

それでは、≪選者・まん丸によるカプ喜利傑作選?≫

始まり、始まり~。



【第9回大会】

・お題「テーマパーク「夢の国」。せっかくの名前がぶち壊しなことは?」

  →「魔女がおかんだった。」(コーヒーさん)

(評)
 これは有無を言わさず、雰囲気ぶち壊しですね~。
 でも「夢の国」でよかったですよ。石鹸ランドで出くわしたらと思うと…。



・お題「ウスカゲ係長。本日13回目のため息。その理由は?」

  →「FAXからスルメが次々出てくる」(ビヨヨンセさん)

(評)
 これは笑いましたね~。その場に出くわした人々がどんな反応をしたかと想像するだけで
 もう笑いが止まりませんでした。ひたすら食べたのかな?



・お題「えっこれが!?大ベストセラー!泣けると評判の小説の書き出しとは!?」

  →「我輩は30歳である。仕事はまだない…」(まつさん)

(評)
 泣ける…。これは泣けます…。
 あまりにも有名な文学作品と世相を見事に融合させた、ナイスボケでした。



・お題「駅近、コンビニ至便、家賃格安…、なのに不人気な物件のワケとは?」

  →「天井から生クリームが染み出してくる」(ずくなしさん)

(評)
 あまりのバカバカしさ(最大級のホメ言葉ですよ!)、素晴らしいです。
 大笑いさせていただきました。
 あり得ないのだけれど、もしそうなったらちょっと怖いですよね。
 でも、おいしければいいか?



【第10回大会】

・お題「駅伝中継の画面の隅にチラチラ気になるものが。何が映ってる?」

  →「子供を引き連れて走ってるスタローン」(だにえるさん)

(評)
 頭の中でロッキーのテーマがエンドレスで駆け巡ります。文句なしに面白い!
 駅伝を走る走者の横で、スタローンが並走している姿を想像しただけで…
 もうったまりません!!



・お題「恋人へのメッセージ。ブレーキランプを7回点滅。何を伝えている!?」

  →「あすからたにん」(ずくなしさん)

(評)
 恋人への甘~い恋のメッセージかと思いきや、残酷な別れのメッセージ…。
 しかも直接言い渡すのではなく、あえてブレーキランプで…。
 はたして、真意は正確に伝わるのか?
 お題の主旨に沿いながら、最も想像できなかった発想のボケ、お見事です。



・お題「「メガネスープ」を辞書で調べると何て書いてある?」

  →「「メガネスーパー」の店長代理」(obasaiさん)

(評)
 初見で思わず唸りましたね。うまいッ!!
 シンプルなんですけど、無理がなく、実際そう呼んでいそうな感じがいいですよね。
 繰り返して読めば読むほど、ジワジワ滲み出てくるような面白さを感じます。



…ということで、誠に勝手ながら個人的傑作選を選んでみました。

こうして振り返ってみると皆さんのボケは素晴らしいですね。
1次予選を突破していないボケの中にもすばらしい作品があるのではないか、
そのすべてを見ることのできるカプ喜利スタッフは何と幸せなことか…。
そんなことを考えながら毎日カプ喜利をチェックするのが楽しみです。

私もポチポチ投稿して、これからもカプ仲間に加えさせていただこうと思っていますので、
よろしくお付き合いくださいませ。



第3回目(11回・12回)は、果たしてあるのでしょうかね…。

  

  


2009年03月28日 (土) | 編集 |

どうも。

今回はいつもと趣向を変えていきます。

私まん丸がカプ喜利へ投稿を開始した第7回大会以降で、皆様の血と汗と涙の結晶である
投稿作品の中から、個人的に大好きなボケ作品を選んでみたいと思います。

何か人のフンドシで相撲を取っている(ネタにしてブログを書いている)ようですが…(苦笑)。

題して、≪選者・まん丸による「カプ喜利傑作選」≫。

まず1回目は、第7回・第8回の中から5つを選んでみたいと思います。

始まり、始まり~。



【第7回大会】

・お題「「とりあえずビール」の代わりに何か注文して笑わせて」

  →「とりあえず、赤く塗ってツノつけとけ。」(指揮官専用機さん)

