FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道  5

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.05.04

お休み中




履き慣れたスニーカーと

素敵な音楽と。


Have a nice holiday!











どうも。

三流亭まん丸でございます。


1969年に生まれましたもんで
子供時代=昭和だったんですね。
1989年から大人として30年、
平成を生きました。
そして50歳になる2019年。
新時代・令和は、私の余生。

心穏やかに隠居の身として
生きていきたいものですねぇ。(笑)



ということで本日は
平成最後の日でありますね。
やることなすこと
「平成最後の~」となるわけですねぇ。

この「平成最後の」という定冠詞がつくと、
何でもないようなことが格調高くなります。


平成最後の目覚め。
平成最後の朝ごはん。
平成最後の大便。
平成最後の外出。
平成最後のコンビニ。
平成最後のファミチキ。
平成最後のブックオフ。
平成最後の中央線。
平成最後のスーパー。
平成最後の帰宅。
平成最後の風呂掃除。
平成最後の入浴。
平成最後の晩酌。
平成最後の夕飯。
平成最後の放屁。
平成最後の歯磨き。
平成最後の小便。
平成最後の就寝。



・・・ならないか。(笑)



そして、
私、平成最後の就寝が夜9時ですから
来るべき新時代・令和は
「令和最初の目覚め」で
格調高くスタートするわけですよ。



ZZZZZ・・・

ん?

あらら、寝る前にちゃんとしたのに
なんか小便したくなっちゃったな。
しょうがない、トイレいってくるか。

午前0時。


「令和最初」の「最初」は、
「令和最初の目覚め」ではなく
「令和最初の小便」になってしまった。



・・・まったく格調高くない。(笑)






さて。

連休の間ずっと家でゴロゴロしたいのですが、
ずっとゴロゴロしていると、
家庭内に不穏な空気が充満し、
ちょっとしたきっかけで
大爆発が起きる恐れがございますので
「ほんの気持ち」のさらに「気持ち」程度の
家族サービスをしてこようかと思っております。

その間、拙ブログはお休みをいただきまして
ゴールデンウィーク明けに、
「まん丸、メジャーへの道 令和バージョン(仮)」へと
プチ・リフォームした形で再開して・・・

しようかなぁと・・・

するかも・・・

するかどうかわからないけど・・・



ま、そういうことです。(笑)



それでは、皆様、
「令和」の御世で再会いたしましょう。

どうぞ素晴らしいゴールデンウィークを。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.27

ブルー

どうも。

三流亭まん丸でございます。



私、仕事で車にほぼ毎日乗りますが
今年の11月に免許更新なんですけど
ここ20年以上無事故無違反、
ゴールド免許ドライバーだったわけですね。

「だった」わけですよ。





昨年秋。
左折信号が出る交差点でのこと。
左折レーンで私の車の前にいた2台の後に続いて
緑の矢印にしたがって左折した際に
後ろから来た白バイに停車を命じられましてね。

「あなた、左折信号が消えてから、左折しましたね。」

「はぁ?? 」

驚きましたねぇ。
「何言ってんだ、こいつ」って
正直頭にきたんですけど、
こういうときはアツくなった方が負けですので
極めて冷静に一応反論してみたんですよ。

「いやいや、まだ緑の矢印、出てましたよ。
だから左折したわけで、その途中で
緑の矢印が消えたんじゃないですか。」

「いえ、前2台が行った直後に矢印は消えてます。」

「いやいや、矢印、まだ出てましたって!
私だって20年以上無事故無違反ですよ。
赤信号なのに強引に交差点なんかに
突っ込むわけないじゃないですか。」

「20年間、無事故無違反は関係ないです。
今、違反したんですから」

「いやいや、絶対に矢印出てたましたって・・・」


もうね、全然ダメ。
何言ってもダメ。
警察官の言うことは絶対なんですね。

コレに関しては私は絶対に悪くないです。
なんだったらドライブレコーダーの画像、
証拠として提出したっていいですよ。
もうデータ上書きされちゃってると思いますけど・・・。

で、マイナス2点。




で、昨日ですよ。

今日からゴールデンウィークだっていうのにね。

しょっちゅう仕事で利用する
車の往来がほとんどない、
ちょっと幅広の直線が長い裏通りを
車でのんびり走ってたときのこと。

私の前後に車は1台も走っておらず
はるか後方に白バイがおりましたね。
建物の位置関係から判断すると
私の後方100m以上は離れてたかな?

そしたらね、その白バイがですよ、
突然パトライト点灯させて
ウ~っとサイレン鳴らしてて迫ってきて
私に停車を命じたんですね。

「なんですか?」

「あなた、そこの横断歩道で
いったん停止しなかったでしょ。」

「ええ、しませんでしたよ。」

「信号の無い横断歩道を
渡ろうとしてる歩行者がいる場合に、
いったん停止しないと交通違反です。」

「そんなこと、知ってますよ。」

「もう一度確認しますね。
そこの後ろの横断歩道で止まりませんでしたね。」

「はい。誰もいませんでしたから。」

「いえ、いました。」


え~!!! 



