しれ~っと戻ってまいりました。 あること、ないこと、話半分でご覧ください。 
2017年02月23日 (木) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。


高1の長男は期末テスト直前、
勉強が終わらず真っ青な顔してます。

普段からちょっとずつでも勉強しときゃいいのにねぇ。

「気分が悪くなってきたから、寝る。」

おいおい・・・。




「明日の試験、どうよ?」
「ぜんぜん勉強してねぇよ。」
「まいったなぁ。」
「ほんと、困っちゃったなぁ。」
「あ!」
「どうした?」
「オレ、今、凄いこと、思いついちゃったよ。」
「なんだよ。」
「暗記パンってあるじゃんか。」
「ドラえもんの秘密道具のあれか?」



説明しよう!

暗記パンとは、スライスされた食パンの形状をしており、
ノートや本のページに押しつけ、
書かれた内容をパンの表面に写して食べると、
その内容が確実に暗記できるという、
学生諸氏にとっては夢のような秘密道具なのだ!




「そう、あれ。あれを使えばいいんだよ。」
「のび太が一度に凄い枚数食べて、全部もどしちゃったってオチ、知らないの?」
「知ってるさ。あれはのび太だから、しくじったんだよ。」
「へ~、じゃ、何かいい方法、あるのか?」
「もちのろんさ。オレはのび太と違って、頭いいからなぁ。」
「どうすんだよ。」
「まず、暗記パンをビックライトでデッカクする。」
「ほう、それで?」
「そこに教科書を押し付けて、全試験範囲を写す。」
「完璧じゃん。・・・でもさ、そんなデカいパン、食いきれないじゃないか。」
「まぁまぁ。 ・・・おまえ、暗記パンを何を使ってデッカクしたか覚えてるか?」
「・・・あっ! そうかっ! 」
「そう、今度はスモールライトを使ってパンをちっちゃくする。」
「なるほど!」
「もどさないように、元にもどしてから食うのさ。」
「うまいこというね。冴えてんじゃん。」
「冴えてピカピ~カ ♪ ってな。」
「なんか、ちょっと余裕出てきた。」
「ああ、なんかイケそうな気がしてきたよ。」





もしや、長男は、そのままの暗記パンを食べすぎたのか・・・








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村







2017年02月20日 (月) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。


男子校で育ったせいか、
女子に対して憧れみたいな幻想を抱いているような気がします。
ただ、やっぱり現実を目の当たりにすると、
淡い妄想も木端微塵にされることが非常に多かったです。
妄想世界の女子と現実世界の女子との決定的な違いは、
「現実女子は面倒くさい」ってこと。
「優しい人が好き」と言ったその口で
「優しすぎて気持ち悪い」と平気で言うでしょ。

・・・あ、これからこんな調子が続きますので最初に謝っておきます。
女子の皆さん、ごめんね、ごめんね~。



「私と仕事、いったいどっちが大事なのよ!」

これ、デートに遅刻したり休日が急に出勤になって
デートをキャンセルしなくてはならなくなった男子に対して、
カノジョが用いる非常に面倒くさいお言葉。

「君に決まってるじゃないか」と答えればその場は何とかおさまりそうですが、
なんかあったら「経済力のある男が好き」とほざいてポイッと捨てるんでしょ。

それに、そもそもそんなもん、比べようがない。
そういう比較対象にならない二者択一をせまる女子に対して
「ニートのオレでも好きなのか、オレがニートになっても好きなのか?」
って質問し返したら、なんて答えるつもりなんでしょ。

答えは「ニートは嫌い」でしょうけど。



「ねぇ、私のどこが好き?」

これも面倒くさいですよねぇ。
カノジョ本人が気に入ってるポイントを的確に射抜かないと
逆ギレされる恐れがある、地雷のような質問ですよね。
好きなところが、カノジョが普段から「嫌だな」と気にしてる箇所だったら、
答え方に細心の注意を払わなければいけません。
本当はタルタルでプニプニしている二の腕がすごーく好きでも、
もし機嫌を損ないそうならば
そこをフォローし状況を好転させるための二の矢、三の矢を
いつでも放てるようにあらかじめ用意しておくことが肝心です。

「・・・腕、かな。」
「腕?! このたるんでる太い腕のこと?!」 (ムッとしてる)
「その腕でどんな料理でも美味しく作ってくれるだろ。」

目なら

「・・・目、かな。」
「目?! この一重でちっこい目のこと?!」(ムッとしてる)
「その目で世界中に数いる男子から、こんな僕を選んでくれただろ。」


ふぅ、疲れるぜ。



最後に、もうひとつだけ。
あまり料理が上手でない妻が
「世界の終わりが明日来るとしたら、最後の晩餐には何が食べたい?」
って聞いてきたらどう答えます?
間違っても「おふくろの〇〇」と答えてはけませんよ。
妻にとって義母は、虫の好かない絶対に理解しあえない天敵である場合の方が、
はるかに多いんですから。
「おふくろの」は心の中で呟き、料理名だけ口に出しましょう。
でないと、明日ではなく口に出した瞬間に世界が終わります。



ま、結論を申しますと
女子のことを面倒くさいと思うのは、あなたがあなたであるから。
あなたが福山雅治なら、女子は何を言ってもOKで、ちっとも面倒くさくありません。


・・・って、これも幻想ですかね、女子の皆さん。(笑)







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2017年02月18日 (土) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。