(評)
 これは笑いましたね~。ほんとその場しのぎの「とりあえず」の対応ですから。
 いったいこの人たちは何をしていたのでしょうね~。



・お題「新郎新婦の入場でビックリ!?何があった?」
  
  →「「2年ぶり4回目」と書かれたプラカードで入場」(ビヨヨンセさん)

(評)
 思わずニヤッとしてしまいました。シュールですね~。
 ちょうど親戚の兄ちゃんが離婚した時期と重なったので、
 余計心に染みた印象深いボケでした。



・お題「渋滞中のカーナビが突然変な情報を!?何ていった?」

  →「出世コースから外れました」(黒猫夜叉さん)

(評)
 これもシュールですね~。そんなこと教えてくれなくたっていいじゃないか!!
 カーナビまでそんなこと言われたら、思わずアクセルペダルを全開に踏み込んでしまいそうな
 衝動にかられてしまいそうで…。



【第8回大会】

・お題「山ごもりして修行してきたカプオ。修行前と何が変わった?」

  →「やたら鳩が集まってくる」(コーヒーさん)

(評)
 絵を想像しただけで大爆笑してしまいました。これは内容云々ではなく
 無条件で◎です。
 でも鳩って何で首を前後に動かして歩くんでしょうね…?



・お題「ヒーローが突然の引退。その理由とは?」

  →「母親をおぶって笑顔で会話している敵の姿を見てしまった」(寝起き大夫さん)

(評)
 どんなに悪い奴だって、両親もいればそれぞれの家族・生活がある。
 やっつけてしまったら、みんな悲しむのだろうなぁ…。はたして俺が守ってきた
 正義とは、何なのだろう…。
 苦悩する正義のヒーローの姿が目に浮かぶ、哲学にも通ずる高尚なボケ。




ということで、その1はこの辺で終了。

近々第9回・第10回大会を対象とした、その2を書きたいと思います。


それでは。


2009年03月27日 (金) | 編集 |

エキシビジョンのお題その1。
お座布団には関係なく、しかも投稿作品オール採用、通常通りの入選発表はあるのか?
…という数々の疑問は残るものの、とりあえずいつも通り個人的に気に入ったボケ
(欲しい欲しくないは別)を3つ選んでみようと思います。


★「スタローンのハム」(ちゃっきーさん)

…これは、きましたね~。
私の笑いのツボにジャストミート!してしまいました。
ハムの包みを左肩に担いで登場するあの伝説のCM!
スタローンのちょっとまがった顔に浮かぶぎこちない微笑み…。
もう、思い出しただけで笑い転げてしまいました。



★「「お笑いとは」を沙織ちゃんに偉そうに語れる権」(背番号7さん)

…沙織ちゃんに、というよりもスタッフに偉そうに語ってみたいですね~。
「お前ら、笑いが何たるかを全くわかっていない!」ってね。
語った後、次のお題から名前だけでボツになったりして…。




★「カプ喜利大全集(内容はスタッフのさじ加減次第、沙織ちゃんの推薦文つき)」(一つの石さん)

…これはねぇ。
代表してこの作品を選んだのですが、ズバリ「カプ喜利」の本が欲しいんですよね~。
他の皆さんも、そうなんじゃないかなぁ~っと。

 ・「没ネタ集(沙織ちゃんのサイン入り)」(てったん♪さん)
 ・「カプ喜利のマニュアル本(カプ喜利スタッフの血と汗と涙のシミ付き)」(勇者さん)
 ・「カプ喜利スタッフのモットー集(沙織ちゃんの批判入り)」(一つの石さん)
 ・「「カプ喜利傑作選(…中略…)」というタイトルの本」(はっぴさん)
 ・「ボツネタ集(再利用可)」(LYONさん)

…などなど。





でも本当はみんな、これが一番欲しいのかもしれません。


★「お笑いの才能」(をづゑゐぢさん)


…「才能とは努力し続ける力のこと」。

日々精進ですね~。


2009年03月25日 (水) | 編集 |

ラクドル沙織ちゃんは次のように自己紹介したそうですよ!