「いやいやいや・・・
誰もいませんでしたよ。
もしいたら、止まりますって!!」


そういや、横断歩道の10mくらい手前で
歩道を私の進行方向と同じ方向に
のんびり歩いてるおばさんを抜いたな。


「いやいや、歩いてたおばさんはいました。
確かに私はそのおばさんを抜きましたけど、
でも、おばさん、
その時はまだ横断歩道の手前を歩いてて
横断歩道までたどり着いてなかったですよ。
そのおばさん、私が通り過ぎたあとに
横断歩道にたどりついて、渡ったんでしょ。」

「いえ、あなたが横断歩道を通過した直後に、
歩行者が横断歩道を渡っていきました。
ということは、そこにいたんです。」

なんじゃ、その理屈。

「歩行者が横断歩道を渡ろうとしているのに
いったん停止をせず、その横断を妨害しました。
その歩行者はあなたが通過するのを待って、
横断歩道を渡りました。違反切符、切ります。
何を言ってもダメです。
後ろからちゃんと一部始終を見てましたので。」


見・て・た・だ・と ?!


傘もいらないくらいの霧雨が降っていて
薄暗くなっていたにもかかわらず、
100m以上も離れた場所からバイク運転しながら


ちゃ・ん・と・見・て・た・だ・と ?!



霧雨降ってて薄暗い中、
100m以上後方から白バイ運転しながらでも
私の車とオバちゃんの前後の位置関係を
正確に把握できるんだ。

霧雨降ってて薄暗い中、
100m以上後方から白バイ運転しながらでも
オバちゃんが横断歩道の手前にいたのか、
横断歩道のところにいたのか、
きっちり見分けられるんだ。


〇〇警察署の〇田巡査長、
あなたって本当に凄いんですねぇ。

動体視力4.0以上、あるんですねぇ。

サンコンさん並なんですねぇ。


って、


馬鹿も休み休み言え! 

おばちゃんは
横断歩道を渡ろうとは
していなかった。

それどころか、まだ
横断歩道まで
たどり着いてさえいなかった!

これが紛れもない事実だ!!





罰金や検挙件数のノルマがあるのかしらんけど
もうね、こんなの、ほとんど言いがかり。
難癖、因縁つけて、金品ゆすりとろうとする
タチの悪い、ゆすり・たかりと同じですよ。

でね、結局、罰金9000円でマイナス2点。


これで点数は都合4点マイナスですから
あと一回違反したら免停、
いや、違反してなくたって
「違反した」って難癖つけられたら免停ですよ。


明らかなスピード違反や信号無視、
駐車違反をしたならば、
そりゃどう見たって私が悪いわけですから
それはもう素直に従いますよ。

でもね、前回の件といい今回の件といい
あきらかにおかしい。

たった一人の警察官の
主観と思い込みだけが根拠じゃないですか。

特に今回は、その場所(横断歩道付近)にいた
複数の警察官がそう判断したというのならともかく、
遠く100m以上離れた場所にいた
たった一人の警察官がそう判断したという主観のみで
事実とまったく異なる容疑をかけられ、
容疑をかけられた側の異論反論は一切受け付けられず、
その場でその警察官の言うがままに
違反切符を切られたわけですよ。

法治国家として、これは、おかしかないですか??


警察官の判断はすべて絶対に正しいんでしょうか。
警察官は絶対に間違えないんでしょうか。

警察官だって人間だもの。 (みつを)

じゃないんですか?


こんなのはっきりいってね、
警察権力の乱用、
警察権力の不当行使、
警察権力を笠に着た暴力、
警察権力による犯罪のでっち上げ、
ですって。


こういうね、
あきらかに事実と反することで、
あきらかに不当な処置をとられたときに、
ただ泣き寝入りするのではなく、
それを「おかしい」と訴えられる場所や手段って
ないんでしょうかねぇ。


もうね、本当に腹の虫がおさまりませんので
最後にここで、心からの叫びを
言い放ちますからね。


私は、絶対に、悪くない! 





はぁ・・・

ゴールド目前だったというのに
免許も、気持ちも
ブルーになっちゃいましたよ。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.24

実況

どうも。

三流亭まん丸でございます。



絶好の野球シーズンになりましたね。
プロ野球なんかも盛り上がっちゃってね。

まぁまだ今なら12球団すべてが
優勝争いしてんですからねぇ。

この先どうなるか知りませんけど。(笑)



で、選手たちが繰り広げるプレイも凄いですけど、
その試合を実況しているアナウンサーの方も凄い。

目に入ってきたものを、
頭で考えてから言葉として発してたら
そのプレイはとっくのとうに
終わっちゃってるわけでしょ。

ということで今回は、
見たものを脳ミソ経由せずに
言葉にすることのできる
実況アナウンサーのこんな話。




え~、本日はお日柄もよく、
お天道様もご機嫌麗しゅうようで、
絶好の野球日和となっておりますね。

これから、ちょいとばかし
その野球ってやらの実況なんてぇもんを
させていただこうかと思っておりますが、
なにせ、スポーツの実況なんてもんは
やったこたぁございません。

てなわけで、まぁ、その辺のところは
生暖かい目で見ていただいて
ご容赦願えれば、これ幸いでございます。

何卒最後までお付き合いいただけますよう
お願い申し上げます。

さ、まもなく試合開始でございますよ。


ウ~


うるさいのにサイレンと、なんて申しますが
そのサイレンが球場になり響きまして
試合の始まりでございます。


マウント上のピッチャー・・・


ん?! 


