しれ~っと戻ってまいりました。 あること、ないこと、話半分でご覧ください。 
2010年01月12日 (火) | 編集 |

どうも。

昨日は「成人の日」。
20歳になった方々が晴れて「オトナ♡」の仲間入りということで
皆様、おめでとうございます。

三流亭まん丸でございます。

…いまどき20歳まで、酒・タバコやってない若造なんていねえんだろうなぁ。





さて、私は今年2度目の成人式。
ということは私が20歳になった時にオギャーと生まれたのが今年の新成人。

驚き・桃の木・アントニオ猪木!

…この事実には、トンカチでひっぱたかれたような衝撃を受けましたねぇ。



そんでもって息子達に「お父さんは40歳なんだけど、見た感じ何歳に見える?」て聞いてみたら
「41歳かな…」という微妙な答え。

何で? 

何で40歳ではなく41歳なんだ?

何でダイワハウチュなんだ!?



まだまだ「大学生です」っていっても通用するかと思っていましたが、
そう思っているのは自分だけ、確実に年をとっていることだけははっきりしました。

まぁ、ちょっと動いたりすると二言目には
「腰が痛ぇ」「足つった」「首がまわらねぇ」ですからね。


ということで、私が尊敬してやまない「元祖天才バカボンのパパ」と同じ41歳になる今年。
気だけは若く、でも年相応に、焦らず張り切りすぎず自分のペースでボチボチいくとしましょう。


  冷たい目で見ないで~♪




以上

正月休みが終わった直後のこの連休。
仕事モードに切り替わったかな?というところでの
再びのダラダラ生活への甘い誘惑は正直なところキツイ…。

成人の日にそんなことを思っていた
まん丸でした。



2010年01月06日 (水) | 編集 |

遅ればせながら…


新春のお慶びを申し上げます。





さて、小説「坂の上の雲」で注目の集まる四国・松山では、
全国のトップを切って「梅の開花」が確認されたそうです。
梅には「春告草」という呼び名があるそうで、
まだまだ寒中の候ではございますが、
春の訪れはもうすぐそこまで!といった感じでしょうか。

ちなみに「春を告げる草」があるように、
その他にも「春を告げる○○」があるそうです。

「春告鳥」… うぐいす
「春告魚」… ニシン(漁獲量減少で最近はメバルのことをいう場合も)
「春告花」… 福寿草

春を告げる花は福寿草なんですね。

梅にも花が咲くので、
どちらかというと「春告草」よりも「春告花」の方が
梅にはふさわしいような気もしますが…(笑)。

まぁ、花粉症の私にしてみれば
1月下旬から2月上旬に飛散開始となる「スギ花粉」が
「春告鼻」といったところです。




今年もくだらない内容でボチボチ更新していくつもりでおります。
お暇な時にゆる~りとお付き合いくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。


        平成22年 1月 6日

                三流亭まん丸




2009年12月26日 (土) | 編集 |

どうも。


昨夜、結婚式に行ってきました
三流亭まん丸でございます。

…私のではありませんよ。
もちろん私のオヤジのでもありません(キッパリ)。


大学の後輩で、最後の独身だった奴です。
「この暮れも押し迫った平日の夜、しかもクリスマスの夜に…」
なんて思いましたが、新郎新婦の嬉しそうな姿を見て、
こちらまで幸せをおすそ分けしてもらったような暖かな気分になり、
一時年末の慌ただしさを忘れることができました。

どうぞ末永くお幸せに!



