FC2ブログ

まん丸、メジャーへの道 4

まことか、うそか、あること、ないこと、てきとうに。話半分でご覧ください。 

2019.04.24

実況

どうも。

三流亭まん丸でございます。



絶好の野球シーズンになりましたね。
プロ野球なんかも盛り上がっちゃってね。

まぁまだ今なら12球団すべてが
優勝争いしてんですからねぇ。

この先どうなるか知りませんけど。(笑)



で、選手たちが繰り広げるプレイも凄いですけど、
その試合を実況しているアナウンサーの方も凄い。

目に入ってきたものを、
頭で考えてから言葉として発してたら
そのプレイはとっくのとうに
終わっちゃってるわけでしょ。

ということで今回は、
見たものを脳ミソ経由せずに
言葉にすることのできる
実況アナウンサーのこんな話。




え~、本日はお日柄もよく、
お天道様もご機嫌麗しゅうようで、
絶好の野球日和となっておりますね。

これから、ちょいとばかし
その野球ってやらの実況なんてぇもんを
させていただこうかと思っておりますが、
なにせ、スポーツの実況なんてもんは
やったこたぁございません。

てなわけで、まぁ、その辺のところは
生暖かい目で見ていただいて
ご容赦願えれば、これ幸いでございます。

何卒最後までお付き合いいただけますよう
お願い申し上げます。

さ、まもなく試合開始でございますよ。


ウ~


うるさいのにサイレンと、なんて申しますが
そのサイレンが球場になり響きまして
試合の始まりでございます。


マウント上のピッチャー・・・


ん?! 


・・・だってあそこ、山になってるでしょ?

・・・え、マウンドっていうんですかい?

・・「ト」と「ド」の違いなんて、わかりゃしないって。

・・・え? ダメなの。

・・・「テンで話にならない」ってか。

・・・うまい事おっしゃりますなぁ。

・・・ってところで、あんたどちらさん?

・・・あ、解説者。

・・・何を解説するんで?

・・・ほう、野球をねぇ。

・・・いいから実況してくださいって?



は、失礼いたしやした。

横にいる解説者ってぇのが、
イチイチうるさくってねぇ。



気ぃとられてるうちに
ピッチャーが一球、
投げちまいやがった。

どうやら一球目は
ストライクだったようですなぁ。

さ、続いて、ピッチャー、
マウンド上で、大きく振りかぶって、
第二球、投げやした!


おおっと!

ド真ん中だぁ!



バッター、
待ってましたとばかりに両の目んタマひん剥いて
あらん限りの力でエイヤッ!とバットふるってぇと
カキンって快音残しまして
打球はぐんぐんセンターへ伸びていくってぇもんだ。

するってぇと、センターがね、
その打球を、後ろ向いて、
追っかけ、追っかけ、追っかけて、
ちょうどいい頃合いかと思ったんでしょうなぁ、
足をピタッと止めましてね、
クルッと振り向くってぇと
そこにタマがスーッと落ちてくるって寸法だ。

打ったバッター、
最初のうちは必死で走ってたんすがね、
センターのその様子見て
諦めちまったんでしょうなぁ、
途中からチンタラと足を抜いておりやす。


あん?

・・・なんです?

・・・走ってんでしょ?

・・・「手を抜く」じゃ、おかしかないですかぃ?


失礼いたしやした。
横にいるのが、イチイチうるさくってねぇ。



おお~っと! 

センター、タマを落とした!



びっくり三年柿八年、
落としていいのは腹のぜい肉、
ボールを落としたのはタマタマか?!

上り坂、下り坂、まさか、
人生の三つの坂のうち、
そのまさかが起こっちまいやがった!

バッター、コレ見て慌てちゃってね、
一塁から二塁へ向かって、
回る、走るの大騒ぎだコンチクショウ!


センター、拾う!

バッター、走る!

センター、投げる!

バッター、滑り込む!


おお~


これはきわどい、どっちもどっち、
ちょうどいい按排で
ジャッジに困るぞアンパイヤ~!!



アウト!



・・・アウトでございやした。


まったく人騒がせでございますねぇ。
センターが普通にフライとってりゃあね、
はい、おしまいってなもんでね、
バッターも全力疾走なんぞぜずによかったものを、
落したばっかりに余計な体力使わされちゃてね、
しかもアウトになってしまうたぁ、
まさに踏んだり蹴ったり滑り込んだりだぁ。


怒ったバッター、
きっとこういうんでしょうなぁ。


「こんなことになるくれぇなら、
打たねぇ方が良かった。」




・・・あうとがよろしいようで。






こんな実況なら
ずっと聴いてたいような気もしますが・・・。(笑)









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.22

狭き門

どうも。

三流亭まん丸でございます。


統一地方選挙、終わりました。

私の町の議会選挙は
定数に対して立候補者が多く
なかなかの激戦であったようです。

朝から晩まで、
選挙カーに持った候補者のみなさんが
必死の就活に励んでおりましたよ。



で、実際に出くわしたあるおはなし。

昼前、2車線道路の歩道を
私が歩いていた時のこと。
必死に手を振りながら
候補者名を連呼する選挙カーが
通り過ぎていきました。

私の行く先前方に
ファミリーレストランがありましてね。

ちょうどお昼時ということもあってか、
私を追い越していったその選挙カーが
駐車場へ左折して入っていったんですよ。

屋外の駐車スペースは満車でしたので、
選挙カーは建物下の駐車場入口へ入って・・・



ボカン!