【最優秀賞】

★「ショッカーに改造されました。本郷沙織です」(goo太郎さん)

goo太郎さん、最優秀賞おめでとうございます!
連続入賞も重ねておめでとうございます!
ショッカーですか…。懐かしいですね。正義の味方に憧れた幼少期の頃を思い出しました。
記憶のはるか彼方に消え入ろうとしていた懐かしのヒーローからのボケ、
発想・着眼点ともに、とても参考になりました。



【沙織賞】

★「月にかわって小噺よ、ラクドル沙織です♪」(背番号7さん)

上手いですね~。
言葉のリズム・テンポ・響き、そしてラクドルとは何ぞや?ということをこの短いフレーズで
キッチリ説明しているわけですからね~。さすが10段の腕前、素晴らしいの一言です。

実際、自己紹介で沙織ちゃんが使いそうですよね。(笑)



【優秀賞】

★「迷わず金の斧です!ラクドル沙織です♪」(akiさん)

★「あゆです!」(てったん♪さん)

★「ラストはクロスカウンターで決めます!左のラクドル沙織です!」(勇者さん)


皆様、入賞おめでとうございます。
個人的入選予想で取り上げさせていただいた、てったん♪さんの「あゆです!」
が入賞し、ちょっとうれしい気分です。ムフッ。


これで第10回のお題はすべて終了。

第10回カプ喜利キングは、このブログにもコメントをお寄せくださいました「ずくなし」さん
に決まりました。


ずくなしさん、カプ喜利キング、おめでとうございます!!(パチパチ)


さて、私は第4位という成績でした。

第11回の2問目のお題のように土俵際でうっちゃられてしまいましたね~(笑)。

3位入賞に一歩及ばなかったものの、自己最高の6枚のお座布団を獲得できましたので、
大変満足しております。(沙織ちゃんの生写真は欲しかったのですが…)


それにしてもお題がまたまた相撲ネタですね。
スタッフの皆さんは相撲大好きなんでしょうね~。

個人的には相撲にはあまり興味がないため、ボケネタがほとんど浮かんできません。
(野球は得意なんですけど…)

最初のお題のドラ○ンボールネタも、そのアニメについてあまり詳しくないので
イメージが湧いてきません…。

第11回も序盤から苦戦を強いられそうですが、ピーマンを食べられるようになったように
苦手を克服しなければなりません。

日々精進ですね~。




2009年03月19日 (木) | 編集 |

第10回の最後のお題「ラクドルこと田代沙織がビックリ仰天の自己紹介!?」が閉め切られました。このお題に寄せられた素晴らしいボケ投稿の中から、あくまで個人的嗜好に基づいて3本ピックアップしてみたいと思います。



★「あゆです!」(てったん♪さん)

ビックリ仰天というお題の主旨からすると、これが一番びっくりしますね。
いきなり自己紹介で沙織ちゃんがこんなこと口走ったら…。
その後の展開を想像するだけでおかしいです。



★「本当は山田シゲ子です。ラクドル沙織です♪」(akiさん)

これは、あとからジワジワきますねぇ~。
「山田シゲ子」の音の響き・カタカナ表記がいい味を出していると思います。



★「世界ランキング7位!ラクドル沙織です」(黒猫夜叉さん)

「???。いったい何のランキング?」と思わせてしまうところがいい感じですね~。
紹介直後のインパクトよりは、そのあとにいろいろ考えさせてしまうような
含みを持たせているところに作品の奥の深さを感じます。



このお題、私は波長が合わずいいボケがほとんど浮かんできませんでした。
苦戦しましたね~。
そういう状況の中、皆さんの切れのあるボケを見るたびに、まだまだ己の修行が足らないことを
痛感させられました。

日々精進ですね~。