・・・だってあそこ、山になってるでしょ?

・・・え、マウンドっていうんですかい?

・・「ト」と「ド」の違いなんて、わかりゃしないって。

・・・え? ダメなの。

・・・「テンで話にならない」ってか。

・・・うまい事おっしゃりますなぁ。

・・・ってところで、あんたどちらさん?

・・・あ、解説者。

・・・何を解説するんで?

・・・ほう、野球をねぇ。

・・・いいから実況してくださいって?



は、失礼いたしやした。

横にいる解説者ってぇのが、
イチイチうるさくってねぇ。



気ぃとられてるうちに
ピッチャーが一球、
投げちまいやがった。

どうやら一球目は
ストライクだったようですなぁ。

さ、続いて、ピッチャー、
マウンド上で、大きく振りかぶって、
第二球、投げやした!


おおっと!

ド真ん中だぁ!



バッター、
待ってましたとばかりに両の目んタマひん剥いて
あらん限りの力でエイヤッ!とバットふるってぇと
カキンって快音残しまして
打球はぐんぐんセンターへ伸びていくってぇもんだ。

するってぇと、センターがね、
その打球を、後ろ向いて、
追っかけ、追っかけ、追っかけて、
ちょうどいい頃合いかと思ったんでしょうなぁ、
足をピタッと止めましてね、
クルッと振り向くってぇと
そこにタマがスーッと落ちてくるって寸法だ。

打ったバッター、
最初のうちは必死で走ってたんすがね、
センターのその様子見て
諦めちまったんでしょうなぁ、
途中からチンタラと足を抜いておりやす。


あん?

・・・なんです?

・・・走ってんでしょ?

・・・「手を抜く」じゃ、おかしかないですかぃ?


失礼いたしやした。
横にいるのが、イチイチうるさくってねぇ。



おお~っと! 

センター、タマを落とした!



びっくり三年柿八年、
落としていいのは腹のぜい肉、
ボールを落としたのはタマタマか?!

上り坂、下り坂、まさか、
人生の三つの坂のうち、
そのまさかが起こっちまいやがった!

バッター、コレ見て慌てちゃってね、
一塁から二塁へ向かって、
回る、走るの大騒ぎだコンチクショウ!


センター、拾う!

バッター、走る!

センター、投げる!

バッター、滑り込む!


おお~


これはきわどい、どっちもどっち、
ちょうどいい按排で
ジャッジに困るぞアンパイヤ~!!



アウト!



・・・アウトでございやした。


まったく人騒がせでございますねぇ。
センターが普通にフライとってりゃあね、
はい、おしまいってなもんでね、
バッターも全力疾走なんぞぜずによかったものを、
落したばっかりに余計な体力使わされちゃてね、
しかもアウトになってしまうたぁ、
まさに踏んだり蹴ったり滑り込んだりだぁ。


怒ったバッター、
きっとこういうんでしょうなぁ。


「こんなことになるくれぇなら、
打たねぇ方が良かった。」




・・・あうとがよろしいようで。






こんな実況なら
ずっと聴いてたいような気もしますが・・・。(笑)









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.22

狭き門

どうも。

三流亭まん丸でございます。


統一地方選挙、終わりました。

私の町の議会選挙は
定数に対して立候補者が多く
なかなかの激戦であったようです。

朝から晩まで、
選挙カーに持った候補者のみなさんが
必死の就活に励んでおりましたよ。



で、実際に出くわしたあるおはなし。

昼前、2車線道路の歩道を
私が歩いていた時のこと。
必死に手を振りながら
候補者名を連呼する選挙カーが
通り過ぎていきました。

私の行く先前方に
ファミリーレストランがありましてね。

ちょうどお昼時ということもあってか、
私を追い越していったその選挙カーが
駐車場へ左折して入っていったんですよ。

屋外の駐車スペースは満車でしたので、
選挙カーは建物下の駐車場入口へ入って・・・



ボカン!




いけるわけがないですよねぇ。


車の上には、候補者名の看板と
スピーカーが設置されてんですから。



その候補者にとっては、
ファミレス駐車場も、議員の椅子も
狭き門に阻まれてしまったようで・・・。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

Copyright ©まん丸、メジャーへの道  5. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.