いけるわけがないですよねぇ。


車の上には、候補者名の看板と
スピーカーが設置されてんですから。



その候補者にとっては、
ファミレス駐車場も、議員の椅子も
狭き門に阻まれてしまったようで・・・。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.20

あずさ56号

どうも。

三流亭まん丸でございます。



で、帰りなんですけど・・・

あ、前回の続きです。

上諏訪駅17時30分発の「あずさ56号」に乗って
新宿へ戻ってきました。

と、あずさに乗るまでにちょっと時間があったので、
上諏訪駅から徒歩10分くらいのところにある
片倉館に立ち寄ってひとっぷろ浴びてきましたよ。

え?

片倉館、ご存知じゃない??

ほら、あの映画「テルマエロマエ」の撮影が行われた・・・

ほら、「百人入っても大丈夫!」って・・・
あ、それはイナバの物置だった。

ほら、深さ1.1mもあって
百人が立って同時に入れる「千人風呂」がある・・・

「千人じゃないじゃん」って、
まぁ、そこは
水に流していただければと存じます。

温泉だもの・・・。


で、行った時間も中途半端だったせいか、
そのでっかい浴室には
私一人しかおりませんで、
もう貸切風呂状態だったんですよ。

誰に気を使うこともなく、
開放感に浸って、さぞや気持ちよく・・・
って思うでしょ?

でもね、広すぎる風呂にポツンと1人、
チンアナゴにように立って
入浴するっていうのは、
想像以上に落ち着かないんですよねぇ。

お湯も熱かったこともあって
早々に出てきてしまいましたけど
あずさ発車までたっぷり時間があったんですから
もう少しゆっくり浸かっててもよかったですかねぇ。

あずさ、さむさも、時間まで、
といいますしねぇ。




で、「あずさ56号」の話しに戻ります。

この列車、
土曜・日曜・祝日だけ運行されている
臨時特急なんですね。

臨時特急は
停車駅や料金、所要時間、列車の外観や内装は、
通常特急と全く同じなんですけど、
車内販売がないんですよねぇ。

今回はちょうど夕食時間帯なんですけど
それがないので
新宿まで寝ていくことにしたんですよ。

で、ウトウト心地よくまどろんでいたところ、
いきなり
「なんで車内販売がないんだ!」
っていう怒声が。

2席ぐらい前に座っていた
60代半ばくらいのオッサンが
車掌さんを捕まえて、
えらい剣幕で文句言ってんですよねぇ。

寝た振りしてたんですけど、
オッサンの必死の訴え、

「オレを飢え死にさせるつもりか!」

で笑いのスイッチが入っちゃいましてね、

「飲み物無きゃ、干物になっちまうじゃねぇか!」

でトドメをさされて、おもわず噴き出してしまいました。

もうね、笑いをこらえるのに必死でしたよ。



で、10人くらいの子供達のグループが
甲府からドヤドヤ乗ってきたんですね。

そのうちの一人、
通路を挟んだ反対側の席に座った
10歳くらいの女の子が座るや否や、
ずっ~と念仏を唱えるようにブツブツと

「おなかが空いた、おなかが空いた、おなかが空いた・・・」

これ、ず~っとですよ、ず~っと!

もうね、気になっちゃって眠れないんですよ。


で、八王子を過ぎたあたりで
(この段階で1時間経過してます)
ようやく通りかかった車掌さんを
その子が呼び止めたんですね。

「あの、車内販売ってないんでしょうか?」

「臨時特急なので車内販売はありません。」

「え~っ!!!!!」

すると今度は

「信じられない、信じられない、信じられない・・・」

これが、新宿まで、ず~っと・・・。





19時57分新宿着、「あずさ56号」。

臨時特急なんですから
車内販売が無いのは、
しゃーないんですよ。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





2019.04.18

あずさ1号

どうも。

三流亭まん丸でございます。


実母が信州の出なもので、
実母の帰郷に付き合う形で
よく「あずさ1号」(新宿・朝7時発)を利用します。

あずさ、この3月にダイヤ改正して、
自由席がなくなったんですね。
全席指定、しかもスピードアップを図るためか
停車する駅が少なくなりまして。

新宿を出ると、立川、八王子、
その先は以前は大月(改正後も停まるあずさもある)
塩山・山梨市や石和温泉などに停車していたのが
今はほとんどすっ飛ばして、いきなり甲府。