ということで、今朝からはまたバタバタの世界が始まりました。

忙しい最中にあまり長い文章を書いても…と思いますので、
今回はテンポよくはあっという間のお噺を。



「隣の空き地に囲いができたってね」
「へ~」

「隣の空き地に塀ができたってね」
「かっこいい」

「これはタコかい」
「イカにも」

「飼い犬が迷子になった」
「どこにもいぬ」

「裏山にクマが出没したらしい」
「そりゃーくまった」

「今年のコメは豊作じゃ」
「いーねー」

「猫が驚いてたぞ」
「キャッとか?」

「水こぼした。ふきんどこ?」
「その付近に」

「灰皿どこ?」
「はい、どーぞ」

「この魚、今屁こいたぞ」
「ブリッ」

「立派な魚だし高そうだね」
「はぅまっち?」

「このビン水漏れするよ」
「そこまで気がつきません」

「この家、雨漏りするぞ」
「やーねー」

「この帽子ドイツのだ?」
「オランダ」
「でも、もうイラン」

「この日めくり、誰んだ?」
「カレンダー」

「カラスが何か落っことしたぞ」
「ふーん」

「カラスが何かお前の頭に落っことしたぞ」
「クソー」

「蝉が死んで木から落ちてきた」
「セミ・ファイナル」

「あれは鴨かい」
「そうかもね」

「お寺が火事だ!」
「ほっとけ」

「お坊さんもおならするんだよ」
「へー、そうなの」

「この仏像、何か臭いんだけど」
「におうか?」

「小便もれそう…」
「いっといれ」

「台所リフォームしようと思うんだけど」
「勝手にどうぞ」

「この風呂、立派だね~」
「よくそういわれる。」

「九州旅行、楽しかったよ」
「あーそー」

「南国土佐に行ってきたんだって?」
「しこく楽しかった」

「半年間もどこ行ってきたの?」
「あきた」

「でっかいネズミ捕まえたんだって?」
「チューくらいだよ」

「隣のイモ姉ちゃん、年取ったねぇ」
「ふけた、ふけた」

「あんた、タバコ吸いすぎ!」
「やーにー」

「お好み焼き、何枚焼くの?」
「じゅう」

「目玉焼きには何かけるの?」
「そーすね…」

「目玉焼きには絶対醤油だ」
「しょうゆーと思った」

「この扇子、変な色遣いだね」
「センスなし」

「有馬記念、またハズレたよ」
「ありまー」

「しまった!年の瀬なのに買い忘れた」
「おー、味噌か?」

「除夜の鐘っていい響きだね」
「かねがねそう思っていた」

「和尚さん2人、忙しそう」
「お正月だからね」




以上

もういくつ寝るとお正月~♪ さぁもうひと踏ん張り!
まん丸でした。




2009年12月25日 (金) | 編集 |

どうも。

聖夜なのにダラダラ過ごし
「イブくらいビッシッとせいや!」と喝を入れられた
三流亭まん丸でございます。


さて鳩ポッポ首相、マメ鉄砲食らったような顔をして
自らの政治資金規正法虚偽記載騒動に対しての会見を開きました。



率直な感想を述べます。


カネに困ったことがなく、○億というお金のやり取りに無頓着な人に
貧困格差に苦しむ国民のことや、借金まみれの日本国を立て直す舵取りを
任せていいのだろうか?



一方、鬼の首を取ったようにわめきたてる野党の皆さんにも一言。

60有余年もの間「政・官・民」癒着で、国民からの血税をちょろまかしたり
企業からワイロもどきの金を受け取って私服を肥やしてきたおめぇらに
鳩ポッポのことを「あーだこーだ」言う資格なんぞ、ハナクソのかけらもないわッ!


やっぱり「同じ穴の狢」。

どっちも国民の意識・感覚とズレてるよなぁ~。



ちょっと想像したんですけど、「人生いろいろ」発言をしたK泉純一郎さんが
今の鳩ポッポさんの立場だったら何て言うんでしょう…。


「何が悪い! 俺ん家のカネをどう使おうと勝手じゃないか!
 むしろ私財を投げ打って政治をしているんだから、ほめられてしかり。
 カネは天下をまわってナンボ、『献金元もいろいろ、使い道もいろいろ』じゃ!」


…な~んてね。



私は民主党支持者でも自民党支持者でもありませんが、
ただ「一生懸命働いた人が普通に暮らしていける世の中にしてほしい」
それだけを願っている一国民です。



…何とかしてちょうだい。



以上

家のカネが事業仕分けされ、
僅かな小遣いをも減らされているお父さん達への
「オトナ手当」導入も是非検討してほしいと思っている
まん丸でした。




2009年12月24日 (木) | 編集 |

どうも。


クリスマスねぇ…。


  (間)




…年と共にトキメキを失いつつある
三流亭まん丸でございます。


一応クリスマスということなので…。




愛してる人も 
愛されている人も
泣いている人も 
笑っている君も
平和な街も 
闘っている街も

Merry Merry Christmas !
Tonight's gonna be alrigt

大切な人も 
離れてく人も
よく働く人も
働かない人も
うまくやれる人も
しくじっている人も
   
Merry Merry Christmas !
Tonight's gonna be alrigt

お金のない人も
ありあまっている人も
古い人たちも
新しい人たちも
教えてる人も
教えられている人も

Merry Merry Christmas !
Tonight's gonna be alrigt

世界中のチルドレン
Ring-a-ring-a-roses !
  
憂欝な時も
ひとりぼっちの時も
平和な街で
闘っている街で

Ring-a-ring-a-roses !
Tonight's gonna be alrigt

Sha La La La La La ...
Sha La La La La La ...

Tonight's gonna be alrigt
Tonight's gonna be alrigt ... ♪

(「Christmas Time In Blue」 佐野元春)




皆様にとって忘れられない素晴らしいクリスマスとなりますように!