フサフサ・・・

だったらいいなぁ。



「本当にムカつくな。」
「何を朝からイライラしてんのよ。」
「いや、朝からどのテレビ観てても、うすい、うすいって・・・」
「今日は、二十四節気の【雨水】なの。」
「そんなことくらい知ってるさ。」
「じゃ、何で怒ってんの?」
「今日は【頭髪の日】でもあるんだぞ!」





毎月18日は【頭髪の日】。

雨水の話題は
周囲に十分留意してからいたしましょう。








ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村






2017年02月17日 (金) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。


東京は4月並のポカポカ陽気になりまして
近所では梅が満開、空が梅の花でウメつくされております。
きれいですよ~。
なかなかこういう機会はありません。
うつむいてスマホばかり見てないで
ウメを向いて・・・
上を向いて歩いてみてはいかがでしょう。


さて梅といえば偕楽園。
偕楽園といえば水戸。
水戸といえば黄門様。

ということで、今回はこんなお話しです。



「助さん、格さん、ちょっとこらしめてあげなさい。」
「何をこしゃくなジジイが! え~い! やっちまえ!!」

カンカン! バシッ! 
シュルシュルシュル~カーン!
キンキン! ズバッ! ドタバッタン!!

「そろそろ、よろしいでしょう。」
「え~い!! 鎮まれえぃ、鎮まれえい!!」
「この紋所が目に入らぬか!」

ジャ、ジャーン ♪

「こちらにおわすお方をどなたと心得る。畏れ多くも前(さき)の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」
「ご老公様の御前である、頭が高い。控えおろう!!」

「・・・ ふんっ」

「き、きさま! ご老公様を鼻で笑うとは無礼であるぞ!」



愚か者っ!   


「余の顔を見忘れたか!! 」 
「余 ・・・?」
「光圀、そなた、江戸城に登城したことがあったであろう!」 

カーン、カーン、カーン ♪




あ”っ!  



「上様 ・・・。」




ウメにはウメ ・・・

上には上がいるものです。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村



 




2017年02月15日 (水) | 編集 |
どうも。

三流亭まん丸でございます。

ここのところ朝から晩まで仕事、
土日なく連続出勤中でありまして
おもしろいことをなんもしておりません。

ああ、ブログのネタがない・・・。



ということで、
今回は他人様(プロ)のネタを御拝借。
あまりたくさん載せると「営業妨害だ!」って
怒られちゃいますので、1つだけご紹介。


え~、めでたいといえば、稀勢の里が72代横綱になりましたねぇ。
たった72人しかいないんですねぇ、横綱って。
私、72人、全部言えるんですよ。
言ってみます?


(拍手)


では・・・

明石志賀之助、綾川五郎次、丸山権太左衛門、谷風梶之助、小野川喜三郎、
阿武松緑之助、稲妻雷五郎、不知火諾右衛門、秀ノ山雷五郎、雲龍久吉、
不知火光右衛門、陣幕久五郎、鬼面山谷五郎、境川浪右エ門、
梅ヶ谷藤太郎 (初代)、西ノ海嘉治郎 (初代)、小錦八十吉 (初代)、大砲万右エ門、
常陸山谷右エ門、梅ヶ谷藤太郎 (2代)、若嶌權四郎、太刀山峯右エ門、
大木戸森右エ門、鳳谷五郎、西ノ海嘉治郎 (2代)、大錦卯一郎、栃木山守也、
大錦大五郎、宮城山福松、西ノ海嘉治郎 (3代)、常ノ花寛市、玉錦三右エ門、
武藏山武、男女ノ川登三、双葉山定次、羽黒山政司・・・

まだやる?


(拍手)


では、続けましょ。

安藝ノ海節男、照國萬藏、前田山英五郎、東富士欽壹、千代の山雅信、
鏡里喜代治、吉葉山潤之輔、栃錦清隆、若乃花幹士 (初代)、朝潮太郎 (3代)、
柏戸剛、大鵬幸喜、栃ノ海晃嘉、佐田の山晋松、玉の海正洋、北の富士勝昭、
琴櫻傑將、輪島大士、北の湖敏満、若乃花幹士 (2代)、三重ノ海剛司、
千代の富士貢、隆の里俊英、双羽黒光司、北勝海信芳、大乃国康、
旭富士正也、曙太郎、貴乃花光司、若乃花勝、武蔵丸光洋、朝青龍明徳、
白鵬翔、日馬富士公平、鶴竜力三郎・・・、そして稀勢の里寛、と。


(大拍手)


72人しかいないんだから、歴代横綱を全部言えたって自慢になりません。
相撲好きの方なら、言える人、意外と多いんですから。
ま、そもそもテキトーに言ったって誰もわかりゃしませんしね。

もしね、もし相撲通として自慢したいなら大相撲歴代立行司、
横綱の約半分、たった37人しかおりませんけど、
これを全部言えなきゃね。 


言ってみます?


(大拍手)


え~、それではご要望にお応えして。




初代・木村庄之助、二代・木村庄之助、三代・木村庄之助・・・





これ、今年の某・賀詞交歓会のゲスト、
三遊亭若圓歌師匠のネタでございます。
面白かったですねぇ。
大笑いさせていただきました。

若圓歌師匠、凄いんですよ。
歴代横綱だけじゃなく、春・夏の高校野球歴代優勝校、
歴代日本ダービー馬までも諳んじちゃうんですから。
あってんだか間違ってんだかよくわかりませんが、
とりあえず驚いちゃいますよねぇ。



でもね、もっと驚いちゃうことは、これ。

「若圓歌だけど、ちっとも若くない。」


・・・師匠が入門された年と、私の生まれた年が同じなんですから。







ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村