ま、大月や石和温泉には、
同じ中央線特急の「かいじ」を
使ってくださいねってことなんでしょうね。



先日のこと。

いつものようにあずさ1号に乗りこんで、
ウトウトまどろんでおりましたところ
左の肩をトントンされていることに気づきましてね。

で、目を開けると、左肩をトントンしていたのは
怪訝そうな顔した二人組のオバちゃんのうちの一人。

なんとなくの雰囲気でわかったのは
どうやら八王子を発車したばかりっていうこと。

「なんでしょうか。」

「あの、そこ、私らの席なんですけど。」


あらら、座席間違えたかな、と思って
あわてて自分の切符を取り出して
座席番号を確認してみたんですけど

「いや、私達(私と母)の席で間違いないですよ。
そちらこそお席、お間違えではありませんか?」

その答えにカチンときたのか、
ちょっとムッとした様子で

「いいえ、私達の切符には、はっきりと
〇号車△番のA・Bって書いてあるんですっ!」


もしや、と思って

「申し訳ないんですけど、
その切符、見せてもらえませんか?」

と尋ねると、オバちゃん、鼻息荒く、
見せるのは良いけど、
見たらさっさとどきなさいよ感ありありに

「どうぞ!」

と言って切符を私に差し出します。

その切符には確かに、
この座席番号があったんですけど
行き先がね、


八王子 → 石和温泉


やっぱり、そうだったか。


私ね、おとなげないとは思いながらも
心地よいまどろみの時間を
ぶち壊されたことへのプチ仕返しで、

「この列車、あずさ1号、なんですけどね。」

と、ちょっとだけ嫌味っぽく言いながら
切符をお返ししたんですねぇ。


するとオバちゃんたちの顔は
みるみる真っ赤になっちゃって

「あら、やだ! あずさに乗っちゃったわ!」

で、そんなこと誰も聞いちゃいないのに

「もう、恥ずかしいったらありゃしない!」

「乗る電車、間違えちゃったわ!」

「かいじじゃないなんて!」

と、ずっと自分らのマヌケさぶりを
周囲に大きな声で説明しながら
デッキの方へスタコラサッサと退散していきました。

・・・黙っていけば、誰も気づかないのにねぇ。(苦笑)



土日は、八王子駅では、
「あずさ1号」が発車したわずか4分後に
同じホームから「かいじ73号」が
発車するんですねぇ。



大月を出た「あずさ1号」は、
石和温泉駅を平均時速100kmであっという間に通過し
次の停車駅である甲府へ向かってひた走ります。


オバちゃんたちは、
ちゃんと大月で降りたのでしょうか。

かいじ73号に乗り換え
目的地である石和温泉駅に
無事着けるのでしょうか。


・・・ま、どうでもいいですけどね、そんなこと。



7時ちょうどのあずさ1号。

春まだ浅い信濃路へと向かう列車内では
様々なドラマが繰り広げられておりました。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





どうも。

三流亭まん丸でございます。


夕食後、寝っ転がってお尻ポリポリかきながら
テレビで野球見てたら・・・

痛っ! 


突然、左足の裏がつりましてね。

そんときは風呂に入ってよーく揉み解してね、
それからはなんともなかったんですけど、
次の日の夕方になって、今度は
左足外側のくるぶしの下から足の薬指にかけて、
激痛が走ったんでございますよ。

ぶつけたり、ひねったりした覚えはまったくないのに、
もうね、足を地に着けることができないんですよ。

ぐわっ、ぐぐぐ・・・



そういや、3月の健康診断で
尿酸値高めという結果がでてたぞ?!

まさか・・・

も、もしかして・・・





突然ですが、この先は、
珠玉の名曲「言葉にできない」(小田和正)
をお聴きになりながら、どうぞ。






la la la…… 

痛むはずのない 足が痛んだ
串で突いて刺すように・・・
違う、きっと、違う 心が叫んでる

一人では歩くことできなくて
また、「あれかも」と疑ってる
足が 痛すぎて 言葉にできない

la la la…… 言葉にできない



整形外科に着いたら 
ジジィババァでメチャ混みで
果たして この足の 診察 いつになる

「誰のせいでもない 
あんたが不摂生すぎるから」
それは 正しくて 反論できない

la la la…… 言葉にできない



もう、今は・・・



痛風で なくて ほんとうによかった
嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない
la la la…… 言葉にできない



痛風で なくて woo woo woo woo



言葉にできない



でも、足が痛くて woo woo woo woo



 



結局、足の痛みの原因は不明なのですが
痛風でないことはお墨付き。


いろんな意味で

言葉にできない。










ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村





プロフィール

三流亭まん丸

Author:三流亭まん丸
しれ~っと戻ってまいりました。

ちなみに、「三流亭」を名乗られる諸先輩方とは
何も関係ありません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

Copyright ©まん丸、メジャーへの道 4. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad